大きなお世話
0

     

    まずは。

    数日前からの大雨で、死者・行方不明者がすごいことになってます。本当に日本は自然災害には弱い土地だけど、テレビでもあんなにひっきりなしに警報が出たりしていたのに、それでもやっぱり不意に襲いかかる災害には対処できないのでしょうか。

    まだ降るというし、これから台風8号も来るというし、本当に一人でも多くの人が助かるといいなと思います。

     

    今日は病院に行ったので、恒例になりつつあるデパ地下のお魚屋さんに行って、父が嫌いなイワシを買ってきました。蒲焼にしたら、ちょっと甘みが足りなかったけどうまかった。でもやっぱり父は拒否るのでした。

    とはいえ、青魚は体にいいんだから、これからも時々買っちゃいますけどね!

    そして、水ナスを売っていたので買って帰ってナス味噌炒めにしたら、柔らかくてとてもおいしかった! 一つの発見でした!

     

    さて本題。

    昨日のことですが、オウム真理教の教祖であった麻原彰晃と、数名の実行犯たちが処刑されました。

    それによってなんか世界中がかまびすしいです。

     

    パタは以前から、麻原ほどの大悪人をなぜいつまでも税金で養っておく…と思っていた方なので、処刑に関してはやっとか…と言う思いです。どちらかと言えば死刑には反対派のパタですが…人が人を裁くということに恐ろしさを感じるからです…でも、彼らのしたことは、やっぱり死を持って償うしかできないことだったと思います。

    もうずいぶん前の事件になってしまいましたが、特に印象的だった地下鉄サリン事件、駅や道に累々と倒れる人の姿がものすごく異様で恐ろしかったです。これが毒物であるとわかっていて、少しでも被害を減らすために、その紙袋を抱えて走って亡くなった駅員さんの話など、今でも泣けてしまいます。

    昨日から、オウム事件がどのようにして起こったか、時系列を追ったドキュメンタリーなども放映されていますが、到底同情も納得もできるものでなく、要するに駄々をこねた大人の犠牲になるにはあまりにも大きな被害だったと思わざるを得ません。

    おそらく、日本人ならほぼすべての人が今回の処刑に関してはいろいろ思いのある中、仕方のないことだったと思っていると思います。

    それを、EUが横やりを入れてきたようで…法の整備も整ってない未開の国ならともかく、何度も裁判を重ねて判断した処刑に、他人が口を挟む余地などないと思うのですが。

    しかも、日本はヨーロッパやアメリカと違い、犯人逮捕に抵抗があったら即座に射殺なんて絶対にしない国なのに、そういうことをする国から命の重さに対する説教を食らいたくありません。

    要するに、巨大なお世話!とケツまくりたい気持ちでいっぱいです。

     

    余談ですが、今回の法務大臣、女性だてらに積極的に死刑執行書類に判を押し、なかなか頑張っていると評価したいです。

    旧民主党が政権を取っていた時には、法務大臣たちがなんだかんだ理屈をこねては死刑執行をしなくて、ずるい…としか思えなかったです。日本という国で法務大臣になったからには、誰でも嫌な仕事だと思うけど、判を押すのが命題だと思います。

    しかし…縁起の悪いことを言うようですが、歴代の法務大臣の中で積極的に死刑執行を行っていた鳩山さん、谷垣さん、二人ともなんだかろくなことになってないです。

    今度の上川大臣までそんなことにならないよう祈っております…。

    日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    大雨
    0

      JUGEMテーマ:今日のこと

       

      今年は梅雨明けが異常に早くて、猛暑の夏が長い…と思っていましたが、今日はなんだか肌寒いです。

      日本列島を雨雲が覆い尽くしていて、あちこちで大きな被害も出ているようです。

       

      台風7号が沖縄から日本海側を抜けて行ったのが数日前だと思うのですが。

      それで、空けたはずの梅雨前線が刺激されたとかで、東京でも朝から結構な雨が降りました。ラインでしかつながってない、中部の方にお住いのお友達は、もう数日土砂降りだそうです。

      パタの住んでいるところは比較的高い方だし、しばらく前に河川の整備工事を行ってから雨が降っても水があふれることはあまりないのですが、どこでもそんなふうに整っているわけでもなく、観光都市である京都の渡月橋が今にも水に浸かりそうになっているのを見たりすると、なんとかならんか…とやきもきします。

      …余談ですが、河川の工事を行う前、パタが昔から腎臓で通っていた病院が川の近くにあって、たまには病院なのに浸水していたりもしました。病院なんて清潔第一のところだし、浸水なんてしちゃうと外来なんて一切中止で、お薬しかもらえない…なんてこともありました。

      その病院の近くに書店があったのです。病院が浸水するぐらいだから、いくら土嚢を積んだところで個人商店の本屋さんが立ち向かえるわけもなく。

      ある日閉店しちゃった書店には、水との戦いに疲れました…と書かれていて、気の毒に思うと同時にちょっと受けちゃいました…不謹慎なことで申し訳ないですが、いまだにあの張り紙に勝る書置きを見たことがありません。

       

      もとい。

      本当に広範囲で降っている土砂降り、今は少し落ち着いたような気もしますが、あちこちで土砂崩れがあったり、人が流されたりと物騒な話題が続いています。人を助けようとして一緒に流されてしまったという消防の方、他の皆さんもどうぞご無事で…と祈ることしかできません。

      しかもまたしても台風8号が近づいてきている様子。猛烈な台風に発達しそうだという8号、どうかお手柔らかに、できれば進路を変えて、人の不幸をお祝いしちゃう隣国にでも立ち寄ってくれればいいのですが。

      とにかく、一人でも多くの人が助かりますように。

       

      日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      暑い…
      0

        JUGEMテーマ:日々のくらし

         

        今年は例年になく梅雨明けが早かったそうですが、すでに真夏の暑さです。

        今日は着て行ったブラウスが、体の線がばっちり出ちゃうやつだったので、薄手のカーディガンを羽織っていったのですが、それだけでめっちゃ暑いのでした…。

        それにしても日焼けは嫌だし、最近恐ろしいほどシャントが発達してしまい、左腕には蛇がのたうっているかのように血管が飛び出しているので、できれば袖の長い服を着て行きたいのですが、暑さにはかないません。

        血管は何も今年に限っての悩みではないので、毎年夏になると悩ましいのですが…電車に乗ってつり革につかまっていたりすると、無遠慮なおばちゃんにものすごくチェック入れられたりします。

        いくらパタもおばちゃんの域に入ってきたからと言って、そんなにじろじろ見られて嬉しいもんじゃない。うちの母なんかもちょっと珍しい物があると釘付けになる方だけど、世の中のおばちゃんたちにはもうちょっとつつしみというか、好奇心に勝る遠慮という物を覚えてほしいところです…。

         

        それにしても…なんだろうなあ、普通、7月に入ってすぐぐらいのときは、まだ梅雨が明けなくて、肌寒い日があったりもするような気もするのですが、このまま9月終わりごろまでこんな猛暑が続くとなったら、体力的にやばいです。

        そして、もしこんなヤバイ天候が、東京オリンピックの年になったら本当にどうするんだろうか。なんか…アメリカの大統領選挙とかぶっちゃうからどうしても8月開催らしいんだけど、そんなの大統領選をずらせよ!と思うのはパタだけでしょうか…だって日本の暑さは人死にが出るレベルなんだって。

        各国の大切な選手たちを預かって、こんな炎天下でスポーツをやらせたら、故障などでやしないのでしょうか。心配だなあ。

        まあとりあえずパタの目下の心配は、自分の体力と日焼け、そして朝シャンにどれだけ時間をさけるかということです…。

        明日も早めに起きなくっちゃ…。

        日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        時間がない
        0

          JUGEMテーマ:今日のこと

           

          今日は何にも予定のない休日でした。

          パタ的には、お掃除とお洗濯を済ませたら、先日来たフェリシモのハンドメイドピアスを作ろう!と思って張り切っていたのですが、なんか時間がなくてできずに終わってしまいました。

          毎度土日というと、どうにも時間がないのです…。

           

          明日お休みだ!と思うと思わず夜更かしをして寝坊をするからいけないのかもしれませんが、今朝も8時ごろ起きて活動開始し、朝ご飯をゆっくり食べた後お洗濯を2周と手洗いもして、お布団やらなんやらも干しました。

          それから掃除をしたら、なんかもうお昼なのですよ…。パタは土日は活動量が少ないのか、あんまりお腹が空かないから、お昼抜きでもいいんですが、どうにも両親が食え!と言って作ってしまうのです。

          土日にきっちりお昼ご飯を食べると、体重の調節が難しくて嫌なんだって言ってるのに、両親はどうもパタの細い手足が気になるようです。

          …細いと言ってもこれは、かつての薬の副作用を引きずっていて、手足だけが細り、胴体だけが太ってしまうという厄介なスタイルになってしまうもので、決して細い手足に見合ったグットスタイルじゃないところが泣けるところです…。

           

          まあそんなことで両親に付き合ってお昼ご飯を食べるともう結構な時間、そして最近土曜日というと近所のスーパーに買い出しに行きます。

          1週間分…まではいかないとしても、結構な量の食材とか、持ち重りのするものとかを買い込むので、なかなかの重労働です。

          今日はそうして帰ってきたら、夕飯時を狙って母の老人会の会長がやってきて、長居するので、晩御飯の時間がずれ込みました。

          で、ご飯を食べて片づけをして、干したお布団の始末をしてお風呂に入って髪を乾かしたらもういい時間なのですよ…今からハンドメイドはないかな…。ゲームもしたいしな…。

          毎度毎度こんな感じで一日が過ぎてしまい、貴重な休日に自分時間が超少なく終わってしまいます。

          …まあ、家庭に引っこんだら毎度こんな感じかな…母の手伝いもしなきゃいかんのはわかってるけど…やっぱりなんか…面白くないなあ。

          パタのわくわくハンドメイド生活は、いつ始まることでしょうか…ううん。

          日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          虫…
          0

            JUGEMテーマ:日々のくらし

             

            今日は題名の通り、虫の話題です。

            苦手な方は回れ右されることをオススメします。

             

            今、我が家は夜になるとなぜか、虫がわんさと湧いて出てとても困ってます。

            虫が集まる場所は決まっていて、幸いなことに寝室にはあまり入ってこないのですが、階段を上がった上についてる電燈の笠の中に、出られなくなった虫たちがわんさといるのがわかってます。

            壁は白いのですが、よくそこにもたくさん張り付いているらしい。父が気にして殺虫剤を吹きかけると、かなりの数の虫が落ちてます。

            虫と言っても蚊とかハエとかじゃなく、どうもパタには羽蟻に見えるのですが、父は頑固に違うと言っています。

            湧いてくる場所も、年中空いてる窓から入って来るんじゃ…と思いますが、やっぱりそれも違うと言い張ります。

            実はパタのうちの近所には、住む人がいなくなって久しいおんぼろアパートがあり、相続した人たちが放置しているので、その辺なら羽蟻もわきそうです。

            おんぼろアパート、不心得者が放火でもしたらエライことなので、本当に何とかしてほしいんだけど、あのうちの人たちはずっとほったらかしでどうにかなるつもりでいるんでしょうか。もしもなんかあったら、解体費用じゃすまない大金がかかるっていうのに…。

            まあとにかくそんなことで、今夜もひと騒動あり、一通りの虫を退治しました。

            まあ…虫なんて、季節が過ぎればいなくなるものでしょうが、それにしてもいつともわからないものをそんなに気長に待つ気にはならない。そして、これからの季節、窓を開けられないとか地獄ですか…と言う感じではあります。

            うちは片付けなくてはいけないことが山積しているのに、さらにこんな課題が増えちゃって、まったく困りものなのでした。

             

            あ、そういえば、例年にない速さで梅雨明けだそうですね。

            パタは夏が苦手なのでうんざりしてます…早く秋にならないかなあ…。

            日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            好きな「寿司の種類」なに?
            0

              好きな「寿司の種類」なに?

               

              おっ、ものすごく久しぶりにお題が変わったから乗ってみようと思うものの、寿司ねえ…透析している人は寿司なんてあんまり食わないのですよ。

              でもまあ、しいて言うならやっぱりマグロ、中トロあたりがおいしいかな…大トロまで行っちゃうとちょっとくどい。

              そして若人に大人気のサーモンはちょっとあんまり好きじゃない…なんか虫がついていそうな気がしちゃうんだよね…。

              まあ、パタの分としてお皿に盛られた分は、ガリ以外はすべてきれいに頂きますがw

              好き嫌いのあんまりない性質って、こういう時本当にありがたいと思いますw

               

              さて、ショートカットにしたら耳元がさみしくて、一生懸命ピアスを付けてますが、どうも小さい物ばっかりでパッとしないので、いくつか買ってみました。

              せっかくメルカリをダウンロードしたんだから、そこからハンドメイドの奴を選んでみました。つくりは丁寧だけど、どうにもちゃちいやつが4点入って1000円。お安い。

              そしてパタは、自分でも作ってみようと思い、フェリシモの、クチュリエというハンドメイドシリーズからピアスを頼んでみました。

              それが今日、両方届きました。メルカリの方は簡易包装で開けるのも簡単だったけど、フェリシモの方は、ペンチとピアスの部品を頼んだだけなのに、結構な大きさの箱にみっしりいろんな宣伝用の冊子の入ったものが届きました。ちょっと開けてみたけど、週末にでもゆっくり見ることにして、そのまま封印しちゃいました。

              つか、紙がもったいないから、あんまり立派な印刷物を送らないでほしい…どのぐらいの宣伝効果があるんだろうか。

              明日からとりあえず4周、ピアスを楽しめそうです。
               

              日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              あかん…
              0

                JUGEMテーマ:日々のくらし

                 

                足が痛いというか、なんか詰まってるみたいな感じです。

                特に会社が辛くて、座ってる足がものすごくだるくて冷たい。上半身は暑いのに、下半身がこんなに冷たいってどういうこった。

                冷房の具合もあると思うけど…後ろの席のかわいいSちゃんが個人的につけてる扇風機の風が、もろに足下に当たっているような気もする…自分も扇風機をつけているので、どうにもしがたい感じではありますが。

                今、だいぶ前に買って放置していた足に巻く羽毛のレッグウォーマーを巻いてみました。この季節、そんなの巻いたら暑くてしょうがないはずなのに、むしろ快適に座っていられる。やっぱり冷えてるというか、血流がどうにかしているようです。

                …余談ですが、今、巻いたらと変換しようと思ったら、第一候補がマイ鱈ってどういうことよ。そんなに鱈ばっか愛してないよw

                もとい。

                この足のだるいので、思い出したことがありました。

                 

                もうだいぶ前のことですが、会社で急に、確か右足だったかな…が痛くなったことがありました。

                なんでそんなふうになったか全然分からないのですが、普通に歩いていたらいきなり激痛で、足を下に付けなくなってしまい、痛い痛い言っていたら当時の部長が社用車を出してくれて、それで透析の病院まで送ってくれました。

                足は、どんなに見ても特に傷があるわけでも腫れているわけでもなく、よく見ると痛い方の足が微妙に太いかな…と言う程度。

                透析に行って先生に痛いと訴えても、見た目何の変化もないので、先生はちっとも本気にしてくれなくて。

                普通に寝てるベッドで足を付けるのも痛くて、4時間足を浮かしながらじっと耐えてました。

                で、翌日。

                見事なほどに膝から下が真っ青になってました。どうやら足の太い血管が一つ破裂したようです。

                当時は制服がパンツだったから、仲のいい友達に見せた以外誰にも見せてなくて、パタさん数日前大騒ぎしてなんだったんだ…と思われていたんじゃないでしょうか。

                透析の病院に行って、膝から下全部青たんの足を見せたら、先生は「アラ本当に痛かったのね〜。」と言いやがりました…。

                なんか、いろいろ言っても常に大げさだと思われているパタ…。

                今回はその時ほど痛くはないけど、そんなふうにならないよう祈ってます…。

                 

                日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                足が痛い
                0

                  JUGEMテーマ:今日のこと

                   

                  腰の具合がよっぽど悪いのか、昨夜暑かったからお布団を蹴っ飛ばして寝てしまい、結果冷えたのか、今日は朝から足が痛くて参りました。

                  仕事行きたくない…とも思いましたが、月末に入ってパタの仕事も佳境を迎え、突発休みをしている場合じゃないのです。

                  しょうがないから行きましたが、毎度のごとく、優先席前に行っても座れない…。

                  今日の優先席のお姉さんは、パタのヘルプマークを見るなりスマホをあわてていじり、その後おもむろにおなかを撫でまわして寝たふりを始めました。

                  …残念ながらお姉さん、腹は確かに太かったけど、同じように首回りも太かったので、妊娠を装うことはできませんでしたよ…。

                  しばらく待ったらようやく別の席が空いたので、何とか座れましたが、そのころには足を引きずるようになってました。

                   

                  最近パタは、普通の席に座れる時でも優先席に座って観察をしているのですが、なぜかまっしぐらに優先席に突進する元気な人たちの多いこと。

                  あれは本当にどういうつもりなのでしょうか。優先席に何か特別な期待を抱いているのでしょうか。

                  はっきり言ってお年寄りが多く座る席なんて、あんまりきれいじゃないっすよ…最近は下着もいいのができたから、ちょっとはましになったかもしれないけど、うっかり触るとびっしょりしているお年寄りなんてたくさんいます。

                  そういう人たちが座るところを先を争って座りたがる気持ちがパタよくわかんない…。足腰が痛いから優先席に行くものの、本当なら普通の席の方が多少清潔感ではマシに思えるので、そっちに座りたいパタです。

                  …まあ、ずいぶん前だけど、お隣の太ったお兄さんが端っこの席に座っていて、そこが空いたから移ってみたら、沼か!と思えるぐらいびっしょり汗をかいていて、あわてて飛びのいたこともありました。

                  聞くところによると、座ったままおしっこする人もいるそうな。

                  そんなことを考え出したらきりがないけど、やっぱり優先席に目の色を変えて飛び込む人たちの気持ちは、どうしてもわかりません。

                  ワールドカップで日本人サポーターが試合後掃除をすると言って、評判が良いようだけど、そういう人たちが日本に帰ってきて同じことをするとは思えない。優先席だって譲ってくれるとは思えない。

                  外面ばっかりよくしないで、もうちょっと思いやりの心を持ってほしいとか思ったりするのでした。

                  日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  またか…
                  0

                    JUGEMテーマ:今日のこと

                     

                    かねてから懸案だった本の片付けも終わったし、今日は何にも予定のない休日だから、腰痛を何とかすることのみ注意してずっと遊んでいようと思っていたのに、またしても父がいきなり名簿を作ってくれ…と言うのです。

                    母の仕事はかなり数をこなし、いきなり言うなと何度も言っておいたので、数週間前ぐらいからこういうことをやってくれ…と打診があるようになったのですが、父はどんなものでもパソコンさえ使えばあっという間にできる!と思い込んでいるようです。

                    いや、パタそんなにパソコンのスキル高くないし、パソコンは魔法の小箱じゃないから。

                    それでもまあ、大した量の名簿でもないのでしぶしぶやりましたよ…。

                     

                    近頃はこんなに個人情報とかうるさいのに、相変わらず老人会は無防備にありとあらゆる情報を詰め込んだ名簿を作っては配布しまくっているようです。

                    かつて作った名簿には、住所氏名年齢は愚か、電話番号郵便番号、なぜか血液型まで書かれているものもありました。そんなのを老人会のメンバー中に配ることを思ったら怖くてしょうがないです。

                    多分シュレッダーなんて見たこともないお年寄りも多いだろうし、普通に住所などを露出したまま捨てちゃうんだろうなあ。

                    オレオレ詐欺とか…母さん助けて詐欺になったんだっけ?…まあとにかく、警察や金融機関も躍起になって対策しているようですが、もしかするとこんなところから情報が駄々漏れになっていて、それで犯罪の芽が絶たないのかもしれませんよ…。

                    パタ母の老人会は、パタがうるさく言ったせいもあるかもしれないけど、濃密に個人情報が書かれたものは役員のみに配られるようになったようだけど、それにしても役員だっていったいそんなに必要か…?と思うぐらいにはたくさんいるのですよ。老人たち、危機管理能力低いなあ。老人会のあれこれを区役所で取り仕切っているのなら、そういうところもちょっと注意してほしいものです。

                     

                    まあとにかく、今日も不思議な名簿を作りました。一つの名簿で役職が変わったからと言って、同じ人を二つも書くことの意味って何が…と思うのですが。

                    これでしばらくは、また急に何か作ってくれって言われないといいなあと思いつつ。

                    日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    勇気が出ない
                    0

                      JUGEMテーマ:今日のこと

                       

                      今日のところは本当に足腰が痛くて、お花どうしよう…とさんざん悩みましたが、やっぱり月一の文化的行動なので、頑張っていってきました。行けば体はつらくても結構楽しいので、行ってよかった〜とは思うものの、お花を生ける作業ってほぼ立ちっぱ、あるいは中腰なので本当に腰痛には辛いです…。

                      そして物欲しげにヘルプマークをぶら下げて、優先席前に立っても立派なガタイのおじさんが寝たふりを貫いて絶対譲ってくれない…。今日は本当に帰宅時には辛かったです。

                      まあ…遊んで帰ってきたって言われればその通りなんだけど、土曜日の午後なんて、大半の人が遊んで帰ってくるところだと思うんだ。

                      ちなみに、今日のお花はひまわりの立花でした。鮮やかな黄色のひまわりがかわいいのですが、今日の形はパタ的になんか不思議で納得がいかなかったです…でも先生はきれいにできました!とご満悦だったので、やっぱりきれいだったんでしょうな…。

                       

                      そして題名の勇気が出ないですが、優先席を譲ってくれと言えない…とかいうことじゃなくて…そのうち言いそうで己が怖い…もとい。

                      木曜日に頑張ってつめた本を何冊か、メルカリで売ってみようと思いつつ勇気が出ないのです。

                       

                      とりあえずダウンロードは済ませ、楽しげな説明も読みました。

                      メルカリを強力にプッシュしてくれたお友達は、いとも簡単にできるようなことを言うし、皆さんが楽しく使って株式上場するまでになった会社の仕組みなんだから、パタにだってできるだろう…とは思うものの。

                      なんかどうも、自分で値段を付けるとか、ネット上だけで商談をするらしい…とかいうのが気おくれしてしょうがないのです。

                      別に売れなかったらそれでいいし、売れたら急いで100均に走って梱包用具を買いそろえればいいんだな…と言うのはわかっているのですが…なんだろうなあ、このチキン加減。

                      まあ…段ボールに詰めた古本の引き取りの申し込みが、遅くなってしまって来週になっちゃったので、その間ゆっくり悩もうと思います。

                      多分一度始めたらはまっちゃいそうですが、それはそれで怖かったりしてw

                       

                      日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                      shelf
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search