投票日
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    都知事選でした。

    雨が降っていたので、出かけるのが億劫で、期日前選挙にすればよかった…とか、パタ一人が投票しなくても、きっと小池百合子さんの大勝で間違いないだろう…とかも思いましたが、両親がワクワク支度してしまい、行こうと誘うので仕方なく行ってきました。

    ちなみに、こつぶちゃんもあたちも連れてけ!と騒いでいましたが、今や結構な巨体のこつぶちゃんは投票所内には入れないし、抱きかかえたまま待っているのも結構骨なので自動的にお留守番です…ブウブウならぬキャンキャン文句を言っておりましたが。

     

    今調べてきましたが、投票率55%ということで…いつもより少し多いのでしょうか…それにしても低いなあ。投票権がある人の二人に一人が投票しなかったという事実、恐ろしいです。しかも、おそらくはその二人に一人の投票した人の年齢は、ほぼ60代以上とかになるんじゃないでしょうか。

    まあ、パタが行ったときにはたまたまかもしれないけど、若人がたくさんいて、おお、よしよし…とか思いました。

    選挙のスタッフの方も若い人が多かった。これもよかったのじゃないかと思います。

    パタも実はうんと若いころ、知り合いの人に進めてもらって選挙スタッフのバイトをしたことがあるのです。

    うちの地区の場合は近所の公民館で投票をするのですが、舞台があるところが投票場で、舞台には緞帳が下ろされていて、その舞台の上がスタッフたちの休憩所になっていました。

    もちろんバイトですから給金も出るのですが、その休憩所に行くとお菓子もお茶も、軽食も食べたい放題なのです。

    選挙スタッフってたいていいつも決まった…こういっちゃなんなんですが、ご老人がやっていて、ほぼほぼ休憩所に引っ込んで一日を過ごすような人も結構いたりしました。

    パタは二日あった選挙の一日目がひどい頭痛で、でも重要な任務を任されたのだから休んではいかんだろ…と思い、痛みのあまりゲロゲロ吐きながらも頑張ったのですが、あまりにつらくてその辺のベンチで倒れているのを一般の人に目撃され、あの人は係員の癖にけしからん…などとチクられたりしていました。

    頭痛を押して必死に働くパタの方が、休憩ばっか取ってろくすっぽ働かずに給金と差し入れだけごっそりもらってくおばちゃんよりもましだと思うんだけど…。

    もとい。何を言いたいかというと。

    そうやっておいしい仕事を掴んで離さないご老人には遠慮してもらい、もっと若いスタッフを採用すべきです。

    お友達がスタッフやっているから来てね!といえば、来る若者も多いんじゃないでしょうか。

    そうして選挙、ひいては政治に若い人たちにもっと関心を持ってもらいたい。今回の小池さんの当選は、パタにとっては当たり前ですが、石原さんが再選したときにはなんであんな何にもしない爺に…!と憤慨したものでした。

    選挙に行かなかった若者たちは、政治でどんなに納得がいかないことがあっても一つも文句を言ってはいけないと、肝に銘じてほしいです。棄権という自分の意思を示したのだから、もうその人は口をはさむ権利がないのですよ。

    本当に、もっと若い人の投票率が上がることを祈ってます…。

     

    日常生活 | comments(0) | - | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    shelf
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search