こつぶちゃんのあんよ
0

    JUGEMテーマ:わんこ

     

    今日は母とこつぶちゃんを連れて、近所の動物病院に行ってきました。

    今日のところの本題は、そろそろ季節なのでノミ・ダニの予防薬と、ワクチン接種と、狂犬病予防注射です。

    しかし、そこに通ってしっかりカルテも作ってもらっているこつぶちゃんのことを先生が真っ先に気にするのは、おなかのでべそと、あんよの様子でした。

     

    母曰く、こつぶちゃんのでべそは避妊手術をしたときに開けた穴が問題だ!…とのことで。

    それが本当かそうでないかはわからないのですが、とにかくこつぶちゃんのおなかには柔らかい出っ張りがあり、すでにでべそと形容するにもおこがましい大きさになってしまっています。

    多分中身は脂肪だろう…とのことですが、このまま放っておいていずれ腸などが脱出してしまうと、最悪命に係わる…ということで。

    多分近いうちに手術が必要です…。

     

    そしてあんよなのですが。

    こつぶちゃんは毛がモフモフ過ぎてパタは前足を引きずるのしか気が付かなかったのですが、先生曰く後ろ足が両方とも関節が外れてる…だそうで。

    これも手術したほうがいいんじゃないか…とおっしゃるのですよ。

    パタが恐る恐るお値段はいくらぐらい…?と聞いてみると、両足しなくちゃいけないから、6〜70万円とかいうステキなお値段が…。

    さらに、でべその手術も足し増すとざっと100万円ぐらいになっちゃうんじゃないでしょうか…痛い、痛すぎる…!

    でも、いつまでもあんよが痛いんじゃかわいそう…と思ってかなり迷っていると、整形外科の本家の先生に診てもらってからまたお話ししましょう…ということで、採血も含めてこつぶちゃんは先生に拉致られてしまいました…。

    しばらくして戻っていらした先生のおっしゃることには、こつぶちゃんのあんよはすでにかなり悪くて、膝の関節だけじゃなく大腿骨も曲がっちゃってるらしいのです。

    そしてそれを手術しようとすると、骨を切らないといけなくて、それはまたかなりな大手術になり、そしてその上きっちり治る保証がないという…。

    なので、ダイエットを中心に対処することで、手術はしない方向で…とのことでした。

    パタのお財布的にはかなりほっとしましたが、それにしてもこつぶちゃんずっとこのまま、一生あんよが痛いまま過ごすのかと思うと、また別のところがずきずきうずきます。

    小型犬があんよが悪いのはよくある話だというのは知っていますが、ほかの子たちはこんな深刻な話になったことはなかったので、なんだかもう本当に、胸が痛むのでした…。

    とりあえずもう本当にダイエットさせなくては…! ポメの癖に5キロもあるんだもの…。

    多分こつぶちゃんよりも両親にスパルタにしなくちゃいけなくて、その辺も又頭が痛いのでした…。

    こつぶちゃん | comments(0) | - | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    shelf
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search