太っ腹
0

    JUGEMテーマ:仕事のこと

     

    今日は出社して、月末の振り込み作業をやってきました。

    パタはこの振り込み作業、それはもうずいぶん古いころからやっているので、当初あった緊張感みたいなものが全くないに等しい状態になってます。

    うちは規模で言うと中小企業なんだけど、それでも企業であることは間違いないわけで、お振込金額は総合するとたやすく億を超えます。

    そんなの、パタの人生ではお目にかかることのない金額のはずなのに、あまりにも慣れてしまっていて、企業や業種によっては数百万円のお支払いでも、おや今月は少ない…などと罰当たりなことを考えたりしちゃいます。

    この仕事を長年やっていて一番怖いのはこういう金銭感覚のマヒ、ついでプレタポルテであるがゆえに、妙に目が肥えてしまって、お高いお洋服しか容認できない審美眼みたいなものが備わってしまうこと。

    お高いお洋服に関しては、会社バーゲンに行けばいくら売れ残りと言っても、お店では絶対に見ることのないような割引率でプレタポルテを買えてしまうので、本当にその辺のバーゲンなんていけなくなってしまって困ります。

    デザインが気に入って通販をしたりしても、実際届いたものを見ると、こんな生地で…とか、こんな縫製で…とか思ってしまうのは本当にまずいです。だってパタの収入だったら普通なら、量販店でぐらいしか買えないはずなんだもの。

    量販店が悪いというわけじゃないけど、比べるべくもないというか。

     

    もとい。

    今日のお振込では家賃なんかもあったのですが、今議員先生たちがしきりに討論している家賃、実に太っ腹なところが一つありまして。

    今月と来月は、コロナの影響でお店もお休みがほとんどだったから、家賃を割り引いてくださるというのです…。

     

    正直、もう月末の支払いを締めてしまってからそのお話があって、面倒くさい…とかも思いましたが、結構な金額をひいてくださるので、もちろん喜んで訂正いたしました。

    ここは東日本大震災の時にも、家賃を只にしてくださったところで、ものすごく儲けているか、ものすごく正義感の強い方が経営されているかどちらか…あるいは両方なのかもしれませんが。

    お支払いする額が少しでも安くなるのは大いにうれしいのですが、逆にそんなお人好しなことでいいのだろうか…と心配になってしまいます。

    だって他にもたくさんの家賃をお支払いしているのだけど、そんな太っ腹なことをおっしゃるのはそこだけなんだもの。

    ありがたく享受すると同時に、本当に大丈夫…?と、いらん心配をしてしまうパタなのでした…。

    仕事 | comments(0) | - | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    shelf
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search