志村どうぶつ園
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    パタはそんなに志村けんさん及びドリフなんて好きじゃないほうだと思っていたのですが、想像以上に喪失感が強く、日々志村さんの追悼番組などを見てしまいます。

    特に今日は、以前から楽しみに見ていた志村どうぶつ園の特別編だということで、神妙な気持ちで見ました。

    冒頭から沈んだ顔の相葉君のコメントで、かなりウルっと来てしまいました。

     

    志村さんの訃報を聞いたときに思ったのが、きっと相葉君や山瀬まみちゃん、ハリセンボン春菜なんかも泣いているだろうなあということ、志村さんが飼っていたというワンコやパン君、プリンちゃんもさみしがるだろうなあということです。

    精神論じゃなく、動物はかなり正確に死を感知します。

    飼い主や、あるいは多頭飼いしていた仲間のワンコなどが亡くなった時、そのご遺体に会わせると、それ以降その人たちを探さなくなったりするのです。

    でも今回の志村さんは新型コロナという伝染病で亡くなったので、飼い犬どころか実のご兄弟までお見舞いや、ご遺体にすら会わせてもらうこともなく、いきなり荼毘に付されたお骨だけが帰ってきたようです。

    人間は言葉で説明されれば一応の納得を得られるけど、動物たちにしてみたら、大好きだった人がいきなりまったく来てくれなくなってしまったということで、せつなく待ちわびて一生を過ごすことになるのだなあと思うと悲しい気持ちになります。

    いや…実はパタもあんまり納得できてない。何となく、志村さんがまだどこかにいそうな気持がするのは、お葬式を経てないからかもしれません。同じくドリフのいかりやさんが亡くなった時にも、残ったメンバーで棺を担いで送ったのに、そういう儀式が一切なかったから、実はどこかからひょっこり現れて、また俺の死亡説なんか出しやがって…と、例のはにかんだような笑顔を見せてくれる気がしてしょうがないのです…。

     

    さて番組は、志村さんが多くかかわってきたパン君やプリンちゃんなどとの触れ合いを中心に編集されてました。

    志村さんが本当にパン君たちをかわいがり、好かれていたことを再認識して悲しくなりました。

    さらに、出演者たちのコメント…コロナ騒ぎで妙に離れた座席から一言ずつ言っていくときに、タカアンドトシのタカさんが言葉に詰まってしまったのを見て、男のくせに情けない…とも思いましたが、考えてみると感情を出すのに男も女も関係なくて、これはいわゆるセクハラに当たる感想なのかもしれない…と思ったりしました。

    そうでも思わなければ、あんな涙のコメント正面から見られませんて。

    昔は感情をむき出しにするのが売りだった山瀬まみさんが、立派な大人になっているのを見て、これらも志村さんの育てた結果なのかもしれないなあと感慨深いのでした。

    まあとにかく…こんな悲しい思いをさせるために、彼はコメディアンになったわけじゃないと思うので、そろそろめそめそするのはやめようと思うのですが、なかなかままなりません。

    本当にご冥福をお祈り申し上げます…。

     

    日常生活 | comments(0) | - | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    shelf
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search