無意味な気が…
0

    JUGEMテーマ:仕事のこと

     

    パタはここで忙しい忙しいと連呼していますが、それはうちの部の子たちみんなに言えることで、しかも近々大きな戦力であるMちゃんが子会社に出向することが決まっているので厳しさは増すばかりなのです。

    何人かが部長に、人を増やせと直談判したようですが、部長の上の人がうんと言わず、結局綱渡り状態のままうちの部は残業だけを積み上げて行っています。

    パタはあんまり残業もしませんが、それは正社員じゃないからで、本当はもっとキリキリ働かないといけないのかなあとは思います。

    それでもかつてはまったくしなかった残業をしないと回らなくなってきているので、ほかの子たちがヤバイ…と思っているようです。パタさん病気持ちなのに無理させちゃってる…とか、そんな感じでしょうか。

    確かに、パタは夜の残業は体がつらくてできないので、朝できるだけ早く出社するという手段を取っています。朝のほうが頭も回るし電話もならないし、効率がいいと思います。

     

    話がそれましたが、そんな感じでみんな超忙しいので、今日は突発的にミーティングがありました。

    今やっている仕事の人が増えないなら、どこを削ったら少しは楽になるか考えよう…という集まりでした。

     

    パタはね…今やっている売掛という、お店が売り上げた実績を精査する仕事なんか営業に投げちゃえばいいのにと思います。

    うちの部は7人ぐらいで全店を見ているのですが、営業はその8倍ぐらい人数がいるんだから、楽々見れるんじゃないかと思います。

    そもそも経理って外注に出す会社も徐々に増えているようだし、何より営業の人たちが何となく経理の仕事をバカにしている様子がうかがえるので、そんならお前やってみい!と突き付けたい気持ちでいっぱいです。簡単に変な契約を交わしてきてイレギュラーな歩率だの約束だのをどんどん増やして難易度を増していく一方なんだから、己がやってることがどんなに無理か、一度思い知ったらいいと思います…。

    しかしみんな何気に責任感が強く、そういうのは望まないみたいです。

    最後のほうに部長を交えての話し合いになったのですが、結局2時間ほどをつぶして得た結論と言ったら、どうも到底実現不可能な…というか、省略していいという部分に到達するまでが大変なのに…といった感じの結論に終わりました。

    結局血を吐くまで働けということらしいです…。

    とりあえず強固に人員の増加を阻む人事部長に一泡吹かせるべくできることと言ったら、経理全体の忘年会当日ボイコットぐらいしか思いつきませんが…。

    みんなのためにもまあ何とか頑張りますといういつものセリフを簡単に吐くこともできないでいます…。

     

    仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    TRACKBACK BOTTOM
    shelf
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search