肩ロース角煮
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    昨夜から、昨日ゲットした肩ロース肉の塊で、豚の角煮を作りました。

    角煮って普通ならバラ肉ですが、どうもバラ肉だと胃にもたれるので、脂身の少ないロースならどうだろう…と思って実行してみました。

    多分、皆様が想定している角煮とは別物が出現しましたが、我が家的にはまあまあでした。

     

    昨夜、塩をしたブロック肉をフライパンで焼いた後、ネギや生姜を突っ込んだだし汁に入れ、20分間圧力鍋で煮て放置。

    朝、浮いてきて固まった油とネギや生姜をすべて取り、お醤油とお砂糖を入れて圧力鍋で25分煮て放置。

    食べる前に汁を煮詰めるのですが、パタはヨガ教室に行ってしまうため、その工程は母に任せました。

    楽しくヨガをして、楽しみに帰ってくると、なんか母曰く、コンビーフみたいになった…とのことで。

    ほぼ赤身のロース肉は、本当にほろほろになっていてお箸で持つだけでバラバラになるような、あっさり仕立ての角煮になってました。

    脂分が少なくてパンチがなく、あれを角煮と言ってしまうと、角煮ファンには怒られそうですが、我が家ではおいしくいただきました。油もすべて抜けていて、思ったよりもローカロリーだったのか、なんかすでにおなかすいてしまいました…。

    結論、ロース肉の角煮、我が家ならアリです。

    問題はやはりこっくりさが足りないのと、あとはお値段…バラよりロースのほうが数段高い。

    中華というよりははっきり和食よりのロース角煮、興味ある方はどうぞお試しくださいませ、てな感じのご報告でした。

    日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://patapata.biburio.com/trackback/864099
    TRACKBACK BOTTOM
    shelf
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search