おばパワー
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    年齢とともに顔がしわるとか体型が緩むとか、記憶力が衰えるとか様々な弊害というか、いやなこともあるのだけど、年を取るってそう悪くもないな…と思えることの一つにパタが最近めきめき力をつけているおばさんパワーがあります。

    ずいぶん前にミリオンセラーになった鈍感力、みたいなものかな…パタは不勉強でまだ拝読してないのだけど、要するに周りに過敏なほどの配慮をしたりする力が少しずつ鈍くなり、のびのび生きられる力ということでしょうか。

    今日もそんなことを実感してしまいました…。

     

    最近我が経理部に入ってきてくれた子は、まあ多少問題もあるけど、大変に優秀なお嬢さんです。ただ彼女、ちょっと足が不自由で、常に杖を突いて歩いています。

    今日はパタ、帰り道が彼女と一緒だったので、ゆっくり歩きました。最近なんだか歩くのが遅くなった…とは思いますが、さすがに杖を突いている人より遅いということはありません。

    ちょっと愚痴られましたが、おおむね楽しく会話をしながら駅に向かい、次に来る電車で優先席をゲットしようね…などといっていたのです。

    その時、周りにはまだ電車を待っている人は全然いなくて、パタたちが一番だったのですが、実際電車が来たら、小学校2〜3年生ぐらいの子が横入りするように突進して、さっさと優先席に座っちゃったのです。

    パタちょっと悩みました。だってまだ一つ優先席は開いているから、彼女にはそこに座ってもらえばいい。でも、一つしか席が空いてないと、彼女は遠慮して座らないかもしれない。なぜならパタもヘルプマークをぶら下げているし、以前ちょっと立っていると神経痛が出ちゃって…と言ってあるからです。

    そこでパタは頑張りました。その坊やに向かい、そこは優先席だよ!と声をかけたのです。

    さすがにどいて…までは言えなかったのですが、坊やは目をまん丸くして立ってくれました。なのでパタは彼女を呼んで座らせ、またちょっと悩んだ末にやっぱり自分も座りました。

    うん…別に間違ったことをしているとは思えないけど、そしていつかやるんじゃないかとは思っていたけど、ついに人さまをどかしてまで優先席に座ってしまった…。

    そして座っちゃってから、彼女は次の駅で降りてクリニックに行く…というのですよ。…一駅ぐらいなら、無理にどかすこともなかったんじゃないかなあ…とか思ったり。

    でも、冷静になると男の子をどかしておきながら、お礼も言ってない…と思いついてしまったので、彼女が下りてから坊やに、ごめんねとありがとうを言っておきました…。

    こんなことでいいのかなあ。まあ正しいおばさんパワーが発揮されているとは思います。

    でもみっともないので、あんまりこの力は増殖しないように気を付けようとは思います…。

    日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://patapata.biburio.com/trackback/864033
    TRACKBACK BOTTOM
    shelf
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search