絞られた
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    最近有能な新人ちゃんが二人も増え、ようやく会社の仕事が何とか月内に終わるようになったのですが、あの超忙しかった時の傷跡はまだ刻まれていて、今日パタはそのことで部長に絞られちゃいました…。
    でも、部長の言ってることも前と違うし、求められているものが何なのかよくわかんないのです。
    問題になっているところは二つあり、そのうち一つはすでに閉店しちゃったお店だったりします。
    差額といってもそんな万単位で出ているわけじゃないんだから、そのまま雑損や雑収入で片付けてもいいような気がするんだけども、部長はその数千円の差がどうにも気に入らないらしいのでした。
    パタは先月の時点で、もうこれどうにもならないから処理したい…といっていたのに、結局やり直せのごり押しで、今月はいつものノルマのほかに、その面倒くさくてわかりづらい奴をやらないといけなかったのです。
    正直、あの頃は忙しすぎて深くまで掘っている場合でなく、その結果出たような差額だったので、それから数か月を経て経験を積み、時間の余裕もできた今となってはちゃんとした計算をできるようにもなったのですが。
    そこにたどり着くまでが本当に本当に本当に大変でした。
    Sちゃんという子がいて、その子が部長と折衝を重ねて、どうしてもわからないところは経費に入れてしまって構わないという答えをもらったのがやはり数か月前なのですが。
    だからパタはそのつもりでいるのに、ふたを開けてみれば、やっぱりどうしても追跡しろの一点張りで、かかる時間とその結果得られる経費の差については全然考えてくれてないのでした。
    今のパタと部長のやり取りを見ていたら、Sちゃんは相当イラっと来ると思うのですが…。それじゃ何のために数時間つぶして話し合いをしたかっていう話だと思うんですね。
    もちろんパタだってふくれっ面ですよ。やらなくていいつもりでいるのに、話が違うじゃん…という感じ。
    先月、一度ギブ出したときに、部長に話をしたら、これじゃわからないから、営業の人にもわかるような資料をつけて…と部長が言ったから、懇切丁寧な資料をつけ、さらにくどくど言葉にして解説したにもかかわらず、部長から出た言葉は「結論から言って」でした。
    話が違うじゃないのよ…。資料作るんだって相当面倒くさかったのよ…。
    そうして今日パタは、部長にも平謝りだし、営業部の部長にもいろいろ絞られて、大変不愉快です。
    本当に、数千円の差でここまで社員を疲弊させて、メリットあるんか…また言っちゃうけど、うちの会社は断じてホワイトじゃないと確信した一時でした。
    仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://patapata.biburio.com/trackback/863997
    TRACKBACK BOTTOM
    shelf
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search