戦うな
0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

     

    今日は父が朝からハッスルしないでくれたので比較的ゆっくり眠れましたが、ここの所朝になると父が戦うので参ってます。

    軒下にある通風孔の蓋が外れていて、どうやら中にヒヨドリが巣を作ってしまったようなのですよ…。

     

    パタはいい年をして透析をしたうえ通勤もしているので、平日はいつも寝不足です。なので、土日ぐらいはゆっくり眠らせてほしいのですが、なぜか土日というと両親が遊びまくるので、それもかなわない感じです。

    ヒヨドリなのですが、これはあくまでパタ調べで、もしかしたら違う鳥かもしれませんが、ネットで鳴き声まで確認したのでたぶんあってます…。

    それが軒下に巣を作ったらしいというのはちょっと前からわかっていたのです。でも、うちはみんな動物が好きな家族だし、父なんかちょっと前に家の中に燕が巣を作ってしまって、飛び回る家…というのをテレビで見てしまい、なんかどうにもあこがれちゃったらしく、小鳥がたくさん家の周りを飛んでいるのはむしろうれしいようでした。

    パタたちは最初から、そんなところに巣を作られたら最終的に虫やネズミが来そうで嫌だ…と思っていたのですが、場所が場所だけに、どうすることもできません。

     

    そうこうしているうちにどうやらひながかえったらしく、親鳥たちの警戒心がすごくなってきました。

    通風孔のある場所は、階段の明り取りの窓の真上なので、ちょっとやそっとでは手を出すことができません。

    どうなっているんだろう…と、その近くの窓からその通風孔のほうを見るだけで、親鳥たちが威嚇するようになってしまい、今は窓の近くに誰か立った影だけで、警戒した声を発するありさまです。

    小鳥と言えども声がでかく、それらが朝の4時ごろから騒ぎまくるので、とてもご近所迷惑だと思います…。

    父が本格的に危惧を抱いたのはどうやら、その小鳥の巣が父が寝ている近くの天井裏にあるらしいのですが、小鳥の足音が父の真上まで飛んでくるようになったとのことで…。

    やたら天井をつついたり、窓から身を乗り出して、その巣がある通風孔をつつきまわしたりするようになりました。

    いや…だからって朝の4時からそれはないんじゃないの…とパタは強く強く思うのです。

    小鳥の鳴き声だけで相当うるさいのに、父が暴れるとこつぶちゃんまでわんわんしちゃって、今我が家、ちょっとした騒音発生源になっていると思われます…。

    最初のうちは、巣立ったら対処するよ〜とか、のんびりしたことを言っていたくせにさ…。

     

    それにしても、あんなふうに手の届かないところはどうしたらいいのでしょうか。もう老人の域の父に無理はさせられないから、誰かプロを頼らないといけないと思うのですが、大工さんでもないし、もちろん電気屋さんでもないよなあ…。

    ヒヨドリは5月から9月ぐらいまで繁殖するとか…それまでには何とか調べておくのもパタの務めでしょうか…。

    それにしても本当に家が古くなると、次から次へと問題が発生するんだな…。愛しい我が家ですが、なんとも言い難い感じです。

    日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://patapata.biburio.com/trackback/863958
    TRACKBACK BOTTOM
    shelf
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search