心が広いw
0

    JUGEMテーマ:仕事のこと

     

    苦手だと思い込んでいた新人ちゃんとも良好な関係を築けつつあります。

    パタはともかく、そのお嬢さんはとても賢くてまじめな子なので、もろもろの面からすぐにうちの部に溶け込んでくれそうです。

    パタは隣の席だし、パタがやっていた仕事を引き継いでもらったこともあり、今のところ頻繁に彼女に教えることがあります。

    こっちも、ものすごく面倒くさくて大変なことを、それも大量に教え込んでいるのがわかっているし、パタ自身がそういうスタンスでまあゆるゆるでいいんじゃない…などと思っているのですが、彼女に言わせると、パタさん心が広い〜だそうですw

    何度も同じことを聞いても怒らない…だそうですが、確かにしばしば話しかけられますが、パタの感覚ではあんまり重複したことを聞かれている感じはしないです。

    それに、実はパタもいまだにはっきりきっぱり習得したと言えないところを教えているので、いくら賢いお嬢さんでも完全に覚えるのには時間がかかるだろうとわかっているから、何か聞かれても別に嫌な感じはしないです。

     

    それにパタにはいくつか持論があって、そのうちの一つが大人になったら怒らないというものです。

    怒ってすぐにその場で爆発して発散する人は、その場では気持ちいいでしょうが、そのあとその怒りに使った何倍ものエネルギーと時間をその回復に費やさなくてはならないのです。

    端的に言えば評判。よっぽどのことでない限り、少しでも場を荒らげれば、あの子はこらえ性がない、怒りっぽくて怖いという印象がみんなに刷り込まれてしまいます。

    なのでパタはめったに怒りません。もっと言ったら、怒ってその人の行為や考えに一石を投じるほど親切じゃないのです…。

    何か理不尽なことがあってもじっと耐えて、その事象によって相手が評判を落として行ったりするのをニマニマ見つめているのです。…たいがい性格悪いな、パタもw

    まあそんなことで、新人ちゃんにしばしば質問されるのぐらいはパタの想定内の範囲です。

     

    そして持論のもう一つは、新人ちゃんがダメな場合は教育係のほうがダメなのだ…というものです。

    パタも過去に何人か見かけましたが、教えたことは一度で覚えないとダメ!とか、こんなこともできないの、こないだ教えたでしょう!とかいう人が…幸いなことにパタはそういう人にあたりませんが…いるのですが。

    会社に入ってくる新人ちゃんたちは、きちんと試験や面接を経てある程度のレベルに達していると思われる子たちを選んでいるはずなのだから、まじめな新人ちゃんが覚えないというのはたぶん、教える側に問題があるのです。

    ものすごく要領悪く教えているとか、教える量が多すぎるとか、ですな。

    なので、新人ちゃんが失敗したら、当然それは教育係の失敗です。新しい立場で緊張している子に責任を擦り付ける時点でもう教育でもないですが。

    なのでパタは、新人ちゃん含め、後輩にはできるだけ優しくするように努めています。

    子は親の鏡などといいますが、それは社会人の上下関係にも言えることでしょう。

    なので、新人ちゃんにはいい気分を保ったまま成長してもらえるように努力する所存であります…てなことで。

    …今日パタは一体何を言いたかったんだろうか。まあ、一つだけはっきりわかっていることは、新人ちゃん覚えがいい…ということで。

    今回も人に恵まれて楽をさせてもらえそうなパタなのでした。

    仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://patapata.biburio.com/trackback/863940
    TRACKBACK BOTTOM
    shelf
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search