12個も
0

    JUGEMテーマ:病気

     

    今日は坐骨神経痛その他もろもろのいつまでたっても治らない痛みで通っている大学病院のペイン科に行ってきました。

    どうもいつも変な顔をされちゃうんですが…パタの坐骨神経痛はどうも、腸のほうの動きに大きく関係しているようで、そっちが滞ったりすると痛くなったりするようです。

    先生方が一様に首を傾げられるのでレアケースなのかもしれませんが、パタは確信してます…もしかするとパタはおなかの中もいろいろいじっているから、人より内蔵の並びが変なのかもしれません。

    まあとにかく、ここの所あんまり神経痛が出なくて快適です。ちょっと長く立っていると痛くなるのがわかっているので、通勤にはわざわざ電車の一番前の車両まで行ってなるべく座るように心がけるとか、ちょっとでも冷やさないように工夫するとかいろいろしていますが、それらの努力が実っているようです。

    しかし、神経痛が楽だからといって、腰痛がよろしくなるわけではないらしいです。

    あんまり腰が痛いので、今日はいつかやってもらった腰痛の注射をお願いしてみました。

     

    最近の主流のようですが、パタの主治医といえる人は二人います。一人の患者になるべく二人で担当するのが望ましいらしいです。

    今日は男の先生だったのですが、パタよりちょっと若い感じの女性の先生がなかなか張り切る人で、先日腰が痛くてどうも…といったら、なんだか素晴らしくよく聞く注射をしてくださったのです。

    効き目は3日ぐらいだったのですが、その間は腰の存在を忘れるぐらい…いつも朝礼の時には頭ぐらいしか下げられない腰痛が、しっかり普通のお辞儀ができてとてもうれしかったので、それをまたお願いしてみたのでした。

    ところが、腰痛の注射と一口に言ってもいろいろあるようで…今日男の先生が選んでくれた注射はトリガー注射なるものでした。

     

    背中で繰り広げられていることなのでどんなことになっているのかよくわからないのですが、刺した感触もよくわからないような細い針で、薬液を入れている感じもあんまりしなかったです。それはいいのですが、先生がいっぱい打つ!とおっしゃったので、ん? いっぱいって何?と思ったのですが、本当に一杯刺してくださいました。

    帰宅してから母に数えてもらったらなんと小さなばんそうこうが12枚…それだけ刺したということですな…。

    まあおかげ様で腰は痛くないのですが、さっきまで存在しなかったはずの神経痛に悩まされてました…腰の痛みが引いたら隠れていた神経痛が出てきたようです…。

    そして、先生がまだ刺すところがないかうろうろ探しているときに、やっぱり勇気がなくて言い出せなかったのですが、お尻に走っている神経あたりにもガツンとかましてもらえばよかったようです…。

    でもやっぱり、不用意にお尻を出すのはいくらおばちゃんでも恥ずかしいのよ…。

    今度女の先生の時にはぜひチャレンジしたいと思ってます!

    坐骨神経痛 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://patapata.biburio.com/trackback/863909
    TRACKBACK BOTTOM
    shelf
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search