おおう
0

    JUGEMテーマ:透析腎不全

     

    具体的な数字を挙げるのはちょっと気が引けないでもないけど。

    パタはこの1月で透析導入から満30年を過ぎました。厳密にいうと、母の移殖腎をもらって過ごしたのが5年ほどあるので、30年には満たないのかもしれませんが。

    とにかく、もう透析導入しなければヤバイ…と思っていたころ、不遜なお話ですが、昭和天皇も具合が悪く、パタが透析導入になるのが先か、昭和が終わるのが先か…と思っていました。

    昭和天皇が崩御されてややあって透析導入した形です。

    考えてみると、もう間もなく平成も終わるので、パタの透析人生は平成とともにあったといってもいいと思います。

    導入当時から比べると、人工透析の機械もだいぶ変わったし、お薬なんかも変わりました。

    30年と一口に言っても、その期間には様々な変更や改革があり、パタの人生もおかげさまの連続です。

    なぜ急にそんなことを言い出したかというと、今日病院で、透析導入30年ということで、立派な表彰状と副賞をいただいてしまったからです。

     

    病院が違ったせいか、20年の時には大してお祝いもしてもらわなかった気もするし、そんなこと予期していなかったので結構びっくりしました。

    副賞の一つ、ペンは院長先生が直々にくださったそうで、大変ありがたく拝領いたしました。

    30年って一口に言うけど、パタが透析導入したころは、透析に入ったらあと20年生きられない…などと言われていたものです。

    その期限を10年以上超えても、まだ元気で、しかも働き続けていられるなんて、本当に自分の努力だけでなく、病院の皆様のお心遣いとか、一緒に暮らしている家族の協力がなければできなかったことで、各地に足を向けて寝られません…。

    うん…パタもうちょっと働きたいし、家族をすべて見送ってから自分も逝きたいと思っているので、まだまだいろいろ頑張らないといけないようです。

    とりあえず、院長先生にいただいたペンで仕事頑張ります…。

    今日は思いがけないプレゼントをいただいて、なんか舞い上がっているのでした。

    人工透析 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://patapata.biburio.com/trackback/863818
    TRACKBACK BOTTOM
    shelf
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search