怖かった
0

    JUGEMテーマ:病気

     

    かなり前からパタは右足の親指に巻き爪を抱えておりまして。

    テープだとかクリップだとかで、何とか自力で治せないかと努力を重ねてきたのですが、やっぱり結局どうにもならんだろ…という結論に達しました。

    いや…やっと冬になったので、ソックスにつま先の丸いショートブーツなどを履いていれば、それなりに無事に過ごせるのですが。

    どうしてもお洋服の関係でパンプスを履かなくてはならなくて、パンストをはいたりするとたちまち痛み出すのです。

    パンストのぎゅっと締める感じ、あとちょうど痛いつま先に縫い目が当たる感じがまずいのだとわかっていてもどうすることもできず…。

    ゆったりしたストッキングだとまあ楽は楽だけど、たるんできて象の足みたいになっちゃうし。

    おしゃれと健康が合致しないことがこんなところにも噴出したりしたのでした…。

     

    それで今日、かなり決心して、透析の看護師さんに巻き爪が…と申告してみました。

    透析と足の疾患というのは割とよくある組み合わせのようで…まあ最も、糖尿病からくる透析の人が対象なのかもしれませんが…とにかく、病院によってはフットケアの専門の看護師さんもいたりするのです。

    なのでちょっと期待してみたのですが、看護師さんはパタの足をじっと見て、かなり食い込んでいるから、皮膚科か外科に行って、爪を切ってもらったほうがいいよ…とおっしゃるのでした。

    ううん…皮膚科ねえ…。

     

    パタは平日忙しすぎて、なかなか病院通いもできないし、土曜日は結構予定が詰まっちゃっているので、新しい病院を探すのが大変なのです。

    自宅の近所にはいい皮膚科はないし…それに第一、爪を部分とは言えはがすとか、恐ろしすぎる…。

    先日、新聞のおまけについてきた冊子に巻き爪のことが細かく乗っていて、結局は土踏まずとか足指当たりのリーチに問題があって、そこを直さなければどうにもならない…とのことでした。

    インソールでも作ってもらおうか…と思っていた矢先でしたが、やっぱり喫緊に何とかしないといけないので、しょうがないからしぶしぶ皮膚科でも探してみることにします…来年あたりまでには…。

    そして今日、看護師さんに食い込んでいるところだけ爪を切ってもらいましたが…これが怖いのなんの。

    なんだかいかつい道具がいっぱい出てきて、爪と一緒に肉まで切られそうで、ドキドキハラハラしましたよ…。

    なんでまあ、パタの体ってこう不自由なところが多いんだろ。

    今はちょっとひりひりするだけのつま先、本当に近いうちに何とかしたいところです。

     

    人工透析 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://patapata.biburio.com/trackback/863742
    TRACKBACK BOTTOM
    shelf
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search