面談
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    会社で目標面談なるものがありました。

    年に2回行われますが、今回はパタにとってちょっと違う意味のある面談でした。

     

    パタの勤めている会社の親会社が変わってしばらく経ちます。

    なんだかうちの会社は、株式上場してもいいような気がするんだけど、かつての親会社に遠慮してだか何だかずっとしないでいるうちに親会社が変わってしまい、いいように扱われている感があります。

    まあ…今の親会社は一流どころなので、言うことはいちいちごもっともなのでしょうが、やっぱり搾取されてる感が半端じゃありません。

    そして親会社は会社の細かい運営にも口出しをしてくるのです。

    今回からの面談もその一つでした。

     

    かつては目標面談などと名前がついていても、経理部なんて目標を立てるのが難しいので…営業部とかお店なら具体的な数字を上げて目標とできるでしょうが、事務方は相手ありきなので…パタが忘れられないお姉さまのかつての目標が、よく寝ること…でした。幼稚園児じゃあるまいしw

    でもまあ、パタも健康第一…なんてファジーにすぎる目標を立て、それが認められていたのですが。

    今回からは目標シートなるものに目標やら何やらを書き込み、自分のお給料のランクに従って目標を達成できたか、あるいはよい目標を立てられているかを記録して、その出来栄えによって昇給に影響がある、とのことでした。

    なのに、パタだけそのシートが配られないのですよ。

    パタの部には同じ嘱託という立場で勤めているはずの新入りちゃんもいるのですが、その子には配られているのに、です。

    パタの勤務体制が特殊なことがその理由とは思われますが…なんというか、入社当時のパタにもしも今のパタが声をかけることができるなら、安易に自分を売りなさんな、と言いたいです。

    当時はバブル真っ最中で売り手市場もいいとこだったし、パタは高学歴ではないにしろ、一流と言っていい高校を出ているので、そんなに安売りしなくてもよかったはずなのです。

    でも、当時まだ全然体調が整っていないうちに、透析の看護婦さんに就職しろしろせっつかれるのが嫌さに、よく考えもしないで就職活動を始めてしまったのが一番の敗因だったと思います。

    職安に行っても面談に行っても、調子が悪いから相手の言うことをうのみにしちゃった感もあります。

    今考えると、当時の名物部長だった人事部長なんて、病み上がりでふらふらしている若い女の子の扱いなんて、それこそ赤子の手をひねるようなものだったでしょう。まあ…あの部長がそこまで悪だくみをしたとは思えないけど。

    その後パタだっていろいろ努力して、資格を取ったりしたのに、待遇が変わらな過ぎるのが問題なのです。

    最近ようやく多少生意気になったパタは、いろいろ同年代の部長に文句を言えるようになりましたが、遅きに失した感じです。

    もしも同じ立場の子がパタに、パタと同じ会社を受けたいと相談したら、即座にやめなさいと答える程度には懲りています。

    でももうパタも転職するにもいい年すぎるので、今の会社で働けなくなるまで頑張るしかないのでしょう。

    なんだかなあ…パタの人生、無駄ばっかりだなあ。

    お金がすべてじゃないけど、給金が低いということは、会社で毎日、この能無し!と言われているようで、毎年この時期は憂鬱なのです。

    仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://patapata.biburio.com/trackback/863564
    TRACKBACK BOTTOM
    shelf
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search