診察台でダンス!
0

    JUGEMテーマ:わんこ

     

    今日は会社が休業日でした。

    こつぶちゃんの抜糸があるので、どうしても自宅にいたかったからです。

     

    本当は午後の予約を取れば、今まで見てくれた先生の診察を受けられたのかもしれないけど、パタも午後から透析があるので、今日は午前中に予約を取りました。

    担当の先生と同じチームの先生ということでしたが、なんか見覚えのある先生が…多分ですが、若ちゃんが最後に入院したときにもお世話になった先生だと思います。人の顔を覚えないパタが珍しく覚えていたのは、お顔立ちよりも体型…今どきはああいうおおらかな体型の人は珍しいように思います。

    余談ですが、うちの会社は一応アパレルだけあって、女の子はみんなシュッとしてきれいだし、なぜか男性陣もものすごく太ってるとか禿げてる…という人が見当たりません。

    まあ今は過去の話だけど、パタが入社した当時の人事部長が明らかに新入社員を顔で選んでいる節があり、多分パタは中途入社でしかも障碍者枠だったからその例には漏れているのだと思われますが、一時期は本当にこちらの会社は美人ぞろいですね…とお客様に言われる状態だったのです。

    まあ何が言いたいかというと、パタはあんまりおおらか体型の人に慣れてない…とそれだけで…いや、自身はおおらかなうえわがままボディなのだけど、自分の体は鏡を使わないとみられないでしょう…。

    その先生が、しきりにこつぶちゃんをかわいいかわいいとおっしゃるのですよ。

    パタはこつぶちゃんを見慣れているので、こいつ人懐っこいな…とは思っても、そんなに手放しでかわいいと言われる理由がよくわからないのですが、こつぶちゃんはどこに行ってもかわいいと褒められます。

    多分、お医者さんの前でもびくびくせずにニヤニヤ笑ってるような顔で動き回るあたりがかわいいと感じていただける元なのではないでしょうか。

    まあとにかく抜糸も無事に済みました。支えて…と言われたから、診察台の上でタッチさせたら、足をドコドコ踏み鳴らしてまるでダンスを踊っているようだったので、踊るんじゃありません…と叱ったら、先生が笑っておられましたよ。

    今はおなかに一直線のかさぶたがありますが、順調に治ってきているようでよかったです。

    もうおなかに妙な出っ張りを作るのはやめてね…とお願いだけしておこう…。

     

    こつぶちゃん | comments(0) | - | -
    entry_bottom
    心配
    0

      JUGEMテーマ:わんこ

       

      こつぶちゃんが帰宅しました。

      先生は繰り返し簡単な手術とおっしゃったので、内視鏡を使うような小さな傷だけで帰れるのかと思っていましたが、こつぶちゃんのおなかには結構な傷跡が…。

      こつぶちゃんが避妊手術をするときに、パタが少しでも痛くないように、傷も目立たないように…と配慮してお高い内視鏡手術を選んだのが元の木阿弥です。そしてしかも、今回の手術がその内視鏡が元だとしたら、本当に痛い思いを余計にさせただけでやるせないです。

       

      どのワンコもそうだけど、結構な傷があっても人間みたいに痛いよ痛いよとおとなしくなっちゃうことは少なくて、限界まで遊びまわります。今日も、階段を駆け下りようとして母に止められてました。

      あんなにおなかを切られたら、絶対に痛くないはずはないと思うのですが…。

      そして今、パタの足元で寝ているこつぶちゃんが、ひっきりなしにクウクウ言っているので、犬の母としてはとても心配です。

      人間なら痛いというなら鎮痛剤でもあげるのだけど、こつぶちゃんはもともと寝言のめっちゃ多い子なので、苦しんでいるのかそうでないのかいまいちわからないです…。

      今夜はこつぶちゃんのためにエアコンつけたまま寝るかな…パタが風邪をひきそうなんだけど。

       

      ちなみに料金ですが、高かったけど想定していたよりはだいぶ安くて、カードも1枚の限度内で済みました。下手すると60万円ぐらい持っていかれる…と覚悟していただけに、とてもありがたかったです。

      さて、明日こつぶちゃんが少しでも元気になっていますように…。

       

      こつぶちゃん | comments(0) | - | -
      entry_bottom
      静か…
      0

        JUGEMテーマ:わんこ

         

        今日はなんだか家じゅうがひっそりしてます。

        こつぶちゃんが一日入院しているからです。

         

        こつぶちゃんのおなかに出っ張りを発見したのはもう結構前で、気にしながら観察していたのですが、どんどんでかくなる一方です。

        こつぶちゃんは小型犬らしくよく無駄吠えする子で、吠えるたびに出っ張る…と父が心配しています。

        パタだってそんな出っ張りないほうがいいに決まっているから、数年前からちょくちょくお医者さんに見せていたのだけど、今のところは多分脂肪が出ているのでしょうが、こんなにどんどんでかくなってそのうち腸とか脱出しちゃったら命にかかわるから、今のうちに簡単な手術で穴をふさいだ方がいい…と言われてしまいまして。

        口腔ケアも併せて全身麻酔で手術、処置、一日入院です…。

        わんこの場合、怖いのは手術よりも全身麻酔…近所の子が、量が行き過ぎたのかそのまま亡くなってしまったことがありました。

        まあ、やっぱり藪だったのかなあとは思うけど、うちの若ちゃんもさんざんお世話になっていた先生で、当時は結構繁盛していたのだけど、その亡くなってしまった子のお母さんがそのことを丁寧にあちこちに言いふらしたせいか、今は閑散としちゃってます。

        人間の病院もそうかもしれないけど、評判って恐ろしいです…。

         

        もとい。パタにはもう一つ怖いことがあります…。

        こつぶちゃんの入院費用です…なんと、臍ヘルニアと口腔ケアにはどうやら保険が効かないのでした…。

        毎年安くない保険料を支払っているのに、効かないってどういうことなの…。これは父には絶対に内緒です。

        父は超が付くけちんぼなので、10割負担で医療費を払ったなんて言ったら怒り狂います。

        よせばいいのに絶対聞いてくるに違いないうちの父、パタは嘘が下手だから、どうやっていなそうか今から考えてます。

        どうか少しでも保険が効きますように…。

        こつぶちゃん | comments(0) | - | -
        entry_bottom
        手術前検査
        0

          JUGEMテーマ:わんこ

           

          今日は狙った休業日で、母と一緒にこつぶちゃんを病院に連れて行きました。

          予約が2時だったんだけど、暑くて難儀しました。突然真夏の陽気、やめてほしい…歩きたがらないモフモフのこつぶちゃんを抱えて日中出歩くのは一種苦行です。

           

          こつぶちゃんは相変わらずハイテンションで、病院に付いたらあちこちにあいさつしまくり、誰かが入ってくるといちいち威嚇したりしてでかい顔をしているのでした。

          あの…我が家のワンコはこつぶちゃんに限らず、病院などに連れて行くともれなく挨拶しまくるのですが、よそ様のワンコを見ているとみんなおとなしく座っていたり膝の上に乗っていたりするのです。うちの子、お行儀悪いですか…しつけ下手でしょうか…。

          とにかく、今日の通院は手術前検査ということで、心臓のレントゲンを撮り、血液を採って検査機関に回すとのことでした。

          これは保険が効いたのに、ぶっちゃけ2万円弱かかりました。高い…!

          そして来週には、保険がおそらく効かないであろう手術が待っているのです…臍ヘルニアと歯石除去…。怖い…。

          コロナ支援で10万円いただいたけど、ボーナスも何とかいただいたけど、そんなのすべて吹っ飛びそうです…。

          コロナ支援もらってもボーナスもらってもなんもうれしくないのは、全然自分のために使えないなあと思えるから…それでも何か一つぐらい楽しいことに使おうかなあ…。すでにハイミスとなったパタには、自分にご褒美重要です…。

           

          そして、その足で買い物に行ったのですが、パタはここ数日神経痛がまた痛くて、ちょっと歩いただけなのにグキグキになりました…。

          本当に後期高齢者の母より全然おんぼろで困る…。そろそろ母と家事を交代してあげたいから、今期いっぱいで会社もリタイアしようかな…と考えているのですが、リタイアしたところで満足な家事ができるかどうか謎です…。

          本当にもう少し鍛えねば。ヨガ再開したいけど、マスクしてヨガとかやだなあ…。

          こつぶちゃん | comments(0) | - | -
          entry_bottom
          がんばらない…
          0

            JUGEMテーマ:わんこ

             

            こつぶちゃんは自動車に乗るのが大好きな子で、多分父が毎回透析後に迎えに来てくれるのは、自分も一緒じゃないと始まらない…!と思っている節があります。

            前に飼っていたパピヨンの若ちゃんは、こつぶちゃんよりだいぶ頑丈だったのに、自動車だけは苦手で、乗せると必ず体調を崩していたので、ひそかに助手席に犬を載せるのを楽しみにしていた父のお眼鏡にはかなわなかったようです。

            なのでこつぶちゃんを助手席に乗せるのを習慣づけたのは父なのですが、パタも結構気に入っています。

            父の自動車がいつものところに入ってくると、窓からこつぶちゃんがものすごくいい笑顔で外を見ているので、超かわいくて癒されます…。

            まあこつぶちゃんにしたら口を開けて呼吸をしているだけなんだろうけど、ワンコのそういう表情って満面の笑顔に見えるんですよね…。なのでパタも、窓からのぞき込むのがとても楽しみです。

            ところがこつぶちゃん、なぜかパタがその助手席に乗り込むときだけ妙に頑固になります…。

            後ろに車がつかえていることが多いので、とりあえずこつぶちゃんを背中で押すようにして乗り込んじゃうのですが、そうするとその位置で突っ張ってしまって、なかなかパタの膝の上に来てくれないのです…。

            こつぶちゃんにしたら、なんかいきなりパタちゃんが、せっかく乗っていたわたちを押しのけて乗ってきた…!と思っているのかもしれませんが。

            とにかく、そのままではパタの格好も変だし、シートベルトも掛けられないので、とにかく膝の上に乗せちゃおうとするのですが、毎回格闘です…。

            こつぶちゃんには頑張らなくていいから!と毎回言い聞かせていますが、なかなかいうことを聞いてくれなくて、相変わらず格闘は続くのでした…。

             

            ところで最近のニュースですが、小型犬を膝に乗せて運転していた人が道交法違反で逮捕されたというのがありました。

            父は運転しているときに膝の上にこつぶちゃんを載せたりはしませんが、本当はワンコを同乗させるときは、ケージに入れるか紐でつなぐかして、必ずワンコがいきなり暴れたり運転の妨げになったりすることのないようにしておかないとダメなのだそうです…。

            ということは、父もすでに道交法違反の常習ということらしいです…。

            ううん、でもあんなに習慣づけてしまったこつぶちゃんのドライブ、今更変えることは出来ないと思われます。

            父が捕まる前に何とかするべきなんでしょうか…かわいいから、人間の方が甘くなっちゃうんだよなあ。

            なかなか悩ましいところです。

            こつぶちゃん | comments(0) | - | -
            entry_bottom
            わんこ保険
            0

              JUGEMテーマ:わんこ

               

              今日は休業日だったので、母とこつぶちゃんを病院に連れて行きました。

              今の動物病院は、近さだけで選んだところなので、本来は歩いても5分ぐらいしかかからないところなのですが、今日は雨が降っていたので贅沢にも父の運転で送ってもらいましたw だってこつぶちゃんなかなかグラマラスだし、あんよが痛くてちょっと歩くとすぐ抱っこっていうし、第一雨の中をあんなモフモフ連れて歩けませんて。

              前飼っていたパピヨンの若ちゃんは、雨でも果敢にお散歩に突撃する子でしたが、そのようにしてお散歩して帰ってくると、泥水が跳ねておなかがものすごくどろっどろになっちゃうんだよね。こつぶちゃんは若ちゃんよりももっともっと毛が多いので、悲惨なことになりそうです。

               

              もとい。

              今日の受診は、先日やったワクチンが効いているかどうかの血液検査の結果を聞きに行ったのですが、もう一つ目的がありました。

              こつぶちゃんのおなかにできている膨らみを手術するかどうかを決めるというものでした。

               

              母曰く、こつぶちゃんのおなかの出っ張りは、避妊手術を内視鏡でしたときの傷口のあたりで、それが原因に違いない…とのことで。

              本当のところはどうだかよくわからないのだけど、病名をつけるといわゆる臍ヘルニアになるそうです。

              どっちにしろ、放置していてそのうち腸が出てきちゃったら命に係わるそうだし、やるなら早い方がいいでしょ…と思い、お願いしてきました。こつぶちゃん来月入院・手術決定です。

              ついでに歯石周りも処置してもらうことにしましたので、スポンサーたるパタ的にはかなりドキドキです。

              でも、お高い動物保険に入っているから大丈夫…!と思っていたのですが…。

              帰宅してから調べたところ、臍ヘルニアにも歯石ケアにも、保険はきかないそうなのです…。

              ということは、カードの限度額を超えちゃうような大金がかかってしまいそうです…。

              怖い…こつぶちゃんはなんだかお金のかかる子だけど、そんなトリッキーなことをしてくれなくてもいいじゃないの…。

              でも、やらないで済むことでもないし…。

              ということで、多分来月パタは、いつもよりしおしおと過ごすことになりそうです…。つらい…。

              こつぶちゃん | comments(0) | - | -
              entry_bottom
              こつぶちゃんのあんよ
              0

                JUGEMテーマ:わんこ

                 

                今日は母とこつぶちゃんを連れて、近所の動物病院に行ってきました。

                今日のところの本題は、そろそろ季節なのでノミ・ダニの予防薬と、ワクチン接種と、狂犬病予防注射です。

                しかし、そこに通ってしっかりカルテも作ってもらっているこつぶちゃんのことを先生が真っ先に気にするのは、おなかのでべそと、あんよの様子でした。

                 

                母曰く、こつぶちゃんのでべそは避妊手術をしたときに開けた穴が問題だ!…とのことで。

                それが本当かそうでないかはわからないのですが、とにかくこつぶちゃんのおなかには柔らかい出っ張りがあり、すでにでべそと形容するにもおこがましい大きさになってしまっています。

                多分中身は脂肪だろう…とのことですが、このまま放っておいていずれ腸などが脱出してしまうと、最悪命に係わる…ということで。

                多分近いうちに手術が必要です…。

                 

                そしてあんよなのですが。

                こつぶちゃんは毛がモフモフ過ぎてパタは前足を引きずるのしか気が付かなかったのですが、先生曰く後ろ足が両方とも関節が外れてる…だそうで。

                これも手術したほうがいいんじゃないか…とおっしゃるのですよ。

                パタが恐る恐るお値段はいくらぐらい…?と聞いてみると、両足しなくちゃいけないから、6〜70万円とかいうステキなお値段が…。

                さらに、でべその手術も足し増すとざっと100万円ぐらいになっちゃうんじゃないでしょうか…痛い、痛すぎる…!

                でも、いつまでもあんよが痛いんじゃかわいそう…と思ってかなり迷っていると、整形外科の本家の先生に診てもらってからまたお話ししましょう…ということで、採血も含めてこつぶちゃんは先生に拉致られてしまいました…。

                しばらくして戻っていらした先生のおっしゃることには、こつぶちゃんのあんよはすでにかなり悪くて、膝の関節だけじゃなく大腿骨も曲がっちゃってるらしいのです。

                そしてそれを手術しようとすると、骨を切らないといけなくて、それはまたかなりな大手術になり、そしてその上きっちり治る保証がないという…。

                なので、ダイエットを中心に対処することで、手術はしない方向で…とのことでした。

                パタのお財布的にはかなりほっとしましたが、それにしてもこつぶちゃんずっとこのまま、一生あんよが痛いまま過ごすのかと思うと、また別のところがずきずきうずきます。

                小型犬があんよが悪いのはよくある話だというのは知っていますが、ほかの子たちはこんな深刻な話になったことはなかったので、なんだかもう本当に、胸が痛むのでした…。

                とりあえずもう本当にダイエットさせなくては…! ポメの癖に5キロもあるんだもの…。

                多分こつぶちゃんよりも両親にスパルタにしなくちゃいけなくて、その辺も又頭が痛いのでした…。

                こつぶちゃん | comments(0) | - | -
                entry_bottom
                いっちょ前に
                0

                  JUGEMテーマ:わんこ

                   

                  パタがこつぶちゃんを命名したときには思惑がありました。

                  うちに代々飼っているワンコたちは、みんな名前通りの子に育つのです。

                  元気嬢はとっても元気な子だったし、若はまさしくプリンス気質で美しくわがままでした。

                  ならば小さい名前を付ければスリムに小さく育つのでは…と思い、いろいろ考えた末にかわいらしく小粒と命名したのです。

                  ちなみにこのこつぶちゃん、どこかの子とかぶらないように、珍しいめの名前を選んだつもりだったのですが、結構かぶりまくるのでした…。

                  もとい。

                  それなのに、こつぶちゃんたらうちの代々の子たちと同じように太りまくっていくですよ…。

                  まあ、うちのワンコたちが太りまくるのは、ワンコたちのせいではなく、だらしなくおやつをあげまくってしまう家族のせいだというのはわかっているのですが…。

                   

                  でも、こつぶちゃんの場合太ってしまうと心配なのは、あんよが悪いこと。

                  左の前足が、直立していても斜め前を向いてしまうようになっているのです。

                  加えて、獣医の先生によると後ろ足も悪いとか。後ろ足は豊かな毛に覆われて見えないので、悪いのが気が付かなかったのですが、先生は前より後ろの方が悪いとおっしゃるのです。

                  なので、体重を減らすことは大前提になります。

                  そこで最近母がなんか妙に張り切りだしまして。

                  パタは大枚をはたいてダイエット用のドッグフードを購入しました。

                   

                  こつぶちゃんはもともとうちに来る前にも、この子は食が細いから…とか言われて、なかなか渡してもらえなかった子なのですが、うちに来てからはそれはどこのこつぶちゃん…?と思えるぐらいなんでも貪り食う子になりました。

                  なので、ドッグフードなんて今まであんまり深く考えなかったのですが…。

                  どうもその、お高いダイエット用の鹿肉のフード、こつぶちゃんのお口に合わないようで…。

                  それだけ盛り付けるとイヤン…となって食べないのです…。

                  いくらダイエットと言っても、絶食ダイエットはかわいそうすぎる…。

                  なのでパタは、ついこの間買ったばかりのドッグフードをまたしても買い足すことになってしまいました。ええもちろん、以前のよく食べてくれるやつですよ。

                  こっちの方が全然安いのに…お高いものの方を拒むというのは、親孝行なのか、それとも親譲りの貧乏舌なのか、悩ましいところです。

                  いずれにしろこつぶちゃんのいっちょ前の好き嫌いで、パタの乏しい懐はまたしても激痛にさいなまれるのでした。勘弁してよね、まったく…。

                  こつぶちゃん | comments(0) | - | -
                  entry_bottom
                  ヒヤヒヤで
                  0

                    JUGEMテーマ:今日のこと

                     

                    テレビを見ると定期的に小池都知事が出てきて外出を自粛してくださいというし、区から宣伝カーみたいな車がやってきて、今日は一日お家にいましょうっていうし。

                    パタはもともとインドア派なので籠るのも全然大丈夫なのですが、今日は家族でヒヤヒヤしながらホームセンターに行ってきました。

                    こつぶちゃんのトリミング、もう限界だったんです…。

                     

                    ワンコのトリミングなんてそれこそ不要不急だと思う。でも行っちゃうのは、こつぶちゃんが毛量が多くて、伸びてくるとかわいいかわいくないよりも、トイレの時に色々汚れちゃうから。

                    尾籠な話で恐縮ですが、特にお尻の方は伸びてくるとお釣りを付けたまま歩き回り、名実ともに小粒爆弾を投下することになるからです。

                    一応、こつぶちゃんがトイレに行くたびに気を付けてはいますが、やっぱり気が付かないところでいたした場合なんかは、さりげなく廊下にうんちょすが落ちていたりします…。しばらくないけど、そういうのをうっかり踏んでしまった時の切なさ…。

                    相変わらずそんな理由で我が家では100円ショップのスリッパから卒業できずにいます。

                     

                    そんな理由でまあホームセンターに行ったわけですが、通常と変わらずの人出でした。多少いつもよりは空いているのかな…家具売り場が閉鎖していましたが、ほとんどの人は家具じゃなくて洗剤などの日用品がほしくてやってくるんだもんね。

                    パタは透析をしている上に気管支辺りが弱いし、両親ともいい年齢なのでなかなか恐怖の人混みでした。

                    まあ…これでこつぶちゃんも来月ぐらいまでは清潔でかわいくいてくれると思うので、それまでに何とかなるといいなあ…と夢を抱いております…。

                    本当に、パタの生きているうちにこんな大事件が身の回りに起ころうとは思ってもみなかったよ。

                    早く収束しますように…。

                     

                     

                    こつぶちゃん | comments(0) | - | -
                    entry_bottom
                    不満らしい
                    0

                      JUGEMテーマ:わんこ

                       

                      こつぶちゃんを迎えた時、パタは色々調べてこつぶちゃん用の部屋を購入しました。

                      そうまさしく部屋。普通のペットゲージなのですが、トイレと寝床がわかれていたほうがしつけが入りやすいというので、L版のシーツが普通に一枚敷ける大きさの小部屋と、その隣にその小部屋が二つ入るスペースをそれぞれ柵で囲ってある代物です。

                      最初にこつぶちゃんを入れた時には、こつぶちゃんはそこで走り回れる大きさでした。今はかなりミチミチになりましたが…。

                      でも、何にも考えずにその檻を買ってしまったため、大きな誤算がありました。

                      あまりにもでかすぎて、掃除が全くできないのですよ…。

                       

                      先代の若ちゃんはこつぶちゃんの倍はあるデカパピでしたが、その彼が使っていたトイレでもたまには外に持ち出して丸洗いできたのですが、こつぶちゃんの部屋はもう全く無理。持ち上げることもできやしない。

                      そして、そんなにでかいものが鎮座しているということで、パタの部屋もかなり圧迫されていたのです。

                      パタの部屋はもともと妹と同居するためにそこそこ広いのですが、入り口付近がそれでかなり塞がってしまい、掃除機もいちいち突っかかるし、たまに物の移動をするときなんて、体を斜めにしないと動けないありさまでした。

                      なのでパタはもうこの檻は廃棄して、新しいトイレを買おう!と思ったのですが、そこでまたしてもケチ大魔神の父からストップがかかりまして。

                      今のこの部屋の下のトレーを切って、トイレ部分だけ残せばいいじゃないか…というのですよ。

                      で、今日父がなんだか楽しそうにのこぎりだのペンチだのを持ち出してギコギコやっていまして。

                      パタが透析の病院から帰宅したころにはトイレ部分と水を飲むためのペットボトルの装置をつけるための檻の一部分だけが残ったすっきりした仕様になっていたのですが…。

                      こつぶちゃんはどうにも不満顔です…。

                       

                      まあこつぶちゃんにしてみたら、あたちのお部屋が! なくなっちゃったじゃないの!とでも言いたいところでしょう。

                      いつもなら母のお布団にもぐりこんだり、自分用のお座布団でまったりしているのに、そのトイレのわきにずっと座り込んでしんねりパタの顔をにらみつけているのです…。

                      まあでもこれで、清潔なトイレが保てるんだから感謝してほしいところなんだけど…やっぱりこつぶちゃんにはそんな道理はきかないか。

                      しばらくはこつぶちゃんのブーイングに耐える日々を迎えそうです…。

                      こつぶちゃん | comments(0) | - | -
                      entry_bottom
                      shelf
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search