うちの子は
0

    JUGEMテーマ:わんこ

     

    今日は久しぶりに透析にVitaを持っていきました。

    ちびちびやっている「古書店街の橋姫 々」なんというか、ノベルゲームにしてもものすごく分岐が少なくて、本当にただ読むだけみたいなゲームではあるのです。でも、ストーリーが結構よくて、声優さんたちもそれぞれよくて、割と楽しみな作品ではあります。

    ただ、やっぱりVita重い…片手で本体を持ちつつ操作をするとなると、スマホに比べてだいぶ負担です。

    なので最近は、もっぱらスマホゲームばっかりやっていたのですが、久しぶりに面白い!と思えるゲームにあたったのだから、まじめにやらにゃ…と思った次第。

     

    パタのリュックには、もろもろの荷物を詰めたらVitaを入れる余裕がなくなってしまうので、持っていくときは小さなショッパーに別に詰めて持っていきます。するとそれをそのまま持ち込んで、透析の時の楽しいおもちゃ袋にできるのです。

    今日は、透析が終わって片づけをして、いろいろ詰めたものをまるっとベッドに忘れてしまいまして、更衣室まで技師さんに届けてもらっちゃったのでした。

     

    パタは更衣室に着くとまず帰るコールします…ああ〜なんかこの言葉も死語だな…まあとにかく、電話を掛けるわけですよ。

    うちの両親はなかなか電話に出てくれないので、今日も10コールぐらいしたらやっと出てくれたのですが、ちょうど出たその瞬間に、技師さんがそのバッグを持ってきてくれたのでした。

    当然電話は放置で、とりあえずお礼を言いまくっていたら、電話が切れちゃいました。

    しょうがないのでもう一度かけてみると、いつものことなのですが、電話の向こうでこつぶちゃんがものすごい勢いでギャンギャン吠えていてびっくりしました。

    いつも聞こえているけど、2度目となるとその度合いがものすごく増したようで、こつぶちゃんにしたら焦っていたのかもしれませんが。

    父が自動車で透析終わりに迎えに来てくれるのに、こつぶちゃんを伴うようになってだいぶたちますが、父曰く、こつぶちゃんは自分でパタちゃんを迎えに行っているつもりらしい…だそうです…。

    うん…確かに毎度迎えに来てもらってるけど、こつぶちゃんが来ると毛だらけになるし、荷物にもなるしで、結構大変なんだぞ…といっておきたい。

    まあ…かわいいのでそれらすべて帳消しですが…。

    とにかくまあ、パタのお迎えはこつぶちゃんの叫び声とともに…と、これだけ言いたかったのでしたw

    わんこ | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    かわいそうだ
    0

       

      今なんかニュースが面白いので、会社のお昼休みで楽しいおしゃべりの途中でもついテレビに興味がそれちゃったりします。

      森友学園のいざこざは、本来の問題点を通り越してなんだか壮大な展開になってきたし、オウムの死刑囚たちがあちこちに移送されたというのも興味深いです。やっと、…人の死を願うようなことを言ってしまうのはいけないことかもしれませんが、やっと死刑執行されるのでしょうか。彼らがしてきたことから思えば、遅すぎるようにも思います。あんな人たち、特に麻原彰晃をいつまでも税金で養っておくのは本当に業腹です。

      でもまあ、パタの一番の興味はそんな大それたことじゃなくて、ユナイテッド航空で正規の手続きを踏んで手荷物として持ち込んだのに、客室乗務員に無理やり頭上の棚に上げさせられ、結果死んでしまったフレンチブルちゃんについてです。

      関係者でもないのに怒り狂っております…。

       

      皆さんの関心も高いようですが、フレブルちゃんと言えば日本ではかなり飼いにくい犬種として有名です。暑さに弱いし、皮膚も弱くてしょっちゅうお医者さんのお世話になるのだとか。

      パタも一時フレブルちゃんが欲しくて結構調べたのですが、結論としてはうちでは無理…となりました。大きさもそこそこ大きくなりますし、うちみたいに暑い家ではそんな暑さに軟な子はとっても無理です。

      鼻が短いから、飛行機に乗せるの自体かなり難しいようです。気圧の問題でしょうか。日本の航空会社でも制限があるようです。

      特に今回の事件の子はまだ子犬だったこともあって、なおさら弱かったのかもしれません。でも、飼い主の人たちは、それで心配だから面倒な手続きときっとプラスαの料金を支払って客室に持ち込めるようにしたのに、スタッフの無知でその配慮がすべてぱあになるとか、あり得ないです…そういうケースが珍しくてわからないなら、日本の航空会社なら支持をあおげとか、必ずそういうマニュアルがあるはずですが…というか、ユナイテッド航空だってそのぐらいのマニュアルはあると思うのですが、単にその客室乗務員の素養が超低かっただけなのでしょうか。

      飼い主の人は着陸してケージをおろし、子犬が死んでいるのを見つけて泣き崩れたとのことですが、パタだって泣き崩れますよそんなん。大体の愛犬家はそうなると思います。

      いくら謝ってもらっても、賠償金をもらったとしても、もうその子は帰ってきてくれないんだから…あ、なんかパタまで泣きそうになってきちゃった。

      とにかく、もう2度とこういう怠惰で命を奪うなんてことはやめてくださいよ。本当に。

      わんこ | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      真っ白な美人さん
      0

        JUGEMテーマ:わんこ

         

        会社で隣に座っているおっとりしたOちゃんがいろいろせめいでいるようです。

        先日、出会っちゃった〜とパタに向かって訴えてきました。

         

        Oちゃんは至極大人しやかな子なのですが、その実恋多き女性らしく、今までもいろんな遍歴を見せてくれました。

        でも、今回出会っちゃったのはヒトでなくワンコだそうで。ペットショップで出会った真っ白なポメの女の子に心奪われているようなのです。

        写真を見せてもらいましたが、うちのこつぶちゃんなんか比べ物にならない美人さん。うちの子は口の悪い父でなくても、この子本当にポメか…? 将来狸になっちゃうんじゃ…というような感じの子供時代でした。

        それでも、今となっては結構みっしり毛もはえ、どこから見てもポメになりました。Oちゃんが出会っちゃったというポメちゃんは、子供のころから被毛というより綿毛…みたいな感じにみっしり毛の生えている子なので、大人になったらそりゃあさぞかし美しいポメに育つことでしょう。

        …まあうちの子が一番かわいいんだけどもね!

        そんなことで、美しい白ポメに一目ぼれしたOちゃんは、購入しようかどうしようか迷っているところだそうです。

        同居のお母さんもいい感触だそうで、あとはお住まいのマンションの規約を確認すればGOサインが出そうな勢いです。

        ただその子、美しいというのもありますが、よっぽど血統のいい子らしく、お値段がうちのこつぶちゃんの2.5倍ほどもするようです。

        うちの子だって安かったとはいえちょっと買うのに躊躇するお値段だったので、いくらOちゃんの稼ぎがよくてもやっぱりちょっとは躊躇するでしょう。

        今日探りを入れたら、Oちゃんはまだ迷っているようですが、パタはこういうのは出会いだよ〜とたきつけておきました。

        子犬なんて一日二日でどんどん成長しちゃうし、そんな美しい子なら、もしかしてすぐ他に買い手が付いちゃうカモ、です。

        美しい白ポメ、パタもお目にかかりたいし、こつぶちゃんのお友達にもなってほしいw

        どうかOちゃんが前向きな判断を下すよう、こっそりお祈りしているところですw

        わんこ | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        …野望がw
        0

          JUGEMテーマ:今日のこと

           

          最近あんまり興味ある番組がないのでテレビはあんまり見ません。

          透析のときには眠くならないのが大前提で、退屈なテレビを見ていると寝てしまうので番組選びにはいつも腐心します。漫画や小説も持ち込むけど、4時間ずっと片手をあげて本を支えているのはちょっとつらい…。

          でも今日は、最初から最後まで目をキラキラさせ、忍び笑いを漏らしつつ、楽しくテレビを見ることができました。

          ペットの投稿ビデオの番組を見ていたのです。

           

          パタはずっと動物好き…と思っていましたが、どうやら犬猫好きらしいです。サファリでたくましく生き抜く動物たちの番組なんかはいろいろモヤモヤしてしまってあんまり見られません。食われる草食動物はかわいそうだけど、肉食獣だって生きるためには必死だよなあ…とか思っちゃうからです。

          その点、飼われている犬猫にはそういう差し迫った命のかかった危機などはなく、その分安心して見られるというものです。

          顔出しパネルから3匹そろって顔を出すプードルちゃんとか、お手をするとき超怖い顔になっちゃうラブなんかものすごくかわいかったです。

          しかし、数ある投稿ビデオを見ていると、なんだかむらむらと野心がわいてくるというか…。

          こつぶちゃんもなんか…!と思っちゃうのです。

           

          ところで、若はものすごく芸達者な子で、何か教えるとあっという間に覚えたので芸のバリエーションもたくさんありました。

          でもこつぶちゃんはあんまり覚えてくれないのです…今までワンコに芸を仕込むときに苦労したことがなかったので、こつぶちゃんはもしかすると歴代のワンコの中でも一番のお馬鹿ちゃんかもしれません…トイレのしつけさえきっちりできればいいから、芸を教える必要はないのかもしれないけど、お手すら怪しい有様。

          それに比べると若は、ドアも開けたしお手お代りに欲しい人、ゴロンまで嫌々ながらやってくれました。

          あの顔出しパネルも多分、おやつで釣ればあっという間に仕込めそうです。

          そういう覚えがあるから、こつぶちゃんにも何か…と思っちゃうのですが、今のところこつぶちゃんはむやみにかわいいだけの、本当の意味での愛玩犬に過ぎません。

          うーん、パタがもっと努力すべきかなあ。でも、ものすごくかわいいだけでもう他には何にもできなくてもいいような気もしてしまう親ばかではあります…。

          とはいえ、この野心、もうちょっと何とかしてみたいような気もしていますw

          わんこ | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          帰ってきているのかな
          0

            JUGEMテーマ:ペット

             

            パタは心霊的な能力も感性もないとは思うのですが、実のところ割と不思議な経験は結構しています。

            もしかして普通のことなのかもしれないけど、大人なみんなはそんなことは口に出さないし、多分起こってもまず信じないのでしょう。今でも、なんとなく自宅の中にも気持ちの悪いところはあるし、どうにも説明のつかない物音を聞いたりしたこともあります。

            でも、そういうのがすべて怖いとか嫌な思いをするわけでもないのです。

             

            実は、今月11日は愛犬若ちゃんの命日でした。

            パタは毎日、過去の今日、何があったかブログで確認する癖があり、それで当日から今日は若ちゃんの命日だな…とは思っていましたが、もう2年も経つのだし、こつぶちゃんもいるし、あんまりいつまでも懐かしがって呼ぶことは故人にとってはよろしくないことだ…などとスピリチュアルな方面から聞いたりもしたので、特に何にもしていなかったのです。

            でもどうやら、若ちゃんは我が家に帰ってきてくれているようです。かなり嬉しいです。

             

            なんでそんなことを思うかというと、エアコンを効かせてあるので閉め切った部屋の引き戸の向こうから、ワンコの呼ぶ声がするのです。鼻を鳴らしてクンクンいう、甘えた声が。

            てっきりこつぶちゃんが入って来るのかと思って開けてみても誰もいないのです…もしかしたら、パタがその引き戸のところに歩く数秒の間にこつぶちゃんが足音を忍ばせて階段を下りて行ったのかもしれないけど、そういう可能性はかなり低いです。

            ということは、パタの聞き間違えでなければ、若が開けてほしいとねだったということなのです。

            なんかうれしくて切なくて、何にもいない空間に向かってつい、入っておいでと甘やかす声を出してしまうパタなのでした。

             

            わんこ | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            臨時で
            0

              JUGEMテーマ:今日のこと

               

              火曜日と木曜日は透析に行かずに商店街を経由して自宅に帰るので、ひそかにお買い物を楽しむ日になっているのですが、今日は予定外のお買い物でした。

              こつぶちゃんのチッチシートですよ…。

               

              先代の若のときからパタの部屋にワンコのトイレが同居するようになってしまい、尾籠なお話ですが、特に夏場なんかはちょっと油断すると結構においます。

              本当はチッチシートも頑張って炭の入ったりしている消臭タイプの奴を使えばいいのかもしれないけど、頻繁に替えるので、Amazonですごくお安いやつを買ってます。

              それが、二月に一度、超薄型で200枚入っている奴が来るのですが、どうやら今回は足りなくなっちゃいまして。

              まあ…こつぶちゃんも育つし、部屋も臭くしたくないので、しょうがないのですが…。

              なので、今日は日々の楽しみのお買い物をそれにしたのですが…。なんというか、でかい。

              結構持ち重りもするし、それ1個でもう他のものは勘弁…という感じになっちゃいました。

               

              とはいえ、同じペットグッズ屋さんでは、こつぶちゃんにヘルシーなおやつと、あとは目の周りを拭くシートも買ったのですが…。

              おやつはともかく、涙やけ用シートは大不評でした。こつぶちゃんはかなりの甘ったれで、おなかを上にして抱き上げられても全然平気なのに、かわいいお顔の鼻に思い切りしわを寄せてガウガウ噛みついてきましたよ…。

              目ヤニ、固まっちゃったらもっと厄介でしょうに…。何とか慣らすべく、全然関係ないところを拭いて今日は終わりでした…。

              いつになったらすっきりしたこつぶちゃんになるの…。

              本当は、プピプピ鳴るおもちゃも欲しかったけど、なんだかあそこの店のはどれもこれもあんまり鳴かないのでした。

              展示時間が長すぎて、ちょっとバカになっちゃってるんですかねえ。

              まあ、今日のところの大本命のチッチシート、いつも使ってるやつの倍のお値段なんだから、ちょっとは機能的に働いてほしい物です。

              多少はにおいの軽減することを祈ります。

              わんこ | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              いっちょまえに
              0
                JUGEMテーマ:わんこ

                我が家のニューフェイス、こつぶちゃんは、先代の若に比べるとかなりフレンドリーな子で、犬にも人にも割と穏やかに接します。
                若は初対面の人にはまずウー発動で、決して撫でさせることはなかったのに、こつぶちゃんは自ら寄って行っちゃう気安さなのです。
                年齢とか性別とかの差はあるかもしれませんが、同じように育ててきているはず…と親ばかの飼い主たちは思っているので、やっぱり素質はあるのかもしれません。
                でも、飼い主たちは順当に年を取っているので、若に対するよりはだいぶ丸い対応をしているかもしれません。
                母なんて、結構クールな人なのに、こつぶちゃんがかわいくてしょうがないらしく、しょっちゅう「どうしてこんなに可愛いの〜」とか言って撫で繰り回しています…。
                …まあパタも似たようなもんですがw

                ところでこのこつぶちゃん、結構噛み癖があるのです…。
                子犬だから力はないんだけど、乳歯がみんな針みたいにとがっていて痛いのです。
                何か訴えたいときにはとりあえず噛みついてアタックしてきます。本人は楽しく遊んでいるつもりなんでしょうが、歯を当てられるこっちはたまったもんじゃありません。
                それも、指先とかを噛みつくならまだわかりますが、腕とか脛とか、こつぶちゃんにしたらかなり平面なところも平気で歯を当ててきます。
                それで今日も、遊んで遊んで!とぶら下がってきて、ついに手首をカチッとやられてしまいました。
                数ミリ程度の傷ですが、出血しましたよ…。

                こんなにフレンドリーな子が噛み癖があるとかなり恐ろしい。
                パタたち家族が負傷している分には構わないけど、よそ様を噛みついたりしたら大事です。
                躾なおさねば!とは思っているものの、言葉の通じるわけじゃなし。
                今日はその噛みついた直後に、ハウスに強制送還しました。いつもならもっと長く遊ばせてあげるんだけど、これも躾の一環と思いまして。
                するといっちょまえにしょんぼりしているのですよw
                しょんぼりするなら、こういう方向で躾ければいいのかなとは思いますが、あとは両親の協力を取り付けるのが難しいです。
                とにかく、甘ちゃんの飼い主になっちゃっているから…重々言い聞かせるのは、親の方が先かもしれません。
                今日だってそうして閉じ込めた直後に「お手がちゃんとできるようになったの! か〜わいいんだから〜!」と母がおやつを振舞ったりしていて…。
                子犬の躾も親の躾も、なかなか難しいです…。
                わんこ | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                なんじゃそら
                0
                  IMG_0133.JPG
                  ちょっとピンぼけだけど今日のこつぶちゃん。だいぶ大きくなりました。

                  今日は、こつぶちゃんを購入したペットショップに血統書が届いたというので、お買い物がてら取りに行ってきました。
                  今日のお買い物は、写真にも写っている白いペット用のクッション二つとおもちゃ二つ、あとエサを2種類です。
                  こつぶちゃんよく食べてくれるので、エサの消費が早いです…。懐もなかなか痛みますが、まあしょうがないっすね…。

                  難航しているトイレトレーニングですが、今回は居住スペースにクッションを二つ敷き詰めちゃう作戦です。クッションにならさすがにチッチしないかな…と言う目論見なのですが、どうでしょうか。
                  そして、失敗しちゃった際にも目立ちやすい白をチョイスしました。色々買ったんだけど、うっかりグリーンやベージュを買った場合には、失敗しちゃっても全然わからないということに気が付いてしまったので…。
                  まだ半日ほどですが、今のところ失敗なしです。このまま行ってほしいです。

                  そして、帰宅してからワクワクと血統書を見てみました。
                  こつぶちゃんの生家でこつぶちゃんの本名ともいえる名前を登録してあるのですが、それがなんだろうと楽しみだったのです。
                  しかし、なんというかがっかりな名前が付いていました…。
                  MOMOKUROちゃん、…モモクロちゃんて、なんじゃその名前…。
                  パタんちでは愛玩犬を繁殖したり、ましてやコンクールに出したりする予定もないので、わざわざお金を掛けて登録をして、名前を付け替えることなんてしないのですが。
                  …初めてお金を掛けて付け替えようかと思っちゃいましたよ…。
                  頼むよブリーダーさん、適当な名前を付けないでね…。
                  わんこ | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  ドはまり
                  0
                    JUGEMテーマ:ペット

                    我が家のニューフェイス、ポメラニアンのこつぶちゃんもずいぶん大きくなりました。
                    10月生まれなので、まだ4か月だからまだまだ赤ちゃん…とは思うけど、初めて見た時よりもだいぶ大きくなってます。
                    うん、とりあえず片手でつかむのが難しくなってきたw
                    難題のトイレの躾も、1階ではだいぶ失敗例が少なくなってきました。もうちょっとの辛抱でしょうか…。

                    こつぶちゃんは多分、ポメラニアンの標準的な容姿から比べると、やや劣ると思われます…。
                    毛色がヘンなのもあるけど、鼻が平均的なポメよりだいぶツンととんがっていて、犬以外の動物みたいに見えます…。
                    そして被毛。色もイマイチですが、なんというか、薄毛…。
                    我が家はみんな薄毛だからと言って、愛犬まで薄毛になることはないと思うんだ…。
                    愛犬若は、とてもハンサムな子で、どこに出しても恥ずかしくないイケメンだったけど、こつぶちゃんに関してはそういうわけにはいかなそうです。
                    でも、想定外だったのですが、そのやや劣る容姿のこつぶちゃんに母がドはまりしています。
                    いわく、どうしてこんなに可愛いの〜だそうでw
                    仕草が愛らしいと、目に見えるようなハートマークを飛ばしてますw

                    まあ確かに、両手を上げてチャイチャイしている姿なんてもう愛らしくて、おしっこ臭い…と思いつつも頬ずりしちゃうかわいらしさですが。
                    母は何というか割とクールな人で、若やその前の子たちのときにも、そんなに諸手を上げて可愛い可愛いと連呼することはなかったのです。
                    うん…まあ、母も年を取ったということかもしれないけども。
                    予定外の反応で、パタはほっとしています。
                    ちょっと覚えの悪いこつぶちゃん、これでかわいくない…となったら、ほとんど面倒を見てくれている母に申し訳ないじゃないですか…。
                    パタは不出来な娘で、両親に孫を見せてあげることができなかったけど、愛らしいワンコにその代りを何とか努めてもらえそうです。
                    …これであとは、トイレの躾と噛み癖の矯正だな〜。
                    まだ先は長いですが、かわいいこつぶちゃんのと両親のためなので、何とか頑張りたいと思います!
                     
                    わんこ | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    苦戦中
                    0
                      JUGEMテーマ:ペット

                      我が家の新アイドル、こつぶちゃんを迎えてもうすぐ二月ほどになりますが、ただいま家族で苦戦中です。
                      尾籠な話で恐縮ですが、こつぶちゃんのトイレトレーニングです…。

                      こつぶちゃんには大きな檻をあつらえて、そこを居住スペースとしています。
                      この檻、3分の1ほどのスペースを区切ってあって、そっちはトイレ専用なのです。
                      そっちの方がトイレトレーニングが簡単にできる…と言う噂だったのですが、どうもうまくいきません。
                      学ばなければならないのは人の方も一緒で、どうやらこつぶちゃんはシーツが汚れていると嫌らしい…と言うことが最近分かって、ちょっともったいない…と思いつつ、早め早めに交換しておりますが。
                      居住スペースの方にもチッチシーツを敷いてあるのが悪いのかなんなのか。
                      どうもそっちにもしてしまって困っているのです…。

                      こつぶちゃんのトイレは1階にも作ってあって、そっちはどうやら何とかできるようになったようなのですが、この居住スペースの問題が大きいです…。
                      だって今だって、取り替えたばかりのシーツに5分も経たないうちに新しい奴が…。
                      大きなシーツは最後の1枚を敷いて、次のは買ってないので、何か工夫をしようかと思っているのですが、何をどうしたらいいやら。
                      敷き物をしたって、こつぶちゃんの感覚ではチッチシーツと大差ないだろうし。
                      本当に悩ましいです…。パタだってこつぶちゃんのにおいが充満する部屋はイヤン…。
                      多分、つきっきりで面倒を見てあげないのが悪いのだとは思うけど、なかなかそういうわけにもいかず。
                      こんなところで子育ての苦労をするとは思わなんだ。
                      早くきっちり覚えてほしいです…。


                        よろず暗やみ解決屋 戦国敗者の復活ゲーム (角川ビーンズ文庫)
                      読書報告。時田 とおる著「よろず暗やみ解決屋 戦国敗者の復活ゲーム」読みました…。

                      うん、まずは角川ビーンズ文庫に期待をしたことが間違い。この文庫は、パタのようなイイオトナが読むにはライトすぎるでしょ。
                      ついで、この軽やかな副題に気が付かなかったのが次の間違い。今ポチポチしながら、あんまりな副題のネーミングにたはー…ってなったもん。
                      てゆーか、ここまで題名と本の中身の一致してない本も珍しい。結果的に色々解決しました、ってことなのかもしれないけど、屋が付くってことは少なくとも自ら進んで解決に赴いたと思うのが普通じゃない? なんなのこれ。
                      まあ平たく言えば、とても面白くなかったっす。
                      軽やかな台詞回しでヘラヘラ笑えるのだけど、だから何…と言う感じしか残らない。
                      重ねて言うけど、この題名で転生ものだとわかる人って本当にいないと思う。
                      転生ものが悪いっていうんじゃないよ。でも、転生したらみんな同年代で、しかも近場に密集して転生するって、どう考えてもおかしいっしょ。
                      ストーリーもありきたりでつまんない。
                      更に挿絵が酷い…誰が誰やらわからんのが、ほぼ全員真正面からのバストショットばっかりの挿絵って一体何なの。挿絵する意味があるわけ?
                      ただでさえ本を読んでいて挿絵が入ると恥ずかしいんだから、せめて見て麗しい絵にしてくださいよ…。
                      いろいろ文句を言ってしまいました。若人が楽しく読む本に、オバサンが介入してはいかんのだ…と言うことで一つ。
                      わんこ | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                      shelf
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search