ちょ…
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    先日、透析中に突然血圧がめっちゃ下がってピンチを迎えたのですが、なんか今同じような症状が出ています。

    今計ってみたら、血圧は最低ってわけじゃないけど結構低い。透析離脱してからこれだけ低ければ立派に低血圧です。

    思い当たることといえば…先日、フレンドリーな先生に新しく処方していただいた便秘薬です…。

     

    先生は朗らかに、妻も使っています!と自信をもっておススメしてくださったのですが。

    なんでも、従来の便秘薬が腸を動かすものに対し、これは便そのものに水分を含ませるよう働きかけるものということで、効き目が穏やかなのだそうです。

    でも、穏やかというか、あんまり効かないし、そういえば昨日も異様なのどの渇きで目が覚めたので、パタにはこの薬向いてないみたい…。

    その上こんなに気持ち悪くなっちゃうんじゃ、いくらほかの方にはいい薬だとしても、パタはやっぱりラキソベロンでいいですわ…。

    あー、ちょっと遊んでから寝たかったんだけど、やっぱり早く寝よう…。

    まさか便秘薬に睡眠を促されるとは思いませんでした。

    てなことで、短いけどこの辺で…。

    人工透析 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    具合悪い
    0

      JUGEMテーマ:透析腎不全

       

      人工透析といえば、最近のニュースで、医者に透析をやめることを勧められて亡くなった方たちが20人以上もいるということで騒ぎになっているようです。

      いくら透析人口が近年かなり増えたとはいえ、やっぱり透析している人なんて身近にあまりいないからでしょうが、大したニュースになっていませんが、最初に話題になった方は44歳とのこと。44歳ならまだ若すぎると思います。

      色々条件もあったようだけど、近々に孫の誕生というものすごくうれしくて楽しみなイベントが待っていたにもかかわらず透析中止を承諾してしまったということは、もしかするとこの人は透析しなくなったら100パーセント死ぬということがわかっていなかったんじゃないだろうかと思います。

      それか、説明をしたという医師が意図的にその辺のことをぼかしたとか…。パタが透析を導入したのはもうかなり前の話ですが、その時にも栄養の話や生活の話など、かなり長い時間説明に割かれました。

      その辺のことを端折って透析中止を決定したとしたら、これはかなり悪意ある殺人と言わざるを得ない。そんなことで20人以上もの命を絶っていいものでしょうか。

      いや、そりゃパタだってね、自力で体重計に乗ることすらできないようなお年寄りに透析を勧めるのもどうよ…と思わないでもない。でもまだ40代なんて、これからいくらでも何とかなるでしょうよ。

      尊厳死を進める立場から、家族のちゃぶ台返しが一番困る…などと言っている方もいらっしゃるようですが、それなら最低限確実に安楽死を迎えさせてあげなくちゃだめじゃないの。彼女が最後に残したラインを見る限り、もがき苦しんで亡くなった様子がわかります。

      入院先でなんでそんなことになるの…。

      そんな病院にかかってなくてよかったと思うと同時に、ぜひ厳罰を下していただきたい所存です。

       

      ところでパタは、とても調子悪いです…。

      今日も透析中断してトイレに行かせてもらいましたが、その前に急に血圧が下がってしまい、本当に最近まれに見るピンチでした…実は今もまだなんか変。胸がうまく広がらなくて、深い呼吸ができないの…。

      一晩寝たら治るでしょうか…。

      仕事忙しいので、またしても肺炎とか、本当にやめてほしいところです…。

       

      人工透析 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      なんだろう
      0

        JUGEMテーマ:今日のこと

         

        最初にお断りしておきます。今日のお話は少々尾籠です。

         

        なんかここの所でトイレのリズムがくるってしまいまして、便秘と下痢気味を繰り返しております。

        毎日ラキソベロンを飲んでいるのですが、調子のいいときは8滴ぐらいでも効くのに、ここの所倍量飲んでも今一つ…。

        で、今日はお通じのいい日だったのですが、問題は透析を始めてもそのお通じの良さが収まらなかったことで。

        もちろん、透析を始める前にはちゃんとトイレに行くのですが、今日は中断してトイレに行かせてもらっちゃいました。

        しかも今週2回目…確か月曜日にも一度離脱したんですな…。

        まあ、看護師さんたちは、行く人は毎回行く、などと言ってくれるのですが、やっぱりなんか恥ずかしい…。

        それで、しばしトイレでうなったのですが、今一つすっきりしないまままたベッドに戻りました。

        そうしたら、なんか様子がおかしいのですよ。

        なんというか…おなかの中が冷たいのです…。

         

        今頃になってつらつら考えるに、これって腸がうまく動いてないんじゃ…という気がします。

        まあたぶん、明日には全快するでしょうが、明日は明日で美容院に行こうと予約を取っているので、それも又困る…。

        なんというか、一日の決算はせいぜい翌日には終わらせたいというか。

        こんなことで後々引きずるのは本当に勘弁です…。

        うちに帰ってかわいいこつぶちゃんがモリモリ食べてモリモリ出すのを眺めながら、お前は一日に何度も出ていいねえ…などと一人ごちたりするのでした…。

        人工透析 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        おおう
        0

          JUGEMテーマ:透析腎不全

           

          具体的な数字を挙げるのはちょっと気が引けないでもないけど。

          パタはこの1月で透析導入から満30年を過ぎました。厳密にいうと、母の移殖腎をもらって過ごしたのが5年ほどあるので、30年には満たないのかもしれませんが。

          とにかく、もう透析導入しなければヤバイ…と思っていたころ、不遜なお話ですが、昭和天皇も具合が悪く、パタが透析導入になるのが先か、昭和が終わるのが先か…と思っていました。

          昭和天皇が崩御されてややあって透析導入した形です。

          考えてみると、もう間もなく平成も終わるので、パタの透析人生は平成とともにあったといってもいいと思います。

          導入当時から比べると、人工透析の機械もだいぶ変わったし、お薬なんかも変わりました。

          30年と一口に言っても、その期間には様々な変更や改革があり、パタの人生もおかげさまの連続です。

          なぜ急にそんなことを言い出したかというと、今日病院で、透析導入30年ということで、立派な表彰状と副賞をいただいてしまったからです。

           

          病院が違ったせいか、20年の時には大してお祝いもしてもらわなかった気もするし、そんなこと予期していなかったので結構びっくりしました。

          副賞の一つ、ペンは院長先生が直々にくださったそうで、大変ありがたく拝領いたしました。

          30年って一口に言うけど、パタが透析導入したころは、透析に入ったらあと20年生きられない…などと言われていたものです。

          その期限を10年以上超えても、まだ元気で、しかも働き続けていられるなんて、本当に自分の努力だけでなく、病院の皆様のお心遣いとか、一緒に暮らしている家族の協力がなければできなかったことで、各地に足を向けて寝られません…。

          うん…パタもうちょっと働きたいし、家族をすべて見送ってから自分も逝きたいと思っているので、まだまだいろいろ頑張らないといけないようです。

          とりあえず、院長先生にいただいたペンで仕事頑張ります…。

          今日は思いがけないプレゼントをいただいて、なんか舞い上がっているのでした。

          人工透析 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          はさまれた
          0

            JUGEMテーマ:透析腎不全

             

            今日は透析で、終始イライラさせられました。

            パタのベッド周りの事情についてです…。

             

            ここでも何度か書いていますが、パタのベッドは端で、手洗いシンクを挟んで壁際に予定外用のリクライニングチェアがあるのですが。

            ここの所のインフル大流行で、もっぱらそこはインフル患者の退避場所になっているのです。

            いくら数メートル離れているし、カーテンでぐるりを囲まれているからと言って、インフルなんて空気感染だし、パタはいつもいつも隣にインフル患者がいることが内心不満でしょうがないのです。

            インフルまき散らすと困るから、隔離して常にパタの周りって、パタだけは感染してもいいみたいじゃない。

            しかも今日は、反対側の隣の隣のベッドにもインフルの患者がいやがるのでした…。

             

            たぶん、避難用のベッドが埋まっているから仕方なくそこでやっているのでしょうが、そこにも衝立が立てられているのですが、その人の右と足元だけ。パタのほうには完全開放されています。

            隣のベッドはからでしたが、だからインフル空気感染なのに、そんな距離離したところで大して変わらないような気がするのですが。

            返す返すも、なんでパタのほうにはつい立てないんだろう。気休めでも、インフルの人が直接見えない工夫をしてほしい…。

            しかもそのおっさん、マスクしているものの、よく見ると鼻は全部出ているのです。

            高熱で息苦しいのはわかるけどさあ…鼻が出ちゃってたら、マスクなんてしてないのと一緒じゃん。

            思わず何度も見ては顔をしかめてしまいましたが、そのおっさんも、看護師さんたちも、パタの不満には全然気が付いてくれないのでした…。

             

            そんなことで、今日はパタ、4時間みっちりインフルに挟まれて過ごしてきました。

            もしも数日後、パタがインフルを発症したなら、絶対に透析の病院のせいだと思います…。くそう。

            人工透析 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            骨密度
            0

              JUGEMテーマ:透析腎不全

               

              今日は不本意なお休みでしたが、タイミングよく骨密度の検査に行って来いと言われたので行ってきました。

              言われたのは月曜日だったのですが、こんな急なスケジュールにも応対してくれた、透析病院スタッフと骨密度調べる病院には感謝しています。

              透析はいつも5時入室で、4時ごろから病院に行くのですが、今日は骨密度の検査が3時だったので、まず透析の病院に行き、荷物を置いて順番を取りました。そうしたら初めて1番が取れました!

              いつも1時間ほどの余裕があるのに、どんなに早くても5番ぐらいでなんか面白くない…と思っていたので、その点だけはよかったです。

               

              骨密度の検査はごついレントゲンみたいな機械に乗って、着衣のままできるので簡単です。

              なんか、子宮筋腫を取ってから音を立てるように骨密度が低くなっているので、きっとまた今回もなんか言われちゃいそうです。

              透析まで時間があったので、JAが経営しているお店でサツマイモやら干し芋やらを買い、ついでに思いついて下着を買い、飴ちゃんとハイソックスも買いました。

              今のところ、パタの足冷え対策はハイソックスが一番です。それを履いて正座しちゃえば、大体しのげます。

              サツマイモはおいしそうなのが買えたので、おいおい芋天にしてもらう予定です。楽しみ!

              今はどこに行ってもバーゲン時期なので、誘惑が多く、なんかみるみる荷物が増えていったので、危機感を覚えて病院に戻りました。

               

              1番だから!とかなり張り切って行ったのですが、なんか…穿刺する人も遅けりゃ、回収してくれる人も遅くて、いつもと全然帰宅時間が変わらないのでした。その辺不満です…。

              いつも1番に来ている人が最優先なのかな…あと、あの人が穿刺に来ると、いつもだらだらしていて遅いんだよな…。

              決して口に出して文句は言いませんが、もしかして目が怒っていたかもです…。

              まあそんなことで、代休も順調にこなせました。明日からまた会社頑張ります。

              人工透析 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              頭痛い…
              0

                JUGEMテーマ:透析腎不全

                 

                透析後、久しぶりにたいそうな頭痛です。

                これは、不均衡症候群と言って、透析をして急に体内の水分を抜いてしまったためにおこる頭痛ですが。

                透析導入したころは、本当に毎回毎回吐くほど頭が痛かったのですが、さすがにこんなに長いことやっていると少しは慣れたと思ったのに。

                今、鎮痛剤の追加をしようか悩んでいるところです。

                 

                鎮痛剤は一度飲んだら次に飲むまで4時間あけろとか、6時間あけろとか言うのはよく聞きますが、パタは1時間ぐらい我慢して、割とひょいひょい追加しちゃいます。

                だから、鎮痛剤による頭痛なんかも起こるんだけど、だって痛いの我慢しているの嫌なんだもの。

                それに、今こんだけ痛いのを、もう寝るだけだから我慢しよう…と思っても、絶対に翌日の朝まで引きずることがわかっているからです。

                まあそりゃ…体内の水分が足りなくて頭痛になっているのに、補充することもなく寝たって、治らないよなあ。

                しかも、頭が痛いからよく眠れなくて、うつらうつらしているから余計に頭痛になっちゃうし。

                会社も忙しいし、朝飲んだ鎮痛剤は寝落ちの元だから、なるべく今日のうちに治しておくのがベストなのです。

                …まあいいわけですが。最近心臓の調子が悪くて、ひそかにこれも鎮痛剤の飲みすぎのせいでは…と疑っています。

                でも、本当に痛いの我慢してるの、つらいもんねえ…。

                とにかく、健やかに過ごせて会社でもバリバリ働ければ、とりあえずの文句はないです…。

                そういう頑健な体がほしいです…。

                人工透析 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                初の試み
                0

                  JUGEMテーマ:透析腎不全

                   

                  午前中は比較的早起きして、とりあえずお掃除をしました。

                  毎年やっているアクロバティックな窓ふき、今日は日差しがあってあったかくてよかったです。

                  いや…だいぶ前から窓の桟に鳥が…たぶんカラスが…フンをひっかけてあるのに気が付いていたのですが、掃除をする時間もないし、放っておけばそのうちパリパリになってどこかに飛んでってくれるのではあるまいか…と期待して今日まで放置していたのですが、結局どうもなりませんでした。むしろ、放置したためガビガビになって、取るのに苦労した。

                  …あんまり凝視したくはなかったけど、鳥の糞なのになんか固いものがたくさん混じっていたのは何なんだろう。卵の殻とか、そういう感じのものがたくさん入ってました。いったい何を食っているんだろうか。

                  …年末に来て尾籠な話で恐縮です。まあとにかく、目標はやり遂げましたということで。

                   

                  午後からは透析。いつもならお正月関係なく毎度の時間通りに始まるのですが、今年は新しい試みで、入室時間がいつもよりも2時間も早いのでした。

                  ということは、2時間早く終わるということで、とてもラッキーです。パタは更衣室が混むのが嫌なので、少し時間をずらしていったのですが、すでにあらかたの人が来ていたようで、びっくりするぐらい後ろのほうの順番でした。

                  今日は早く帰るからね!と言っておいたので、帰宅してから年越しそばを兼ねた夕食を食べました。

                  これも、ここ数年買っている東北の復興商店で売っている製麺所のおそばなのですが、パタがそば好きの父のためにと思って2回分買ったのに、母がまんまとよそ様に差し上げてしまい、父は何とも不満顔なのでした。まああと1回ぐらい食べられるから、それで我慢してくれたまえ。

                   

                  そしてご飯のあとには紅白歌合戦を見ました。と言っても、パタが見たいのは米津玄師さんだけだったので、あとは斜めに見てました。聖子ちゃんの歌のキーがみんな下がっていて悲しかった…。

                  米津玄師さんの歌は楽しみに見ていたのですが、途中から出てきたダンサーが怖すぎて、米津さんに集中できなくなりました。なんか…最初の涙を表しているのか、顔をなでおろす時から怖かったけど、途中で体を丸めてジャンプ連発したときは、ホラーでも見ているんじゃないか…という気持ちになりましたよ。

                  レモンの紹介で、他局のドラマのさわりまでインサートしたのはNHKにしては上出来だと思うけど、それにしても演出が斬新すぎて、パタみたいなおばちゃんにはついていけませんわ…。

                  今年ずっと気になっていた人の顔が見えて、それだけはよかったと思います。うん、味のあるお顔だったね。

                   

                  最後に年末のご挨拶を。

                  今年も何とか乗り切りました。後半に入って仕事があほみたいに増え、さらに難易度が増してしまい、厳しい社会人生活が今も続いていますが、何とかそれにもなれるよう、これからも頑張ります。

                  幸い、パタはかわいくて優しい後輩ちゃんたちに囲まれているので、こんなお調子者のおまぬけさんでも何とか人並みに働けてありがたいところです。透析をしていると、職にもありつけない人がいるというのはわかっていますが、なおかついろいろ文句や愚痴を垂れたくなってしまうのはわがままでしょうか。まあとにかく、これからも頑張ります。

                  そして、パタのつたないブログを覗いてくださる皆様、どうもありがとうございます。これからも量のみのブログになりつつありますが、楽しい話題をお届けできるよう頑張りますので、機会がありましたらまた覗いてくださるとうれしいです。

                  来年からは新しい元号になります。パタもいつまでも新しい気持ちで過ごしていきたいと思います。

                  皆様にも新しく爽快な、幸福の風が吹きますように。

                  人工透析 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  怖かった
                  0

                    JUGEMテーマ:病気

                     

                    かなり前からパタは右足の親指に巻き爪を抱えておりまして。

                    テープだとかクリップだとかで、何とか自力で治せないかと努力を重ねてきたのですが、やっぱり結局どうにもならんだろ…という結論に達しました。

                    いや…やっと冬になったので、ソックスにつま先の丸いショートブーツなどを履いていれば、それなりに無事に過ごせるのですが。

                    どうしてもお洋服の関係でパンプスを履かなくてはならなくて、パンストをはいたりするとたちまち痛み出すのです。

                    パンストのぎゅっと締める感じ、あとちょうど痛いつま先に縫い目が当たる感じがまずいのだとわかっていてもどうすることもできず…。

                    ゆったりしたストッキングだとまあ楽は楽だけど、たるんできて象の足みたいになっちゃうし。

                    おしゃれと健康が合致しないことがこんなところにも噴出したりしたのでした…。

                     

                    それで今日、かなり決心して、透析の看護師さんに巻き爪が…と申告してみました。

                    透析と足の疾患というのは割とよくある組み合わせのようで…まあ最も、糖尿病からくる透析の人が対象なのかもしれませんが…とにかく、病院によってはフットケアの専門の看護師さんもいたりするのです。

                    なのでちょっと期待してみたのですが、看護師さんはパタの足をじっと見て、かなり食い込んでいるから、皮膚科か外科に行って、爪を切ってもらったほうがいいよ…とおっしゃるのでした。

                    ううん…皮膚科ねえ…。

                     

                    パタは平日忙しすぎて、なかなか病院通いもできないし、土曜日は結構予定が詰まっちゃっているので、新しい病院を探すのが大変なのです。

                    自宅の近所にはいい皮膚科はないし…それに第一、爪を部分とは言えはがすとか、恐ろしすぎる…。

                    先日、新聞のおまけについてきた冊子に巻き爪のことが細かく乗っていて、結局は土踏まずとか足指当たりのリーチに問題があって、そこを直さなければどうにもならない…とのことでした。

                    インソールでも作ってもらおうか…と思っていた矢先でしたが、やっぱり喫緊に何とかしないといけないので、しょうがないからしぶしぶ皮膚科でも探してみることにします…来年あたりまでには…。

                    そして今日、看護師さんに食い込んでいるところだけ爪を切ってもらいましたが…これが怖いのなんの。

                    なんだかいかつい道具がいっぱい出てきて、爪と一緒に肉まで切られそうで、ドキドキハラハラしましたよ…。

                    なんでまあ、パタの体ってこう不自由なところが多いんだろ。

                    今はちょっとひりひりするだけのつま先、本当に近いうちに何とかしたいところです。

                     

                    人工透析 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    臨時透析
                    0

                      JUGEMテーマ:今日のこと

                       

                      昨日会社バーゲンに行くのに透析をさぼったので、今日は臨時透析です。

                      いつもの、部屋の端っこのリクライニングチェアでやってきました。

                       

                      端っこといってもいつも使っているベッドの、手洗いシンクを挟んだ隣になります。

                      いつものベッドは普通のベッドなのですが、どうも年式が古いらしく、自分で背もたれを上げたり足を上げたりすることは出来ません。

                      …ほかのベッドを見ると、ちゃんと自分で操作できるようになってる。なんでパタの列だけ古いベッドなんだろう…そのうち変わるんじゃと思っていたけど、もう数年たつのに全然変わらないところを見ると、一等後回しにされるらしい。前の病院でも一等後回しにされて癪だったのに、普段から何にも文句を言わないと、いいように扱われちゃう。

                      お布団もくさいし、大外れをひかされているような気がする。

                      もとい。

                      リクライニングチェアは幅が狭いし、置いている場所の都合で、最後まで平たんにできないので人気がないのですが、パタはそんなに嫌いじゃありません。

                      パタの普段の場所より圧倒的に涼しいし、ぐるりをカーテンで囲まれて、落ち着くからです。

                      もう毎日ここでもいいや…ぐらいに思ってます。

                      ただ問題も。

                      今日は特になのですが、枕の位置が固定されていて、リクライニングチェアの折れるところと枕の位置が、パタの体に全然合わないのです。

                      パタはちびなので、腰を曲がるところに据えると頭頂部しか枕に乗っからず、頭を枕に乗っけると、腰を支えるために足を折って、体育座りであおむけに寝ているような状態になるのです。

                      4時間それはきつい…腰に来る…。

                      ここしばらく肩も痛いので、なんというか満身創痍状態です。

                      明後日の土曜日も臨時透析で、たぶんまたそこの位置だろうなあ。つらいなあ。

                      まあ、楽しくバーゲンに乗り込んだ代償でしょうか。しょうがないので頑張りますよ…。

                       

                      人工透析 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                      shelf
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search