テレビ事情
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    昨日会社バーゲンで透析を変更したので、今日は午後から行ってきました。

    いつも夕方から始めるのですが、今日は日の高いうちからだったので、窓際の席では時折無性に暑かったです…いや、いつもいつも暑いんだけども。それにしてもあんなふうに日光の圧力を感じることはあんまりなくって、どっちかというと昼間さんざん日向であぶっちゃったマットがいつまでも熱を持っていて背中が非常に暑い…とかいう状態なので、今日のは一種新鮮でした。

    …あんまりうれしい新鮮じゃなかったけど…。

    そして今日はいつもとベッドの位置が違って、こっちも新鮮でした。

     

    いつもは臨時透析だと、壁際のリクライニングチェアの席が当てられるのですが、もしかするとそっちはコロナ回避のための風邪引き専用の椅子にしているのかもしれません。

    今日はいつもパタが寝ているベッドの反対側の隣のベッドで、一つ横にずれただけなのに、もう視界がかなり違うのでした。

    とりあえず時計がよく見える…まあスマホを持ち込んでいるんだから、そっちで時間を見ればいいのかもしれないけど、つい壁の時計を確認しちゃうじゃないですか。

    いつもはサイドテーブルの下を覗き込むようにして何とか見える…という感じなのですが、今日は普通に首を傾けるだけで時計が見えて感動しました。

    しかしよかったのはそれだけで、テレビでとても難儀しました…。

     

    テレビはなぜか、パタのいつもの席だけテーブルの左側に固定されているのですが、皆さんは右側に固定されているのです。

    固定された液晶タイプのテレビを、横になって下から見上げるようにするので、あんまりよく見えません。画面が赤く光っちゃって。

    先日も、心霊物の番組が見たかったのですが、ただひたすら画面が黒いばっかりで、人の輪郭がうっすら見える…という程度しか見えず、心霊写真なんてお判りになるだろうか…と言われても金輪際お判りにならん…というレベルでした。頭に来て途中でブチ切ったけど…。

    だけど今日のテレビはなんだかクリアに見えるのでした。おお…!と思ったのもつかの間、サイドテーブルが低すぎて、ものすごく顎を引かないと見えないし、腰が痛いから膝を曲げておきたいのに、テーブルに足がつっかかってしまうので全然曲げられない…。

    ならばサイドテーブルをあげよう…と思っても、全然動かない…そういえば、このテレビになった時に、みんなテーブルが上がらなくなっちゃって、パタさんのところだけなぜか上がる…とか言われていた覚えがあります。

    パタ思うんだけど、何本も走っているラインをテーブルを上げ下げする柱にがっちりテープで括りつけちゃったから上がらないんだよ…。しばらくの間に改善されたかと思いましたが、全然変わってないようでした。

    ということで、今日はパタ、ものすごく不自由な姿勢でずっとテレビを見ていて、首だの肩だのがとても辛いです…。

    そもそも液晶のテレビ、辞めてほしいんだよね…有料なのに、全然見えないってどういうことなのよ。

    またしても新たな不満が噴出したりして…。

    人工透析 | comments(0) | - | -
    entry_bottom
    血圧が…
    0

      JUGEMテーマ:今日のこと

       

      今日は久しぶりにビーズをいじらない休日を過ごしました。

      いや…朝は結構ちゃんと早起きするのですが、お休みの気楽さにかまけて延々ゲームしてしまって、朝食からのいろんなことを済ませたら、すでに11時を回ってしまっていたので、これからビーズを広げてもすぐに片付けないといけない…と思ったので、やめにしたのです。

      ちなみにパタは、ビーズ用の布を買うのをケチって、車載用のスマホが落ちないようにする摩擦レスのシートを買ったのですが、使い勝手は悪くないものの、結構しばしばビーズをこぼします。

      やっぱり専用のものを買ったら使い心地が違うのでしょうか。まあパタがビーズを落とすのは物の力よりはパタの粗忽さが原因だとは思いますが。

      そのシートは、ちょうどビーズ一粒分ぐらいの細かい格子が一面についているので、ビーズが転がらないという点では及第ですが、使い終わったビーズをしまおうとすると一苦労します。

      あと色…ぜひ同じ商品で白も作っていただきたい。今の黒いシートだと、濃い色のビーズはかなりの確率で見えないのです…。

      まあ白にしたらしたで、白系統のビーズが見えない…とぼやくのでしょうが。

      そんなことで、今日は朝から透析に出かけるまでゲーム三昧してました。

       

      透析の病室には、定時の10分前入室が決まっているので、今日みたいに順番が早く取れた時は結構焦ります。色々準備があるのです。

      特に最近ゲットしたスマホホルダーを取り付けるのが結構大変です。緩く止めたら落っこちそうだし、あんまり強く止めると壊れそう。

      今日も準備をしている間に看護師さんが来てしまって、焦りまくりながら準備をしたせいか、血圧を測ったら200…とか言われてしまいました。

      いくら最近血圧が高めだといっても、夏場の200はちょっと怖い。多分焦りまくっていた副作用で、しばらくしてもう一度計ったら、だいぶ落ち着いていたけど、またしても院長先生にチェック入れられてしまいました。

      血圧はやっぱり命にかかわるので、簡単に薬が増えてしまうので、こっちもなかなか神経質になります…。

      今日のところは焦って作業していたので〜とごまかしました。院長先生は、全然焦らなくていいんですよ〜と言ってくださいましたが、スマホホルダーのセット以外にも、みっちりビーズをやったり、熱心にゲームをやったりするせいで、血圧が上がりやすいと思います。

      うん…ちょっと気を付けなければ。

      なんだか如実に自分の年齢と、不健康な趣味を思いやってしまいましたとさ…。

       

      人工透析 | comments(0) | - | -
      entry_bottom
      新兵器w
      0

        JUGEMテーマ:透析腎不全

         

        テーマは透析腎不全としましたが、あんまり透析のことは関係ありません。

        今日病院デヴューした新兵器についてです。

         

        新兵器という物々しい言い方は、パタ発ではなく、院長先生がおっしゃったものです。

        病院だと普通はスマホの持ち込みは嫌がられるのかもしれませんが、透析はおなじみさんしか存在しない環境のせいか、みんな普通にスマホを持ち込んでいるようです。さすがに話を始めると顰蹙を買いますが…。

        パタはいつも病院での最初の1時間半ぐらいはゲームの時間と決め込んで、ずっとやっています。パタは反射神経がないので、主に推理系とか、パズルが多いです。

        でも、iPhone11にしてからなおさらなのですが、スマホが重くてなかなか大変なのです…。

        透析をしているとパタの場合は左腕を取られてしまい、動かせないわけではないですが、両手でスマホを持つことはあまりできないのです。ベッドの上に座って、腕を伸ばして遠目に見るなら何とかなりますが、それをやると血圧が下がりまくってしまうので、パタはおとなしく寝転がっています。

        で、右手一つでスマホを持ち、且つ同じ手の指で操作をするとなるとかなり大変です…時々落とすので、スマホカバーにはストラップが2本もついてます。それに手をくぐらせないと、恐ろしくて持てません。

        しかし、結構長いことそんなことをやっていたらどうにも右手が腱鞘炎っぽくなってきてしまって…。

        これを放置してまたばね指とか手根管症候群とかになったら嫌なので、パタは一計を案じました。

        それが新兵器…タブレットスタンドなのです…。

         

        パタが妙なものを持ち込むのは割とあることなので、看護師さんたちも生暖かい目で見てくれます…。

        今日穿刺してくれたのは男の子だったのですが、ベッドの柵に取り付けるのまで協力してくれました。忙しいときに申し訳ない…。

        院長先生は一目見るない新兵器!と言い放ち、いいものを持っているねえ〜と笑っていらっしゃいました。いつまでもチャイルディッシュで申し訳ない…。

        しかし、いいものをゲットした!と鼻高々だったのですが…なんというか、頭上にあるスマホが、タッチするとかなりぐらぐらするのですよ…。

        なので、本体を支えつつ操作をするという、割と腕に厳しい作業が待っていました…。

        うん…これで腱鞘炎ともおさらば…!と思ったのですが、これはこれでなかなか体力がいるようです…。

        でも、自分で持つよりは格段に楽なので、どうにかこのタブレットスタンドを極めたいところです…。

        とりあえず自分でちゃんとセットできるように…今のところの第一目標です…。

        人工透析 | comments(0) | - | -
        entry_bottom
        止血ベルト
        0

          JUGEMテーマ:透析腎不全

           

          先日、返血の時に失敗して、更衣室でかなり血をこぼしてしまったので、看護師さんたちの勧めもあり、今日は止血ベルトというのを購入しました。

          マジックテープが付いてる長い帯で、返血した後の傷口の上に巻いて押さえるものです。

          パタは透析開始が古すぎて、そんなものの存在はぼんやりとしか知りませんでしたが、単なるマジックテープ付きの帯なのに高い…ということに気が付きました。

          でも、今日からしばらく別の場所を使おうと思ったし、そうしたら失敗しないはずだと思っていて、カバンの中にしまい込んでいたのですが。

          あろうことか新しく開発中のところから今日は失敗してしまいまして…なんか血が見える…と思って慌てて押さえたら、すごい勢いで噴射してしまい、パジャマからタオルからシーツから、かなり汚染してしまいました…。

          パジャマもタオルも持って帰って漂白剤につけてありますが…そういうことするといっぺんでぼろになるんだよなあ…。

          そして看護師さんたちにも余計なお仕事を増やしてしまって申し訳なかったです…。

          またしばらくは、変血後には普通に止血ベルトを巻くようになるみたいです…。

           

          パタは透析のあとは自分の指で傷口の上からしばらく押さえるという止血法を取っているのですが、見ているとほとんどの人が止血ベルトに頼ってます。

          止血ベルトを巻いちゃえば、透析が終わってすぐ立ち上がって更衣室に行けるようです。

          まあ…たまには更衣室に行った先でだらだらこぼして泣きついてくるおじさんもいるのですが…大体がそんな方法できれいに止まるようです。

          パタもこれから少し身支度が早く終わるようになるのかな…それ以外にいい点は見つからないような気がしますが…。

          本当は、そういう不精なことをしないでちゃんと自分の力で押さえたほうが、血管には断然いいと聞いておるのですが…。

          透析古いと、最近の常識がよくわからなくなります…。

           

          最近の常識といえば、透析前に針を刺す予定のところに局部麻酔のシールを貼る人がほとんどのようです。

          パタが透析導入したころはそんなの影も形もなかったし、長い透析の間にはシャントトラブルで本物の動脈に刺すために、一応真似してそういうシールを貼ったこともあるけども。

          正直、だから?って感じ…。そんな、目を見張るほど素晴らしい効き目があるとも思えない。

          そしてさらに、パタは刺す時の痛みというか、針の感覚を感じないことには恐ろしくていられないです。

          自分の皮膚の下に4時間ほど針を入れっぱなしなのに、なんの感覚もなかったら、血管から外れていたりしても物申せないような気がするのですが…。

          というか、いいおっさんたちがあんな針を刺すだけのことに大騒ぎしていちいち痛み止めの麻酔を貼ることが信じられん…。

          確かに針はちょっと太いけど、メスで切り開かれるわけでもないのに…と、冷ややかな目で見てしまいます。

          まあ…個人差何ですかね…痛みに対する。

          それにしてもどこの病院でも男性は女性よりよほど痛みには弱いとか、断言しちゃおうと思いますw やれやれ。

          人工透析 | comments(0) | - | -
          entry_bottom
          なんだよ
          0

            JUGEMテーマ:透析腎不全

             

            つい先日も、血液こぼした…とブログに記入しましたが、今日もまたやってしまいました…。

            それも、すっかり着替え終わってあとは帰るだけ…というときになって。もうとっくに父に帰るコールしちゃったし、更衣室に看護師さんを呼び出すなんて初めてです…。

            でも、今回もちょっと量が多くて、とても自分一人では対処できなかったのでした。

             

            病院の更衣室はカーペットが敷いてあって、そこにはだしで入るようになってます。

            あちこちに土足禁止!と書いてあるのだけど、多分あの人は今も守ってないだろうなあ…と思える人が確実に一人。おそらく、午前中の人で守っていない人もいるのではないでしょうか。

            あと、更衣室は飲食禁にしてほしい。おせんべいのかけらが落っこちているのなんて日常茶飯事だし、いつだったかは焼きそばが落ちてた。多分焼きそばパンを持ち込んで失敗したと思われます。

            まあ、気持ちはわからなくもない。更衣室を使うのは全員なので、中には自分の面倒すら満足に見られないようなお年寄りもいたりするので、結構はだしで歩くのはリスキーなのです。

            でもパタは、決まっていることを守らないのはものすごく嫌なのです…自分がそうだから、守っていない人をたまたま目撃したりすると静かに怒り狂います。

            パタの妙な正義感は置いておいて、カーペットで何が問題かというと、血液をこぼしてしまうとたやすく拭き取れないところです…。

             

            着替え終わっていたので看護師さんを呼ぶのにも躊躇はなかったけど、もしあれが中途半端なヌードだったりしたら、絶対にためらって被害を大きくしたと思われます。

            血が出てる!と思った瞬間反射的に押さえるのですが、そうすると絆創膏の下にたまっていた血液がほとばしり出てしまい、被害を大きくするのです…。

            今日のよかった探し…とりあえずお洋服には血液が付かなかったこと、こぼしちゃったと言っても目視できる範囲でこぼしたので、看護師さんの手を煩わせてはしまいましたが、何とか手を打てたこと。

            あんまりにもひどい出血だと、多分タイルカーペットとっかえになると思われます…。そんなことにならなくてよかったです…。

            それにしても本当に皮膚がもろい…血管ももろいのかもしれませんが…。

            もうあきらめて、新しく開発しているところのみしばらく使うようにした方がいいみたいです。

            実は今も、絆創膏を外せずにいます。あんまり締めるとそれはそれで血管にもよろしくないのでそろそろ外したいのですが、そうするとまたブバッと出そう…もっと恐ろしいのは、就寝中に血の海になることです…。

            明日無事に目が覚めるといいなあ…。

            微かな危惧を抱きつつ、今日は気を付けて寝ることにします…。

            人工透析 | comments(0) | - | -
            entry_bottom
            ピッって
            0

              JUGEMテーマ:透析腎不全

               

              今日は久しぶりに透析で返血を失敗し、ベッドに敷いているバスタオルに血液をこぼしてしまいました。

              とはいってもパタが失敗したわけじゃなく…。結構しっかり押さえていたにもかかわらず、その指を縫うように出血してしまい、気が付いたら結構な量になってました。

              いや…テレビが面白かったから思いっきりそっちに注意を持ってかれてたってのもあるんだけども…。

              パタは透析を始めてかなり長いので、週に3度ずつ刺している腕の皮膚がかなりもろくなっているのです。なので、場所とか刺し方、あるいは今日思い知ったのですが、針の抜き方なんかで大きく皮膚が破けるらしく、結構な出血になってしまいます。

              今、新しい場所を開発しているのだけど、場所が今一で、針を刺していると皮膚が引っ張られて痛いのです。

              いくら透析用の柔らかい針だからと言って、そのうち破けそう…穿刺の時に皮膚を突き抜けるなんて話も結構聞きます。

              それに、またしても腕にボコボコの部分を作るのは何ともイヤンですな…。一応パタも女の子なので…w

               

              それにしても、病院でそれで帰宅の時間がずれ込んだのに、家に帰ってからまた出血してしまい、ブラウスを血で汚してしまいました。

              一応つまみ洗いしておいたけど、きれいに落ちるかなあ…血を落とすのってなかなか大変です。必ず水で洗ってね!(誰に…)

              今日も父が迎えに来てくれる自動車にこつぶちゃんも乗っていて、パタの針を刺したほうの腕にがっつりつかまっていたから、もしかするとその刺激で出血しちゃったのかもしれません。

              それにしてもな〜。今日返血してくれたお兄さん、いつも独特のやり方をするんだけど、なんか見てたら思いっきり針を引っ張って、ピッて引っこ抜くんだもん。パタの腕でなくても破けるって。

              しかしそう思っても、そういうことを言えないのがパタなので…こんなところで愚痴るしかないのですが…。

              次に彼にあたった時はせいぜい身構えておくことにします…やれやれ…。

              人工透析 | comments(0) | - | -
              entry_bottom
              バスキュラーアクセス
              0

                JUGEMテーマ:透析腎不全

                 

                透析の先生の勧めで今日は初めての病院に行ってきました。

                その病院の名前に表題のバスキュラーアクセスというのが付いていたのです。なんか聞いたことのない言葉…と思い、調べて見ましたら、透析をしている人には必須のシャントなどの総称ということらしいです。

                 

                パタは長年透析をやっていて、シャントトラブルは1度しか経験がありません。

                中には、何度作ってもすぐつぶれちゃう…などという人もいるのですが、パタはなんだか優秀な血管で、一度のシャントトラブルも透析が原因ではなく、寝ているときにベッドのふちに押し付けてつぶしてしまった…という、一種不可抗力な事故のためでした。

                なので、そのシャント専門のお医者様にかかるのも初めてなのですが、そういったら看護師さんに驚かれました。

                パタほど長く透析をやっている人は必ず、一度や二度はそういう病院を訪れているのだそうです…。

                そのパタがなぜ突然通院することになったかというと、以前から問題ではあったのですが、どうやらパタのシャントは2重シャントというものらしいのです…。

                 

                パタが持っているのは内シャントという、皮膚の下で静脈と動脈をつなげて静脈に動脈の血流を確保する…といったものなのですが、1度のシャントトラブルで作り直したシャントが実はまだ生きていたらしいのです。

                なので、パタの左腕にはとんでもない血液の奔流があると思われ…それで何が問題かというと、血流が多すぎるために心臓に負担がかかってしまう…とのことでした。

                先生曰く、このシャントをつぶすのは結構大変だ…でも、大変なのは医師だけで、貴方にはあんまり影響ない…とか。いや、あるでしょうよ、長時間の手術になったら…。

                そして、つぶれている血管が一つあるので、もしも今生きている血管がつぶれた場合替えが効かないから、保険の意味で取っておいてもいい…とのことでした。

                でも心臓に負担がかかるのはイヤンだし、なんかここ数年で急にシャントがゴツゴツと盛り上がってしまい、なけなしの乙女心がうずくので、つぶしたほうがいいような気もするのですが…どうにも判断が付きません。

                また透析の先生にご相談して、それから決めようと思います…。

                それにしても、手術なんてヤダなあ…いったいパタは生涯のうち、何度体を切り刻まなければならないのでしょうか…。

                ぜひ穏便に済むよう…祈っております…。

                人工透析 | comments(0) | - | -
                entry_bottom
                窓が…
                0

                  JUGEMテーマ:透析腎不全

                   

                  テーマを透析腎不全としましたが、正確にはちょっと違う。…というか、透析腎不全って言葉、聞かないんだけど。多分透析のことなんか知らない人がつけたテーマ名なんだろうなあ…。

                  もとい。

                  パタの病院が入っているビルは、小ぎれいですが結構古いそうで、先週の金曜日から空調が壊れてしまったとのことでした。

                  透析の病院って、うちの病院は特に、狭いところに限界までベッドと透析の機械をぎゅっと詰め、それらがずっと稼働しっぱなしなので、かなり暑いのです…。

                  普段、エアコンをつけていても全然冷えなくて、パタはいつも簡易な温度計をにらんでがっかりしています。28度より下だったことなんてないんだもの。

                  28度あったら、普通に熱中症になるってば…。

                  あんな暑い環境だから、パタに限らず汗だくになるらしく、枕なんかすぐにヘタって微妙な色合いになります…。

                  本当に改善してほしいんだけど、ビル全体の空調だということで、病院関係者はどうにもならないそうです。

                  しょうがないからパタは、お扇子と今年はまだ使ってないけど、首からかける扇風機を使って何とかしのいでます。

                   

                  空調が壊れたということは、原始的な手段に頼らざるを得ないということで、今日は最初から窓が開いてました。

                  真ん中にビスを打ってあって、大きなガラス窓が左右に開店して開くタイプの窓で、パタの方を向いて開いてました。

                  なので、普段は日光で暖まっちゃって、激熱なパタのベッド周りだけが妙に涼しかったみたいです。風が吹き込んできて結構快適でしたが、湿気まではどうにもできず、雨も時折吹き込んでまいりました。

                  まあ、びしょびしょになるような雨じゃないし、奥の方の人たちは風も通らなくてものすごく暑かったそうで、珍しくラッキーでした。

                  次の透析の時までに何とか復調しているでしょうか。病院関係者には、管理費払わねーぞ!と脅しとけ…と悪知恵を入れておきましたが。

                   

                  ところで、九州の方では大変な大雨になっていて、犠牲者も出てしまっているようです。

                  本当に、なんだか九州は毎年こんな災害があり、雨でなければ火山の噴火…と、いつも胸が痛くなるような報道が続きます。

                  どうぞお一人でも助かってください。水が出るのはあっという間ということですから、遠慮したり恥ずかしがったりせず、命を優先してください。お願いします。

                  そしてコロナで初めてよかったと思えることは、海外からの渡航者を封鎖していること。火事場泥棒はかなり減ると思います。

                  こういうことになら税金を使っても惜しくありません。どうぞ皆さまお大事に…。

                  人工透析 | comments(0) | - | -
                  entry_bottom
                  好物だが
                  0

                    JUGEMテーマ:今日のこと

                     

                    パタは食事をするときに、もちろんおいしいものが食べたい…!とは思いますが、まず考えるのが重量、ついで成分です。

                    冬場のお助けメニュー湯豆腐なんて、もうずいぶん食べてない。好き嫌いじゃなく、湯豆腐みたいにカロリーが低くて重量が重いものは、体重が増えまくるのがわかっているので恐ろしくて食べられないのです。

                    鍋類は決して嫌いじゃないのに、本当に食べる日を選びます。いまだに料理を一手に担ってくれてる母には本当に悪いと思うけど、湯豆腐なんて腹がくちくなるほど食べたらたちまち1回の食事で1キロぐらい増えちゃうんじゃないかなあ…。

                    湯豆腐はまだ理性が働きますが、よく理性が外れるのはおでんとかカレーの時。おでんはつい、具は一通り食べたい…とか思っちゃうし、カレーは飲み物だと思っているので…。

                    同じ理由でラーメンなんかも避けて通る食べ物です。スープに至っては、透析導入してからというもの一度も飲み干したことなんてない。

                    もうずいぶん前になりますが、お友達と有名店のラーメン屋さんに行ったときに、並んでまで入ったお店にでかでかと但し書きがしてあり、うちの店のスープは女性でもきれいに飲み干します!みたいなことが書いてありました。カウンター席ばかりのお店だったこともあり、お店の人の視線が大変な圧でしたが、それでもスープはお味見程度しか飲みませんでした。何となく睨まれていたような気もします。

                    最近は年のせいか、1回の透析で引ける分が減ってきているので、ますます体重の増加には気を使います。夏場はまだ、汗をかくと体重が減るのでそこまで神経質になることはないのですが、冬場は本当に体重調整に必死です。

                    なのでパタは朝は必ずパン、お昼もできるだけあっさり食べられるもの…と思っているのですが、このところの巣ごもり生活で、母がよくお昼に冷やし中華を作ってくれちゃうのでとても悩ましいです。

                    冷やし中華、それもお醤油だれの奴、大好物だけど、何気に重すぎます…。

                     

                    パタは冷やし中華などを食べるときは必ずお皿の下に指を突っ込んで、お皿を傾けながら食べます。

                    そうするとたれを少しでも少なく食べられて、体重増加制限にも役立ち、あとでのどの渇きに苦しむこともなく、合理的なのです。

                    そうまでしてもなんでか体重が増えすぎる…と思っていましたが、考えてみると一人前の麺のほかにキュウリの千切りがこれでもかと乗っていて、卵やハムなども結構のっているとなると、やっぱりその辺でざるそばよりは重量が増すみたいです。

                    やっぱりパタは冷やし中華を食べるときは、お裾分け程度いただくのがいいかと思うのですが、一袋3人前で入っている冷やし中華でそれをやると、父が肥えすぎるか、母が物足りなすぎるかのいずれかになるので、どっちにしろ申し訳なくてそんなわがままも言えないのでした。

                    だったら最初から潔く食べなければいいのかと思いますが…好物だからやっぱり見ると食べたくなっちゃうんだよなあ…。透析を始めてかなり立つのに、相変わらず意地汚いことで、人間的に成長しないなあ…などと思ってしまいます。

                    でもまあ…色々困るので、本当に何とか工夫しよう…。

                    夏場になるとパタよりもっと冷中が大好物の父が食いたがり、パタにも食わせたがるので、水面下で色々攻めぐことになるのでした…。

                    本当に、ご飯ぐらい何にも考えずに食べられるようになりたいです…。

                     

                     

                     

                    人工透析 | comments(0) | - | -
                    entry_bottom
                    なんでなの
                    0

                      JUGEMテーマ:今日のこと

                       

                      最初にお断りしておきます。今日のお話は少々尾籠です。

                      コロナでおこもり生活が長引いていることで、コロナ太りだとかコロナ便秘だとか色々弊害が出ているようです。

                      まあこんな弊害はほんの一部のことで、もっと深刻な悩みに襲われている方も多くいらっしゃるかと思います…今日も地元に愛された有名なレストランが閉店になったというニュースもあり、なんとも物悲しい感じです。

                      海外では、日本よりよほど国家予算の低い国が、国民全員にコロナ対策の一環としてお金を配ると決めたら電光石火で配られたというのに、日本はあんなしょうもないマスクを…しかもほんのちょっぴり配っただけでとん挫しちゃったりして、あまりにも計画性、行動力のなさに呆れます。

                      たぶんあれだね。日本の場合は何かをするときにいちいち利権を絡ませるから何にも立ち行かないんだよね。

                      そういうアナログなこと、本当にそろそろやめてほしいです…。

                       

                      もとい。

                      パタが困っているのはコロナ太りの方ではなくて便秘の方…。コロナ太りしたとばかり思っていましたが、透析の先生によるとなんか少しやせているようです。

                      まあ…自宅にいるとあんまりおなかが空かなくて、晩御飯ぐらいしかみっちり食べないからある程度しょうがないのかもしれないけども。

                      もともと電車に乗らないとトイレに行きたくならないし、食べる量も減っているのがいかんのか、毎日努力はしているのに食べる量と出す量に乖離があるなあ…とは思っていたのですが。

                      今日、透析中にピンチを迎えてしまいました…。

                      あのさ…どうして行きたくなってほしくないときに限っていきたくなるのかなあ…。

                      しかも透析だと、前後で体重を測るので、本当に尾籠な話で申し訳ありませんが、どのぐらい輩出したのか丸わかりだという…。

                      あとで看護師さんたちをびっくりさせたんじゃないでしょうか…。恥ずかしいなあ、もう。

                      まあ…これでしばらくあんまり出ない…と悩まなくて済みそうですが、毎日順調に食べて出すのがいいに決まってる。

                      コロナ収束…とかいうより、パタは会社を辞めたらどうなっちゃうんだか。

                      何か新たな対策をした方がいいようです…。

                      人工透析 | comments(0) | - | -
                      entry_bottom
                      shelf
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search