お花
0

    IMG_0266.JPG

     

    今日のお花は立花新風体です。

    存在感のある緑の大きな葉っぱがタニワタリ、柳のようにもさもさしているのがアプライト、ピンクのお花はよく見えませんが、躑躅のような形のアルストロメリア、黄色はオンシジウムです。

    他にもいろいろ入っているのだけど、お花屋さんの納品書にはその他と書いてあったので、名前がよくわからないのでしたw

    今日は生徒さんが少なくて、先生がつきっきりだったので、ほぼ先生の作品のような気がします…。

     

    ところで、プレバトが大好きで毎回見ているのですが、お花のときにはいつも納得がいかなくてイライラします…。

    假屋崎先生はやたら剣山が見えちゃダメ!とおっしゃいますが、この整ったお花、近くで見れば…というか、写真でも剣山は丸見えなのです。

    実はパタ、もうずいぶん長くやっている池坊の前にはちらっと假屋崎先生の草月流もやったのですが、そのどちらのお教室でも、剣山が見えちゃダメ!なんてことは一言も言われなかった。

    假屋崎先生は、この美しく入れられたお花を見て、剣山が見えてるからダメ!といろんなものを足しちゃったりするのでしょうか。

     

    今日はとても暑かったです。今年初めて半袖で外出しましたが、電車の中が少し涼しかったぐらいで全然問題ありませんでした。

    このまま夏になっちゃうのかなあ…暑いの苦手なのでやめてほしいところです…。

    お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    お花
    0

      JUGEMテーマ:今日のこと

       

      今日は写真なしですが、お花教室に行ってきました。

      材料はドラゴン柳とバラとニューサイランみたいな白い筋の入った葉っぱ。あとたぶんナデシコ。

      ナデシコは紫色だったので違うかもしれませんが、今日はお花の名前を聞いてくるのを忘れちゃったので、何ともうろ覚えな感じなのでした。

      ドラゴン柳というのは、先生のお話の中に出てきた言葉なので、もしかすると違っているかもw なんか漫画の題名みたいな柳です…。

      柳というよりは、ほぼツルで、茶色のそれがうねうねとうねりまくって面白い物でした。

      そんな材料なので、今日は自由花でした。パタは不真面目だから、お花の約束事もよく覚えてないけど、ご自由になさいませ、と言われるとまたタハーと困っちゃうのです。

      自由な発想って難しい! お手本ある方が絶対楽ちん!

      なんか…自由花って言われると、いつもいつも同じようなことをやっているような気がします…上の方、ぶわーと大きく広げて、下の方でキュッと締めるというような。

      教科書に出ているようなハイセンスでシュッとしたお花を一度でいいから生けてみたいようにも思います…。

       

      ところで、木曜日にはいつも、浜ちゃんのプレバトを楽しみに見ているのですが、見れば見るほど、假屋崎先生のお花に疑問を覚えざるを得ません…。

      假屋崎先生はたびたび、お花とフラワーアレンジメントは違うとおっしゃいます。それにはパタも同意見です。

      でも、假屋崎先生の教えていらっしゃるのはどう見てもフラワーアレンジメント…。

      剣山が見えてはいけませんとものすごく厳重に注意なさるけど、そんなことはパタの結構長いお花人生の中で一度も言われたことがありません…。

      流派が違うからかなあ。池坊と草月ではそんなに違うのかしらん。でも、パタ実は、今の池坊のお教室に通う前、1年ぐらいだけど草月のお教室に行ったこともあるのです、そこでもそんなこと決して言われませんでした…。

      まあ…高価な材料をふんだんに使えるテレビ番組と、限られた材料費の中でやる生徒さんのお教室ではそもそも違うかもしれないけれども…。

      あれをお花として広く国民に認識されるのは、なんか違う…と思わざるを得ないのです…。

      お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      お花
      0

        IMG_0213.JPG

        今月2回目のお花に行ってきました。

        今日は立花。珍しく、だいぶ自力で頑張りました!

         

        材料は、雪柳、ヘラコニア、桔梗、谷渡り、ゴールデンボールなど。

        今度写すときはフラッシュ焚いてみよう…実物は結構素敵なのだけど、写真では今一つ素敵さが伝わりません…。

        そして帰宅して生け直すと、何とも陳腐になっちゃう不思議…教わった通りに生けているはずなのに…。

        ちなみに、今日は立花ということで、お花ですが針金やペンチをガンガン使って結構力技な生け方をしています。

        気が付いたら右手親指から血が出ていて、それをせっかく洗ったばっかりのカーディガンにつけちゃった…まあ大した量じゃないけど、やっぱり血が付着したと思うと結構へこみます…。

        もとい。

        前回も先生にさんざん言われてしまったけど、正教授とかいう地位をいただいているのだから、もうちょっと勤勉に励まないといけないんでしょうな…。いつもいつも初心者のように、手取り足取り教わるのはいい加減やめにしたいところです…。

        だからと言ってお花でその地位を使ってどうこうするつもりは全くないのだけども。

        まあいろいろ頑張ります…。

         

        ところで…。

        お花教室は東京都の県境にほど近い下町なのですが、久しぶりに商店街の方に回ってみたのです。

        昔懐かしい街並みが広がっているはずだったのですが、お目当てのケーキ屋さん…パンを買おうと思ったんだけど…がなく、広めの書店もなくなっていて愕然としました…。

        その代わりにあるものと言ったら携帯電話の契約店と、コンビニ、ファストフードばっかり。

        マックの正面にモスがあってなんとする…。

        情緒ある街並みが消えていくのはさみしい物です…。

        お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        正教授w
        0

          JUGEMテーマ:今日のこと

           

          お花教室に行ってきました。

          9月はパタも先生も忙しくて都合が合わなかったので、その振替分。今月はもう一度行くつもりです。

          その時にはぜひ写真を写したい…。

           

          今日は行李柳と紫のスプレー菊でとってもシンプルなお花でした。

          行李柳は矯めのよく効く枝なので、逆に言うといろんな技を要求される面倒くさい材料の一つであります。

          今日はなんだか先生がしみじみと、パタさんは正教授なんだから、ちょっと難しい課題に挑戦して…とおっしゃって、パタは冷や汗をかきました…。

           

          確かに、今の先生に見ていただくようになって多分余裕で20年は経ってる。年期だけは間違いなく行っております。

          そして、パタは先生がそろそろお免状を…とおっしゃると、めったに拒まないので…お花のお免状って特に試験があるわけではないので、通った年期が物を言うのです…確かに正教授のお免状を持ってはいるのです。

          でも、パタはいただいたお免状もすぐめったに開けない押し入れに突っ込んじゃうし、そもそも真剣にお花をやらないので、腕前は何とも心もとないのでした…。

          正教授と言えば、最初の1級2級から脇教授数段と、准教授数段を経てなっているのだから、本当に地位としては結構なもので。

          …なのにこの腕前っていったいどういうことだ…という程度の自覚はあるのですが。

          …はい、本当に自覚のみで努力が伴わず、先生には申し訳ないことだと思ってはおります…。

           

          パタはお花を生計に生かすつもりはこれっぽっちもないし、体もあちこちつらいので、そろそろ潮時では…などと思っているとんでもない弟子であります…。

          でも、先生もいいお年だし、こうなったら先生がお教室をたたむとおっしゃるまでやるし!とか、そういう心づもりしかないので…いや、言い訳っすな…。

          次行くときは、もうちょっとましな弟子っぷりになるように努力します…。

          お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          巡回講座
          0

            JUGEMテーマ:今日のこと

             

            今日はパタが長年習っている池坊の巡回講座があり、一生懸命御茶ノ水まで行ってきました。

            行けば毎回それなりに楽しめるのに、いつも行くまでにかなりエネルギーを使うというのはいったいなんなんでしょうか…。出不精もここに極まれり、という感じです。

             

            それにしても、初めてじゃないのに、パタはまず電車を間違えました…。

            新宿から快速に乗れば、お茶の水なんて二駅…とか思って予定を立てていたのに、乗ってからこれ各停だ…と気が付く有様。

            途中で気がついても戻って乗りなおすことなんてできないし、しょうがないからそのまま乗り続けましたよ。

            そして御茶ノ水についたら、案の定出口を間違え、見覚えのない景色にうろうろすること数分…スマホのマップでは、目指すところの名前を入力しても、なんか反応しないし…結局住所入力で事なきを得ましたが、そこでも数分ロスしました。

            …平たく言えば、遅刻しちゃった…これに尽きますわ。

            幸い、えらい先生の講義にはまるっと間に合いましたが、席がなくて係りの人に探してもらうなんてみっともないことをしちゃいました…。

             

            先生の実演は、いつもの通り見事で見ごたえがありました。や、さほど近くないから、あんまりよく見えないんだけども。

            しまった、今日はコンタクトをしてくる日だった…と思いましたが後の祭り。

            そして会場内が極寒で震え上がりました…。

            どうやら、壇上でいくつものお花を活けられている先生は、大活躍だしライトも当っているしで暑いようなのですが、見渡すとみんな慣れたしぐさでごそごそと上着を取り出して着ていて、しまった今日はカーディガン必須だったか…とさらに思いました…。

            当初予定していたお洋服を着て行ったら、両袖がレースでもっと大変なことになったはずなのですが、そこだけは幸いでした…。

             

            パタは今日も午前中だけで帰ってきちゃって、午後からの講義をさぼったのですが、立花の講義も今度ぜひ見てみたい。でも、あんな極寒に午後も居続けるなんて到底無理っぽい…。

            まあ、今日のところは歯医者の予約もしちゃったのでしょうがないのですが…もうちょっといろいろ計画的になるべきだと思ったり…。

            お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            お花
            0

              IMG_0165.JPG

              今日は立花新風体。材料は、ギガンチウム、オクラレルカ、マランタ、ゴールデンスティック、トルコキキョウ、スプレーバラでした。

              マランタというのは、写真では一枚だけ見えている幅広の葉ですが、こいつが表がグリーンで裏が紫という、とても美しい葉っぱなのです。

              こういうのに巡り合えるだけでも、お花を長年やっていてよかった〜と思う瞬間です。

              ううん、パタお花は好きだけど、基本的に土がついている植物はNGなのですが。

              アマンタの鉢植えほしくなっちゃったなあw

               

              さてところで、イギリスでは国民投票でEU離脱派が多勢を占め、世界中を巻き込んで大騒ぎになっていますが。

              …日本も急激に円高が進んでしまい、パタの勤める会社ももちろんですが、あちこちから悲鳴が上がっているようです。

              まあ、実際離脱するかどうかはこれから話し合いで決定するようですが、残留派だった首相も撤退してしまったことだし、やっぱりゆるぎない事実になっていくのでしょうか。

              前評判をテレビで見ている限り、残留派が多いような気がしていたのだけれども。

              どこの国でもやっぱり、若い人は投票に行かなくて、それで焦っているのでしょうかね…。

              若い人たちは残留派が多く、われわれの未来を、この決断がどのような結末をもたらすか生涯で見ることのないお年寄りに決められるのは納得がいかない…とぼやいているそうです。

              パタは何度も言っていますが。だから投票には行かなくちゃいけないんだよ。イギリスが日本でも同じことだよ。

              意見は出せる席があるなら出さなくてはならないのです。

               

              それよりも、EU離脱に反発して、ロンドン独立…とかいう話も出ているそうな。

              なんか…極論と思うけど、ものすごく面白い…不謹慎なことではありますが。

              ロンドン独立、あり得るのかなあ。しかし、大英帝国とはいっても、ロンドンが抜けてしまえば産業も人口も大いに傾いてしまうと思われるので、そんなことをしたら下手するとイギリスが瓦解してしまいそうです。

              まあ日本も、人のことを眺めて喜んでいる場合ではないかもしれないけれども。

              これからの流れに大いに注目したいところです。

               

               

               

              お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              お花
              0
                IMG_0145.JPG
                お花教室に行ってきました。
                写真は撮ったから一応UPしてみるけど、ううん、なんだこれ、曲がっているうえにぶれている…。
                一応お花の名前を書くと、山吹、ルピナス、チューリップです。やっぱり写真を縦に撮って回転できないのが辛い…。
                ルピナスというのは、真ん中に立っている黄色い花で、お花の材料として入ってくるのは珍しいのです。
                先生もあまり見たことがないとおっしゃるし、今画像検索したら、なんか全然違う…もっとみっしりとしたお花が円錐状に咲いている色とりどりの花畑の写真ばっかりでした。
                パタのこれは、皆様の同じ材料のお花の中では結構咲いている方だったのに、なんだろうこれ、お花屋さんが不出来だったんだろうか。
                山吹も、この写真で見るといっちゃってるような感じの枝ぶりで、肝心のお花も黄色いつぼみがちらほらついている程度だし、春のお花にしてはさみしいです…。

                ところで…お花教室は、同じ先生がお茶も教えておられるのですが、今日はお茶教室の生徒さんが急にお休みになったとかで、お茶室の方でお茶を振舞っていただきました。
                パタの他に二人知らないおばさまがいらして、それぞれ緊張して正座してました。
                お茶を淹れてくれたベテランの生徒さんは、しきりに膝を崩してくださいとおっしゃってましたが、なかなかそういうわけにもいかないようで、おばさんたちは苦労して正座してました。
                パタは基本正座の人なので、少々の正座は全く苦になりません。多分30分ぐらいなら余裕で行けるんじゃないかな。1時間ぐらいでも、ちょっと足を動かす隙があれば行けると思います。
                なので、お茶とお菓子を頂いて、ご馳走様でしたと席を立つときも、パタはあっという間に立ち上がってスイスイ動けたのですが。
                オバサマ二人が和室でいつまでも立てずにウゴウゴうごめいていたのが面白かった…パタもいい加減人が悪すぎますがw
                まあささやかな優越感ということでwww
                 
                お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                0
                  JUGEMテーマ:今日のこと

                  お花教室に行ってきました。
                  今日はどういうわけか、行ったら満員御礼で、狭いお教室がひしめき合ってました。
                  見たことのない人がいたから、臨時で今日だけ回ってきた人で、その人のためにお教室がみっちりになっちゃったんでしょうが。
                  …なぜかその人、パタの事を思い切り睨みつけやがりました。
                  自分が余分なのに一体どういう事よ…。
                  まあ、パタの唯一の文化的趣味であるお花教室でそういうギスギスした思いをしたくはないのですが、たまにはしょうがないということでしょうか…。
                  ちなみに今日は、毎年この時期に回ってくる桃と菜の花で、とても愛らしいお花でした。
                  パタの桃は、今一開いてなくて色味が地味だったけど、他の人はきれいなピンクのお花がたわわについていてそりゃあまあかわいらしかった!
                  桃は弱くて、せっかく咲いても蕾ごとボロボロ落ちてしまう花なので、咲いてない枝というのはむしろラッキーなのかもしれないけど、視覚的に物足りなかったです…うちで咲いてくれることを祈ってます。

                    片思いレシピ (創元推理文庫)

                  読書報告。樋口 有介著「片思いレシピ」読みました。

                  柚木草平探偵シリーズのスピンオフ。柚木探偵のおしゃまな一人娘、加奈子ちゃんが主人公の作品です。
                  可愛らしいおじさんの…とはいっても今となっては柚木探偵もパタよりは年下ですが…もとい。
                  柚木探偵があんまり出てこないのはちょっとさみしいけど、クールで今どきな加奈子ちゃんもなかなかいい味を出しているお話でした。
                  とはいえ…加奈子ちゃんとかかわってくる登場人物たち…加奈子ちゃんの親友の柚子ちゃんとそのご家族があまりにも濃ゆすぎて、加奈子ちゃんの印象が薄まってしまったというのも正直な感想です。
                  作者様は独身だそうで、小学生の女の子を主人公にと振られて相当苦心されたようですが、パタのイメージ的にわりとすんなり入り込んできたのは、身近になんだか似たような印象の人がいるせいでしょうか。きっと会社の後輩の、大きい方のKちゃんのお嬢ちゃんも、こんな感じなんだろうなあ…と思いながら読みましたw
                  殺人は陰惨で、変態さんばっかり出てくるような印象だけれども、それよりも、おじいさんが最後の方に何気なく言った現代日本を間違った方向に導いた大罪人は坂本竜馬だというお話がキョーレツすぎて、なんか他のことが薄れちゃうのでした…。
                  お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  お花
                  0
                    IMG_0117.JPG

                    あ、隣の人の手が写っちゃってる…w
                    今日は腰痛を押してお花に行ってきました。まだ雪が残っているし、風が冷たくてかなり辛い感じだったけど、厚着&張るタイプのホカロンで頑張りました!
                    おかげで多分二回りは太っていたと思います…w

                    もうちょっと写真の腕がよかったら、写真転送も大きいサイズにしたいところですが…スマホを縦に構えて撮影した写真を送るときってどうしたらいいんでしょうね。パタはどうしても添付を回転させることができません…。
                    今日は雪柳と小豆柳? アイリスとスイートピーとオクラレルカ、メリー等です。
                    雪柳がおもしろい枝ぶりだったので、いい感じに生けることができて先生にほめていただいたんですが、この写真じゃ我ながら何が何だか…。
                    それにしても立花ももう本当に何年もやっているのに、いちいち何をどうしたらいいのかわからなくてわー!となってしまうのはそろそろ卒業したいような…。
                    母はパタが腰が痛い〜痛い〜と言いながらお花に行くのを見ると、もうやめちゃいなさい…とか言いますが、お花ってパタの唯一の文化的な行動なので、なかなかやめる踏ん切りがつかないのです…。
                    多分、パタの腰が爆発するのが先か、先生が引退されるのが先かという追い込みに入っていると思われるので、何とか先生の引退までは続けたいような気も致します…。
                    たまにちょっと先生にほめていただくと途端に気持ちが大きくなりますがwまあ本当にお花は嫌いではないので、できるだけ続けたいとは思います…。

                      幽霊弁護士・桜沢結人の事件ファイル2 (角川ビーンズ文庫)
                    読書報告。望月 もらん著「幽霊弁護士桜沢結人の事件ファイル 2」読みました。

                    幽霊が見える弁護士、桜沢君の幽霊がらみの事件解決物です。
                    ほぼラノベですが、結構面白かった。こういうのって弁護士とか題名に冠してあってもほとんどそういう場面が出てこない本も多いんだけど、この本は健闘してます。ちゃんと法廷の記述もあった。おお、弁護士してる…とか思いましたw
                    でも、死んだ後の人を裁く霊察庁を始めとするもろもろがあるトンデモ設定なので、どうにも現実味がなく、真面目なシーンが空回りする感じではあります。
                    あと、せっかく桜沢君の相棒に幽霊を持ってきたのに、その幽霊が普通に家事をするわ物を食うわで、幽霊の特性を生かせてないのがもったいない気がします…。
                    幽霊と名のつく一般人なら、普通に生きた人間が相棒でもいいじゃん…。
                    まあ、いろいろ書いちゃいましたが、パタ的には好みの本なので、続きが出るなら買いたい気もしますが、2巻で止まってしまっているようです。
                    桜沢君の天敵である実のお父さんや、ものすごく癖のありそうな女検事とか出てきて楽しくなりそうなのにもったいないなあ。
                    気に入った本ほど続刊が出ないのでした…。
                     
                    お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    お花
                    0
                      IMG_0088.JPG
                      お花教室に行ってきました!
                      今日は立花。材料は、こおりやなぎとヒペリカムと小菊など。材料を書き留めてこなかったのでちょっとよくわかんない…。
                      ほとんど先生の作ではありますが、なかなか秋の風情が出ているんじゃないでしょうか。

                      ところで、先生は今年の夏、大病をされたそうなのです。
                      先生もまあお年なので、時々お教室を休まれるのですが、パタも月一しか行ってないのでそういう時に遭遇するとは限らず。
                      どうやら、先生のご不在の合間を縫ってお教室に行っていたようで、そのこと自体は全然知らなかったのですが、先生が世間話のように入院のお話をされたので、びっくりしました。
                      で、先月、自分のうちにマリアージュのマルコポーロのティーパックを買う口実に、先生のお見舞いも買いましたw
                      いや、結構高価なので、そういう言い訳がないと自宅用なんて買えないのですw
                      そしてワクワクしながら先生に貢いだのが先月。先生には、いつもおやつをごちそうになってしまうので、時々何かお返しをしないといけないといつも思っているので、返っていい機会でした。

                      で、今日のお花教室なのですが。
                      先生がニコニコおっしゃるには、「パタさんにいただいたお茶、今日みんなで飲もうと思って、楽しみにしていたの!」だそうで…。
                      や、パタは先生に飲んでいただければいいと思ったのですが…と言えるはずもなく。そうですか〜と機嫌よく答え。
                      先生がお茶を淹れる様子を何気なく見ていたのですが。
                      先生は、あの小さなティーパックを一つ取り出して、あらかじめお湯を入れたお茶碗5個に、次々とジャブジャブくぐらせたのでした…。
                      あ、そんな淹れ方じゃ、紅茶の味でないな〜と思いましたが、…さらにそんなことを言えるはずもなく。
                      まあ…マリアージュの紅茶ですから、いい香りはちゃんと出ていたのですが、案の定紅茶の味はしないのでした…。
                      うーん…でも、それで先生が楽しむ分が増えるんならそれはそれでいいか〜。
                      そして、先生が切り分けでくださったチーズケーキが、とっても美味しかったことを付け加えておきましょう。
                      なんかちょっと…かなり…納得のいかないティータイムではありましたw
                      お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                      shelf
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search