お花
0

    IMG_0459.jpg

    あっ、写真、肝心なお花のてっぺんの首が取れちゃってる…。

    今日はお花に行ってきました。今日は季節もののカキツバタの一種生けで、写真で見る限りではあっさりしたお花ですが、材料費がいつもよりだいぶ高いのでした。

    このお花だとたぶん、假屋崎先生なんかだと華やかさに欠けるとか、剣山が丸見えとか言っちゃうのでしょうか。池坊の古式ゆかしき生け方で、今日はかなりちゃんとできているのですが。

    それにしても、長年やっているのでかきつばたも何度もやっているのですが、カキツバタとか花しょうぶだと決まりごとが多く、大体葉の表裏を探しているだけで時間のほとんどを割いてしまいます。

    今日も2番目の先生が付きっ切りで教えてくださいましたが、それだって限られた材料の中から役枝に合うものを探すのでほとんどの時間が費やされるという…。まあ形式にとらわれるものはいろいろ難しいネ…ということで。

     

    ところで最近、いつもお花教室に行くとお茶とお菓子をいただいてしまうのですが、今日はクッキーと紅茶でした。

    先生がしきりに、バニラって書いてあるのにどう見てもチョコレートなのよ…とブツブツおっしゃって、袋を見せてくださいましたが、どうやらそれは、バリラという会社名でした…。

    パタはその場であっという間に、これはバリラですね。会社の名前なんじゃないでしょうか…といってしまいましたが、もしかして空気を読んで、おかしいですね〜といっておくべきだったかとあとで反省しました…。

    でも先生相変わらずチャーミングで大好きです…クッキーもおいしかったです…。

    気の利かない弟子ですが、お許しください…w

    お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    お花
    0

      IMG_0448.jpg

      お花教室に行ってきました。今日は久しぶりに自由花。毎度毎度思うんだけど、パタの腕が悪すぎるのか、お花の写真はどうしてもちゃんと写らない。奥行とか空間とか、そういうお花で重要なものが何一つ表現されなくて、なんとものっぺりした感じになります…。

      今日のだってめちゃくちゃに一列に並べてあるみたいだけど、実際見ればそれなりに…なんですよ。手前に揺れるコデマリもかわいいし、クロッカスのいい香りもする。ちゃんと春っぽいお花になってます。

      こうしてみると、つい假屋崎さんのお花査定を思い出して、あんなに上等な花を、お値段も考えずにありったけさせるんだったら、パタだってそれなりのお花が生けられる…とか思っちゃいます。

      …まあ假屋崎先生の評価はいつも全然納得いかないけどね…。

      というか、草月の方々は、假屋崎先生のあの評価で草月を判断されちゃっていいのでしょうか。あれは断じて生け花じゃない。フラワーアレンジメントだ。

      …いつものことながら、お話が変な方向に向いてしまいましたが、まあとにかく春のお花を生けてきましたよ、ということで。

       

      お花のあとは、新宿に出て自社ショップに行ってきました。新年のバーゲンも再値下げになったので…本社勤務の人たち限定で行われる激安の会社バーゲンも年2回あるけど、パタは努めて自社ショップに行くようにしています。品ぞろえが全然違うもの。そして、お客様気分を味わわせてもらえるもの。

      今日は、ちょっと見ないデザインのチュニックを買ってきました。袖がレースの7分丈なので、真冬に着るには厳しそうだけど、なかなかかわいいデザインなので会社に着て行って見せびらかしたいです。

      というか…うちのお店だとあんなにかわいいデザインのお洋服は、お客様層と合わないと思うんだけど…その辺企画はどんな判断をしてるんだろうか。だから売れ残りがたくさん出ちゃうんだよ。もうちょっと熟慮してほしいところです。

      お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      残念というか
      0

        IMG_0437.jpg

        相変わらず写真の腕が悪い。お花は、先生に褒めていただいたんだから、さほど悪くもないと思うけど、今回は撮った位置が上から過ぎるのかな。お花の材料は、大きい葉っぱがたぶんタニワタリ、黄色いのがポンポン菊だと思います。

        先生ともしみじみお話をしてしまったけど、新風体という生け方は、センスを問われるものなので、パタみたいにしゃくし定規の人には難しいお題です。

         

        今日は先生に、先日の会社バーゲンでゲットした妙にお高い上着を献上してきました。

        パタ的には少し早くお教室について、できるだけ生徒さんたちの人数が少ないところでこっそり差し上げたいと思ったのですが、パタがいつもよりはだいぶ早く家を出たにもかかわらず、すでにお教室はほぼ満杯で、先生は受け取ってくださったものの、その場で見てくださることはなかったのでした。

        見てくださったら、ちょっと肩が狭いかも…とか、うちで広げたので、うちのこつぶちゃんの毛が付いているかも…とかいえたんですが、そういうこと一切なし。先生の反応が見たかったなあ…。

         

        ところで、さすがに夕べは寒かったので、さっきヒイヒイ言いながら寝具を真冬用にカスタマイズしました。

        あったかい敷布の下には電気敷毛布、そして羽毛布団のカバーはほぼ毛布みたいなやつ。

        夕べも、まあ寝るだけなら羽毛布団一枚で何とかなるのですが、ちょっと体を動かして、今まで体温であっためてないところに手足が行くと、たちまちヒヤァ…となるので、いちいち目が覚めてしまい、こりゃやっぱりだめだ…と思い切りました。

        いつも思うけど、お布団のカバーって替えるの超大変。たぶん、主婦の嫌いな家事のベストテンにたやすく入ると思います。

        世の中の、主婦の仕事が楽だと思っている男性に一度でいいから一人でやってみろと言いたい。うちの父なんて、絶対できないって。

        そんなことを考えながらやるから、ますますカスタマイズが大変になる一方なのでしたw

         

        お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        お花
        0

          IMG_0436.jpg

          お花教室に行ってきました。

          久しぶりに写真を撮れたので載っけてみましたが、な、なんか面白い作品になってる…。実際見たときはそう変でもなく、皆さんにステキとほめていただけたんですがねえ…。

          今日の主な材料はボケ。ピンクの、大きい梅みたいな花です。

          …ここまで書いてふと思ったけど、ボケってたぶん、花弁はピンクというより赤が一般的なんじゃなかろうか。

          それに、ボケと思いながらやっていたけど、考えてみたらとげもなかったなあ…ボケじゃないのかしらん…ボケはパタのほうとかいう話ですかw

          もとい。

          今日のお花は立花という、池坊を代表する生け方なのですが、そのアレンジで、現代風の立花ということでした。

          新風体という、立花の形を守りつつ自由に生けるというお花もあるのですが、それよりさらに新しく、現代に即した立花ということのようです。

          要するに、立派な床の間を備えた和室がある家庭が少なくなった現代、小さなスペースでも伝統的なお花を楽しめるように、全体的に小ぶりで少なめのお花で立花を楽しみましょう…という試みだそうです。

          うん、まあ楽しいは楽しかった。お花が少なくて済むから、いつもの腰痛もそうひどくなる前に片付けられたし、パタんちではお花は玄関に飾るしかないので、そういう意味でもやっぱり現代的でぴったりなのかもしれません。

          もう涼しくなってきたので、お花もしばらく持ってくれることと思います。我が家のごちゃっとした玄関に、一服の清涼剤となってくれるといいんですが…w

           

           

          お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          久しぶりの
          0

            JUGEMテーマ:今日のこと

             

            今日は久しぶりでお花教室に行ってきました。

            7月はちょうど台風の到来で先生から日程の変更を打診されたのに都合が合わず、8月はあまりにも暑すぎて疲れるしお花も持たないので思わずさぼってしまったので、都合3か月ぶりなのでした。

            いやあ、なんというか、すべて忘れ果ててるって。

             

            今日のお花はお生花新風体でした。池坊を代表するお生花という、足元を一直線にそろえた生け方で、独創的な生け方をしましょう…と言うやつです。

            パタこの独創的というのが超苦手で、決まりきった役枝をたどっていく方がどれだけいいかわかんない。それにしてもその決まりきった役枝も今一つ覚えてないんだけれども。

            とにかく、自由に、形にとらわれずに…と先生がおっしゃると返ってテンパってしまいます。

            今日のお花は紫式部とコスモスと、なんか大きい葉っぱ。名前も聞いたんだけど忘れちゃった…。

            紫式部というのは、小さな紫色の実がたくさんついた枝です。かわいいんだけど、これがめっちゃ落ちる。

            結構やわらかい実で、踏んづけると潰れるので、本当はあんまり室内に飾りたくないんだけど、かといって全部捨てるわけにもいかないから、今玄関に生けてあります。靴の中に落ちないといいなあ。

            今日のところは久しぶりの割には先生に褒めていただきました。秋の風情だそうです。

            やっと涼しくなってきたので、しばらく玄関を飾ってくれそうです。

             

            帰るときにセールをやっているという成城石井に行って、おでんの入った袋やドレッシングの大きい瓶を買ってしまったらもう重くて重くて、本屋さんにも行きたかったんだけど到底無理になっちゃいました。

            なのでこれからAmazonに突撃します。今回は新刊がいっぱいあるので大変ですw

            あんまり余計な散財はしないようにしよう…。

            お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            ホットお花
            0

              IMG_0400.jpg

              ここしばらくちょっと立花をちゃんとできるようになりたいと思い、毎度やってます。立花は材料費も高いし時間がかかって足腰に負担がかかるのでちょっとアレなんですが、ちゃんとできればとてもきれいなお花です。

              今日はアジサイの立花。写真は今一つなのですが、実物はもうちょっとはきれいなんですよ…。そして、背が高いので、全景を入れようと思うとどうしても脇のバッチいのが入っちゃってそれもまた何とも言えない感じです。

              今日は珍しく自主的に生け、先生にもそれなりに褒めていただきました。よかったよかった。

              来月もう一度立花をやろうと思います。それで何とかつかみたい。

              そうこうしているうちに、お生花をすっかり忘れそうな予感がするところもなんともはやな感じではありますがw

               

              さて題名のホットお花なんですが…。

              今日は都内でも湿度が結構高いのか、それなりにあったかかったはずなのですが、お花に行ったら狭いところに大人がひしめき合っていて、しかも窓もドアもぴっちり閉め切って、ノーエアコンでした…。

              なんかパタ、年のせいか最近妙に汗をかくのです…若いころは、まず鼻の頭にびっしり汗をかいたものですが、なんか頭皮とか首から大量に汗をかきます。気が付くと、髪を伝って汗がパタパタ落ちていたりして、我ながら焦ります。

              今日もそのように暑い環境だったので、ハンカチを握って離さず、お扇子で時々仰いだりしながらしのぎました…。

              パタ一人が暑いわけじゃなく、後ろのふくよかなおば様も、暑いとか言っていたし、誰かはなんか香ばしくなっちゃっていたので、誰も言い出せなかったのかもしれません。とにかくお教室の平均年齢が高いので…なんたって古参OLのパタが若手なんだもの。

              来月お花に行くときには、もっと対処しないといけないのかもしれません。

              ホットヨガなら体によさそうだけど、ホットお花は何とも言えずにわびしい感じがいたします。

               

              お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              残念…
              0

                JUGEMテーマ:今日のこと

                 

                今日はお花教室に行ってきました。

                皆さんは、早春らしいレンギョウを生けていましたが、パタのお花は違うやつだったので、ネコヤナギと雪柳とアイリスでした。

                三種生けという…まあほぼ基本の形のお花をやったのですが、最初に差す真の枝がよほどまずかったのか、ほぼ先生が生けてくださっちゃったという…なんなんだ。

                パタ肩書きだけは正教授なのに、なんか本当に何にもできなくて申し訳ないです。

                写真も割愛…もう少し早めに家を出ないと、写真を撮るのに都合のいい場所を取られちゃって、撮ることもできやしないのでした。

                 

                ところで、パタにはあこがれの花があります。

                蝋梅という、早春に咲く花で、名前の通り蝋で作ったような薄く透明感のある花弁がとても美しい梅です。

                これがもういつもやりたいと思った時にはすでに時期が終わっているのです。

                お花教室で生けるお花は大体がお任せなのですが、これがやりたい!というと先生が都合してくださいます。

                それで今日は、こんな腕ながら、ずうずうしくもリクエストしてみました。

                 

                先生は一瞬困った顔をされましたが、一応お花屋さんにお問い合わせしてくださいました。

                パタ的には梅なんだから、2月頃までは大丈夫なんじゃないか…と思っていたのですが、どうやらすでに季節が終わっていたらしく、もしも申し込むなら12月頃とのことでした。

                12月か〜。一応先生にはそれでは次の12月には忘れずに申し込みます!と言っておきましたが、実はそこまでお花教室に行っているかどうか自信がないという。

                パタ自身の腰が壊れるかもしれないし、先生だっていろいろ不調を抱えていらっしゃるのだから、前と同じようにずっと続けられるとは限らない。

                まあパタは、こつぶちゃんの養育費のためにも何とか定年までは働きたい…と思っているし、働くならお花教室ぐらい行きたいとは思いますが、それとこれとはまた別のお話。

                一体パタはいつ憧れの花に巡り合えるのでしょうか…。こうご期待というところでしょうか。

                お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                お正月のお花
                0

                  JUGEMテーマ:今日のこと

                   

                  今日からお休みですが、いつもの時間に起きて、朝からせっせと支度をしました。

                  お花の先生がわざわざこの押し詰まった日にお稽古の日程を入れてくださったので、朝からお教室に通うのです。

                   

                  例年なら頑固に土曜日に通うので、年によっては嫌に早くからお正月のお花を準備するようになってしまったりするのだけど、今年はいいタイミングでした。

                  電車も空いていて快適…お花教室は自宅から電車2本乗り継ぎで1時間ほどのところにあるので、座れないとつらいのです。

                  お花って机も椅子もあるけど、座っていると視点が低いので、結局立っちゃってずっと中腰でやるので、最終的に腰が壊滅的になるのです。

                  今日はお花自体も投げ入れでササッとできたし、電車も座れたので体には優しいお花でした。

                   

                  さて、お正月のお花ですが、今年はボケと松と菊です。

                  10種類ぐらいの中から選べるのですが、先生はあんまり高いお花を勧めないので、大体4〜5種類の中から選ぶことになり、毎年似たようなものを生けているような気がしますが、多分ボケが入っているのは初めて選んだように思います。

                  ボケ、お正月に合わせるのに失敗したのか、なんかすでにかなり散っている枝が来たような気がします…。まあ枝振りがよかったので、お正月らしく大きく華やかに生けられたのでよかったなあとは思います。

                  先生曰く、ボケはついているつぼみは必ず全部咲く、とのことです。菊も固いつぼみだったので、両方開くとますます華やかになっていいんじゃないかと期待しています。

                  ところでボケ、かなり鋭いとげがあり、うっかりつかんで痛い目を見ました…。何事も焦らないが肝要ということでしょうか。

                  今我が家の玄関は、菊などのいい香りがします。これがお正月まで持てばいいんだけども。

                  せいぜい世話をすることにします。

                  お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  お花
                  0

                    IMG_0305.jpg

                    久しぶりに写真を載せることができました。お花教室です。

                    今日の材料はツルとシンビジュウム、あとチースかな…お花の名前を聞いてこなかったのでうろ覚えではありますが、見たことのあるお花です。

                    生け方は自由花。ツルなんかの自由度の高いお花だとよく自由花で創意工夫を生かしてご自分のお好きに生けなさいと言われてしまいます。

                    パタはこの、創意工夫…というのが子供のころから大の苦手。作るんだったら自分の好きなものを好きなように作る工作よりも、決まりきったものを当てはめていくジグソーパズルとかクロスステッチなんかが好きです。

                    そんなことで、いつも自由花と言われると同じようなものを作っているような気がします。今回も、たくさんあったツルをひとまとめにし、ぐるっと丸めて無理やりリース状にしてそれを生けました。

                    同じ材料で生けていた両隣の方たちが、割と一本一本を生かした生け方をされていたからか、パタのは反対に目立ってよかったようですが、それだって先生にだいぶ直されてしまいました。いつまでたってもなんか今一つあか抜けないパタ…。

                    しかも、自宅で生け直したら、もっとわけわからなくなっちゃいました。長年やってるお花だけど、難しさばかりが募ります。

                     

                    そして今日は歯医者にも行ってきました。

                    先日おせんべいを食べていたら、ものすごい音がして白っぽい物が取れ、異物混入だ…と一瞬思ったのですが、よくよく口の中を検めると奥歯が欠けていたという。

                    多分、虫歯の治療の後でもともと薄くなっていたところに普段から氷をかじったりするので、たまたまおせんべいで限界を迎えただけで、原因は氷のかじりすぎだと思うけど、それでも氷はやめられない…今となっては一番の好物かもしれないです。

                    歯が全滅したらどうするんだろう。氷はやっぱりかじって何ぼだと思うんだよな。子供のころから割と虫歯が多かったので、いまさらですが何事もない歯がうらやましくてしょうがないです。

                    後悔先に立たずが多すぎるパタの人生なのでした…。

                    お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    剣山が
                    0

                      JUGEMテーマ:今日のこと

                       

                      写真はなしですが、今日はお花教室に行ってきました。

                      久しぶりにお生花をやってきました。これは、立花ほどではないにしろ、いろいろ約束事があって気を使うお花です。

                      今日の題材はガマ、竜胆、雪柳でした。
                      涼しげなお花ができました。

                       

                      ガマもそうですが、雪柳もなかなか矯めが効かない枝で、案の定パタは欲張ってぽっきりやっちゃいました。

                      お花をやっていてポキッという音をさせると、枝もさりながら、何よりも心が折れます…。

                      まあ今日は何とか修正も効いたのですが、そうでなかった日にはそこばっかり目立っちゃって、他のどこがどれだけ素晴らしくても、みんな帳消しになる感じです。

                      先生みたいなみどりの指…ちょっと違うか…が欲しいです。

                       

                      ところで…パタんちは木曜日にはいつもみんなで楽しくプレバトを見るのですが、何度見てもお花の査定が納得いきません。

                      假屋崎先生はとにかく足下が見えちゃダメと言いまくり、ちょっとでも剣山の見えているお花には厳しい評価を下すのですが、今日パタがやったお生花なんかは、池坊の伝統的な生け方なのですが、剣山に足もをと一列にそろえて挿す生け方なのです。

                      当然、剣山なんて丸見えです。

                      もしもきっちりお作法に則ったお生花を生けて假屋崎先生に見せたら、思い切りダメ出しを食らうのでしょうか…草月の癖に…w

                      まあ流派の違いはあるとは思いますが、どこの流派でもそんなに剣山に目くじらを立てることはないと思います。

                      假屋崎先生はよく、生け花とフラワーアレンジメントは違うと言いますが、まさしくその通りで、假屋崎先生の教えているそれはフラワーアレンジメントで間違いないと思われます。

                      誰かに意見を聞いてみたいところです。

                       

                       

                       

                       

                      お花 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                      shelf
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search