ありがとうございます。
0

    JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

     

    台風19号は、とてもありがたいことにパタが住んでいるあたりには大した被害を残さなかったけど、今朝のテレビを見ていたら、長野の方、すごいことになっていてびっくりしました。

    日本は水の豊かな国だから、その分水害リスクも高いとはいえ、川が決壊してしまい、あんなに広範囲に水害が及ぶともうなんというか…気の毒でしょうがありません。

    最近はスマホの復旧で各地の被害がリアルタイムで伝わってきて、緊迫した空気も感じられます。高齢のご婦人が、孫かひ孫の生まれたての赤ん坊を抱いて救助を求めている写真などが回ってきたようです。水につかったから屋根に上がれと言われたって、ご老人や赤ん坊はなかなか難しいでしょう。また、せっかく救助したのに、ヘリコプターから落としてしまって亡くなってしまった…などという二次災害も起こっているようです。

    水害は時間差で襲ってくるとか。上流に降った雨が下流に流れてくるのはまだこれからだ…などという恐ろしい話も聞こえてきて、テレビ越しに眺めるしかない我々は気の毒さに臍を噛むしかありません。

    これから収穫するのであろう田畑が泥水に使っている有様も胸を痛めます。消費税も上がったことだし、本当に十分な補償をしてあげてください。

     

    そんな中、しびれるニュースもありました。ラグビーワールドカップのカナダ対ナミビアが昨日の台風で中止になったのですが、釜石に滞在していたカナダ代表選手たちが、被災した土砂を片付けるボランティアに参加してくださったそうです。ありがたくて涙が出そう。何かと日本を敵視する隣の国なんか断行してもいいから、こうして善意を示してくれる国とか、真っ先にお見舞いを述べてくれる国とかを大事にしたいものですな。

     

    ちなみに、ラグビーは今日、日本対スコットランド戦をやっていて、パタはまたかぶりつきで見ました。ベスト8進出おめでとうございます! 4勝で予選突破とはすばらしい。まあ、半分日本人じゃないチームでも、日本の強さを世界に広めてほしいです。

    TV | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    強い!
    0

       

      にわかラグビーファンをやっておりますパタです。

      今日も前のイングランド対アルゼンチンをやっていた時から鼻息荒くテレビを独占しちゃって楽しみに見ました。サモアも日本より順位が低いとはいえ、強いチームです。

      ラグビーに限ってのことじゃないかもしれないけど、体格とか体力とかのことをフィジカルっていうのね…どんどん新しい言葉が出てきて、人間もそろそろ古くなってきているパタには覚えるのが大変です。

      サモアといえば、これまた人間が古いパタにとって覚えていることといえば、小学校の音楽で習ったやたら明るいサモアの歌しかなかったりします。青い青い海とかサモアの島常夏だよ〜と言う歌詞は、幸せいっぱいで何にも悩みがなさそうな印象を受けましたが、さすがにラグビー選手となると、分厚い胸板に太い足で、なんかダンプカーの集団のようです。日本の選手は結構華奢な人も多いので、力負けしそう…と思いましたが、実際にはタックルで押し勝つなど、負けてないパワーを見せてくれました。

      そして堂々の大差で日本が勝ちまして! パタは途中でお風呂に入ったりもしたにわかの上に怠惰なファンではありますが、後半はしっかり見られたので、終わり間際の松島のトライとか、かなり興奮しながら見ました。

      やっぱり負けても勇敢さをたたえるけど、勝った試合っていいよね! 身も心もすっきりします。

      こうなってくると、絶対に勝てないに違いない…と思ってみなかったアイルランド戦がつくづく悔やまれます。やっぱりちゃんと見るべきだった。

      次の試合は来週の日曜日、またしても強敵のスコットランドですね! また楽しみににわかを発揮しようと思います!

       

      TV | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      東大王
      0

        JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

         

        最近水曜日は東大王というクイズ番組を見ることにしています。
        もともとクイズ番組好きではあるのですが、この東大王の面々がなんかかわいくてしょうがないのですw
        今日は3時間スペシャルとやらで、パタは肝心の結末が見られませんでしたが、今検索したところ、修学旅行は残念な結果に終わったようです。井沢君が壁としての機能を大いに発揮したということですかね。
        まあ大体間違いないだろう…とは思っていましたが、パタのお気に入りのジャスコも順調にレギュラーの座を獲得したようだし、また来週からも楽しく見ることができそうです。

        ジャスコ氏に関しては、最初に見た時は彼ががちがちに緊張していたこともあり、怖い目つきで不精髭の彼が、芸能人チームの皆さんからかわいいかわいい言われているのが腑に落ちなかったのですが、見れば見るほどかわいくなっていきました。
        彼に限ったことではないのだけど、皆さんとても素直でまじめな印象です。やっぱり、東大に入る子たちは、親の言うことをよく聞くまじめな子が多いのでしょうか。

        パタの一押しはヒカルちゃんですが、残念ながら予選落ちした砂川君も紀野さんもそれぞれ魅力的なので、これからも出てほしい!
        ヒカルちゃんは初見からかわいい子だなあ…と思っていましたが、先日マジックを見て、幼稚園児みたいな素直な驚きの表情で一生懸命拍手をしている姿を見て決定的にやられました。かわいいなあ…本当に。ヒカルちゃん双子だっていうけど、あんなかわいい子が二人もいたらそれだけでハーレムだなあ。エビちゃん姉妹より潤っちゃうなあw
        どんどん意見がおばさん化していくのはある意味しょうがない。最年長の井沢君だって、まだ20代でしょう…パタにとっては息子みたいなもんですw

        東大王というクイズ番組は、かなりのハンデ戦ですが、それをなぎ倒していく東大王の面々がとても素敵なので、これからも楽しい番組を続けて行ってほしいです。
        一言も触れなかったけど、水鶴コンビもいい味出してますよ〜w
        TV | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        怖…
        0

          JUGEMテーマ:今日のこと

           

          今日は昨日の代わりの臨時透析に行ってきて、帰宅したらお盆ということで、いつも突然現れる叔母夫婦が来ていてちょっとげんなりしました。

          まあ…両親もいい年になったのに、相変わらず訪ねてきてくれる親せきというのはありがたいものなのでしょうが、父はその貴重な妹に向かって、たまたま現れたゴキブリを取ったやつを目の前に突き付けるという悪行をしでかしていました。それも相当しつこく。

          というか、そんな中学生男子みたいなこと、後期高齢者がするか…。本当にうちの親父は変な人です…。

           

          ところで題名の怖…ですが。

          今日は前から楽しみにしていた「ボイス」というドラマが始まる日だったので、わくわくと準備をして見始めたのですが。

          なにこれ…怖っ!という感じの感想でよろしいっすか。

          見始める前は主人公の唐沢寿明さんじゃちょっと年齢的にどうなの…などと思っていたのですが、あの執着というか、緊張感はきっと若手じゃ出せないに違いない。

          そういえばパタ、子供のころから、怖いものに追いかけられるとか、そういうのめっちゃ苦手だった。

          単に怖いものが出てくるとかならまだ大丈夫なんだけど、被害者が追い詰められて、助けを求めてもなかなか助けてもらえず、逃げ惑うとか大の苦手だった。

          なんかあのドラマ、一から十までそんな感じなんだけど…果たしてパタは、ずっと続けてあのドラマを見られるのでしょうか。

          しかし今日の終わりはものすごく気になるところで終わっていて、続きを見ないとそれはそれで怖くてしょうがないような気がします。

          ううん…まあ少しは見てみようとは思います…。

          TV | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          腹立たしい
          0

            JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

             

            今日は透析の病院で、0.1%の奇跡! 逆転無罪ミステリーという番組を楽しみに見ました。

            実録とかいうと、実際は説明的なお話が長くて、途中で眠くなっちゃったりするのですが、この番組は終始注目して楽しく見ることができました。

            パタは会社が暇な頃、ついネットをぐるぐるしては犯罪史だの、えん罪事件簿だのを見ていたので、どのお話も何となく記憶にあるようなお話でした。

            実際に検事をやっていた人たちを3人も集めて並べて座らせたわりに、検事側の意見を述べるところがとても少なくて、あれじゃせっかく番組に出てくれた検事さんたちになんかかわいそうな気もしましたが…日本の警察は検挙率世界一だなんて言っていたころは、相当無茶な捜査や取り調べをやっていたそうで、たぶんこうして有名にならないえん罪もたくさんあったんだろうなあ…とは思います。

            パタがネットで聞きかじった情報によると、関西のほうにものすごく検挙率の高くて、鬼の何とか…みたいな二つなのついた警察官がいたそうなのです。でも、そいつの捜査はとりあえず犯人を決め、それを検挙したら事実のいかんを問わず無理やりに口を割らせることで有名で、昔の話なので実際に暴力なんかもかなりふるっていたそうです。

            そんな奴が名刑事の名をほしいままにして、おそらくは国の税金から高い報酬を得ていたことを思うとやり切れない思いがします。

            今回も、悪役側の刑事たちは、とことん高圧的で悪知恵が働いて不誠実で、その実ウソが暴かれるとものすごくみっともなく狼狽したりして、悪役としての正しい表現をしていたと思いますが、かなりイライラさせられました。

            あんなの…取り調べという隠れ蓑を着た暴力じゃないですか。今年からやっと捜査の可視化が進んでいるということですが、そういうやつは厳罰に処してほしいです。

            まあ…教育と同じで、あんまり人当たりが柔らかくなると、図に乗るやつも増えそうだけども。

            とにかく、殺人事件なんかはなかなか巻き込まれないでしょうが、痴漢えん罪なんかは本当に身の回りにあることだし、質の悪い学生はゆすり目的で全然何にもしていない人を糾弾したりするそうなので、本当に他人ごとではありません。

            こんな話題、一つも出さなくて済むような平和な社会ならいいなあと思う一方、それだと刺激が足りなくて、別の種類の犯罪が増えそうな気もしてしまうパタでした…。

             

            TV | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            思わず
            0

              JUGEMテーマ:今日のこと

               

              今日は金曜ロードショウで実写版美女と野獣をやってました。

              パタは最初、たいして興味もなかったのだけど、なぜか母が鼻息を荒くして、これ絶対見る!といっていたので、ついつられて最後まで見てしまいました。

               

              もちろんアニメのほうの美女と野獣は見たことあります。かなり忠実に作られているように思いました。

              ベル役のエマ・ワトソン、かわいいけど美女というにはちょっとパンチが足りない…と思ってしまったのはパタだけでしょうか。やっぱり西洋人の美人というと、金髪に青い目…というのが定番に思えるからです。いや、すごくかわいかったんだけどね!

              そしてアニメで表現していたものを実写版にすると、特殊効果などで見劣りがするんじゃないか…などと思ってしまいましたが、実にきれいに世界観を表していてとても楽しめました。ベルの黄色いドレスに金の刺繍がまといつく様子なんて本当に夢みたい…。技術の発展って素晴らしい…とか思ってしまいました。

              ところで、かわいいベルや素敵だった王子様よりも、とことん下種なガストンが際立って見えたんですけど…。アニメでもこいつは超嫌な奴…と分かっていたのに、最後の野獣との対決シーンでなおさらこの下種が…!などとぐらぐら思ってしまいました。

              あんな物語で登場人物が死んですっきり…なんてことにはならないんだけど、あいつは生かしておいたら向後の憂いになること間違いなしなので、やっぱりあのラストを迎えるしかないのでしょう…。

              母につられてみただけなのに、ついムキになってみてしまい、不覚にもベルがお城を離れるシーンではうっかり涙が…w パタにも多少かわいらしいところがあったようですwww

              金曜ロードショウ、いつも透析から帰ってくる時間にかかってしまって、中途半端にしか見られないのであんまり見ないのですが、来週のアラジンも楽しみに見てみようと思います。

              TV | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              なんかショック
              0

                JUGEMテーマ:今日のこと

                 

                パタは基本的にテレビドラマが苦手でめったに見ないのですが、最近あんまり見ないと会社で話題についていけない…と思ったのと、金曜日の10時台の奴なら、翌日に響くことなく、スケジュール的にも無理することなく見られるのがわかったので、面白そうなのがあるときは見ることにしています。

                それで今日は高畑充希ちゃん主演の「メゾン・ド・ポリス」を見てました。今日は第二話です。

                 

                帰宅するのが遅くなってしまい、慌ててテレビをつけた時にはすでに15分ほど過ぎた後で、最初の殺人は終わっちゃってました。

                そこで容疑者として、中山エミリちゃんが出ているのに気が付きました。

                エミリちゃんといえば、かわいい笑顔で以前はよくテレビでお見掛けしましたが、最近あんまり姿を見かけなくなったので、すっかり引退されたのかと思っていました。

                …余談ですが、ピラミッドの内部を外国人の有名な教授とレポートする番組が数週間あって、その時に教授と一緒について回っていたのがエミリちゃんと菊川怜さんで、交互にやっていたのですが、菊川さんが放映されている間中文句を垂れながら歩き回っているのに比べ、エミリちゃんはニコニコしながら一生懸命ついていき、結構真剣に質問をしたり解説を聞いたりしていてとても好印象でした。というか、菊川怜さんがひどすぎたんだけど…w

                そんなこともあり、パタの中で中山エミリちゃんといえばかわいい女の子…というイメージだったのですが。

                今日のドラマでは、結構重要な位置とはいえ、犯人側、しかも…ネタバレですが…殺されちゃうという、アイドルにあるまじき役柄でびっくりしました。

                さらにびっくりしたことが。

                亡くなった時に重要な証拠を残すのですが、その時にアップになった手が…なんか…どう見てもかなりお年を召した手で…。

                なんか…ああエミリちゃんも立派に年を取ったんだ…と、がっかりしたような、感じ入ったような。

                うん、そりゃまあ、芸能人だって年を取るよね…そりゃわかるんだけどもさあ。

                出来れば有名な人には如実に時間の経過を感じさせるようなことはしないでほしいとか思ったりしたのでした…。

                 

                 

                TV | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                フィギュア
                0

                  JUGEMテーマ:今日のこと

                   

                  いよいよ年末も押し詰まってきて、テレビ番組が面白くなくて困ります。

                  今日の7時台のテレビ欄は見事に2時間番組で埋められていて、そのどれもに興味が持てなくて往生しました。

                  透析中は、興味深いものを見てないと眠くなって血圧が下がるのでよろしくないのよ。

                  最初はヒロミとタッキーがなんか一生懸命作っている番組を見ていたのだけど、どうも最初から、いくら大工の息子だからって、素人が作るもので子供を遊ばせてだいじょうぶなんか…と懐疑的に思っているし、そもそもヒロミにもタッキーにも興味がないのでどんどん眠くなってしまい、チャンネルを変えました。

                  色々さがした結果、男子フィギュアを見ることにしました。

                   

                  パタんちはあんまりスポーツに興味がなくて、しいて言うならマラソンとお相撲ぐらいしか見ない家庭です。

                  そりゃまあ、オリンピックともなればちょっとは見るけど、それでもたぶん平均的な日本人の家庭よりもだいぶテンション低く見ています。

                  なので、普段ならわざわざ透析の時に決してフィギュアなんて見ないんだけど、今日に限ってはやっぱり宇野君の足が気になって、それでつい見てしまいました。

                  見始めたら意外と興味深く、寝ることなく見ることができました。

                   

                  それにしても、選手の年齢が中学生から大学生まで…高橋大輔選手はもっとかな…幅広いので、顔を見るだけでも年齢の差がうかがえてしまいます。

                  若い選手の台頭には目を見張るものがありました。思えば羽生君が最初にテレビに出始めたころも、あんなふうな性別すら定かでないような、妖精みたいなかわいらしさでしたよ。

                  最後に演技した子なんて、17歳ということだったけど、まあ手足が長い長い。あまりにもひょろ長くて、カトンボみたい…とか、失礼な感想を抱いてしまいました…。

                  宇野君は、彼や羽生君に比べるとちょっと寸詰まりな感じを受けますが、たぶん宇野君のほうが一般的かつ健康的。

                  今日は痛い足を押しての1位、お見事でした。よく頑張ったとブラウン管…いや、最近はブラウン管じゃないのか…ともかく、画面の向こうから控えめに拍手しておきました。

                  そして高橋大輔選手もよく頑張りました! 長いブランクのあとだから、予選落ちしてもおかしくなかったと思うけど、頑張りとファンの多さに目がしらが暑くなったりして。

                  まあみんな、日本の大事な宝ですから。これからもケガにだけは気を付けて、頑張ってほしいです!

                  TV | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  普通に
                  0

                    JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

                     

                    テレビで高校生クイズをやっていて、透析の病院から引き続き、普通に見て楽しんでしまいました。

                    いやあ〜パタも年齢を重ねたせいか、こういう番組や高校野球など、ついかわいくて見てしまいますわ…。

                     

                    うちはスポーツはあまり見ない家庭で、野球は特に見ないので、パタと高校野球との出会いはそんなに早くはないです。

                    でも、当時はお兄さんたちが一生懸命野球をしている…という認識で、それがいつの間にか子供、あるいはヘタすると孫…いかん年がばれるwみたいな子たちが一生懸命汗水たらしてやっている姿を見ると、試合の勝敗よりもいじらしくて、つい見入ってしまいます。

                    特に今年はバカみたいに暑くて、なんでこんな暑いときの真昼間に、高校生たちを炎天下でスポーツさせるかな…と憤りを感じたりしました。

                    事実、熱中症みたいな症状も出ていたようだし、日本の夏は年々暑くなるのだから、開催する方も少しは考えるべきだと思います。今時交通機関も発達しているんだから、せめてナイターでもいいじゃないの。

                     

                    もとい。

                    今日の高校生クイズは、高校野球とは違ったベクトルで楽しく見てしまいました。

                    知力体力時の運、に地頭力とかいうものが加わったようで、出題されるクイズもバラエティーに富んでいて面白かった。まあ結局、決勝まで残るのはやっぱり偏差値の高い学校の生徒だったように思いますが。

                    壁を登らされたり、落とし穴に落とされたり、まあ高校生なんだから体力を使った出題もいいなあと思います。やっぱり若さでしょうか、柔軟性のある考え方で、難問を解決していくのに感心しちゃいました。

                    そして桝さんよく働くなあ…と思いました。毎日朝の番組をやっていて、他にもたくさん番組を持っているのにさらにこんな特番もやっちゃう。なかなかブラックな働きぶりですねw

                    さらに余計なことを言っちゃうと…乃木坂のお嬢さんたち…顔面偏差値にばらつきがありますな…ダンスと歌がよろしければいいんでしょうかね…。まあファンでもないパタが余計なことを言うな…と言う感じではありますが。

                    こういう番組は楽しくていいので、また来年楽しみに見ようと思います。

                    TV | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    ハウル
                    0

                      JUGEMテーマ:漫画/アニメ

                       

                      パタは自宅ではあんまりテレビは見ない方なんだけど、今日は思わずハウルを見てしまいました。

                      病院で最初の部分だけ見ちゃうから、気になっちゃうんだよね。パタの一番のお気に入りは、髪染めを失敗して落ち込んでどろどろにとろけちゃうハウルですw パタもなんか落ち込んだことがあるときには、あのようにわかりやすく落ち込みたいですw そこのシーン、今日は見られなかったけどw

                      もとい。宮崎作品は、美しい画像と躍動感あふれるシーンで誰しもとっつきやすい作品が多いですが、その実結構深いというか、難解なお話が少なくない。パタはいまだに、ポニョなんて災害で亡くなった子の夢見話だと思ってるもん。

                      ハウルも、もう多分見たのは片手では数えきらないぐらいだと思います。でも、見るたびに新しい発見があるというか。

                      最初に見た時なんて、その時々によって若返るソフィーの不思議なんて気が付かなかったもんね。そして何度見ても、魔力を吸い取られてしまってからの荒地の魔女は、うちのばあちゃんによく似てる…と思います。

                      多分あれきっと、ボケちゃったお年寄りを知っている人ならみんなそう思うと思います。宮崎さんの描写力と、美輪明宏さんの演技力の賜物ではないでしょうか。

                      大人ばかりの場面でひときわよく動いてかわいいマルクル君も、11歳だった神木隆之介くんの演技だとか。今でも確かな演技力で高い人気を誇っている彼が、子供のころからぬきんでた子役だったんだなあと、この作品でも思い知ります。

                      神木君ももう二十歳も超えたのか…将来有望な俳優さんに育ってくれて、アニメで何度かお世話になった身としては、ありがたいやら嬉しいやら。

                      今日も見ちゃったけど、またやったらまた見ちゃうんだろうなあ。良作のアニメはいつみても楽しいです。

                      TV | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                      shelf
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search