海の趣味 vs 山の趣味 やってみたいのはどっち?
0

    海の趣味 vs 山の趣味 やってみたいのはどっち?

     

    今月も何とか滑り込みで、すべての仕事を終えられそうです。よかったよかった。

    一生懸命働いて話題がないので、お題…と思ったのですが…また答えづらいお題を…。

    まあどっちというなら、海かなあ。スキューバダイビングとか、やってみたいなあ。

    だけどぶっちゃけ、山の趣味ってキャンプぐらいしか思い当らないのですが…あ、スキーなんかも山の趣味か。

    でももう水着自体何年も着てないし、今となっては日焼けが恐ろしすぎるので、海も山もゴメンナサイな感じです。パタはとことんインドア派でこれからもやっていくと思います…。

     

    海でも山でもなくていいなら、バンジーとかスカイダイビングとか、やってみたかったけど、今となってはどっちも腰が怖すぎてできません…。

    時々ニュースで、100歳のばあさんがスカイダイビング…なんてのも見かけるけど、おばあさん、腰は痛くないんだろうか。そういうのに対する好奇心って、男性よりも女性の方が強いような気がします。

    てゆーか、大体の男性は女性に比べてビビりだよね…特に病院では、そんなのが顕著に表れます。

    看護士さんに当たりまくって困らせているのは、大体男の人です。それもいい年のおっさん。

    あの年代の人たちは、男であるだけで大事大事に育てられちゃって、女はなんでもかしずくもんだと思い込んでいるから、そういうみっともないことができるんでしょうね…。

    もとい。

    なんでも積極的にトライする同僚のMちゃんは、スカイダイビングにも挑戦したそうで、一生に一度はああいう経験をしてもいい!と熱心に誘ってくれます。生まれ変わった心地がするそうな。

    パタも若いうちになんでも挑戦しておくべきだった。今になって後悔してももう遅いw

    若い人たちはあとで後悔しないように、何でも挑戦することを強くお勧めいたします。
     

    日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    思うようには
    0

      JUGEMテーマ:今日のこと

       

      今日は朝から雨が降り、昨日の暑さとは打って変わって過ごしやすい一日でした。今夜はゆっくり眠れそうです。

      お休みの日には手芸をしたいのだけど、読みかけの本がなかなか終わらないので、とにかくこれを読まなけりゃ…と思うと、一日それでつぶれてしまいます…いや、楽しんだんだから、つぶれたといういい方は当たらないのかもしれないけれども。

      そんなことで今日も、だらだらと寝落ちしながら読書を楽しむという最高の休日を過ごしていました。

       

      一角獣の繭 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)

      読書報告。篠田 真由美著「建築探偵桜井京介の事件簿 一角獣の繭」読みました。

       

      建築探偵本編も13冊目ということで、なんだか建築探偵らしさは建物の説明のみで薄ーくなってしまっております。

      このシリーズはちゃんと登場人物が年を取るので、初々しい少年だった蒼君もみずみずしい青年になり、おそらくは誰もを硬直させる美貌の京介も30代半ばに差し掛かったころと思われます。

      今回は京介の出番の極端に少ないお話でした。舞台のほとんどが、鏡平という架空の陸の孤島である別天地で展開され、奥手な蒼君にはお似合いのゆるゆるした恋愛模様が描かれてます。

      トリックは目を見張るようなものではなかったけど、モチーフとして描かれているユニコーンの神秘性と、裏で暗躍している松浦の不気味さが対比されてなかなか読みごたえがありました。

      シリーズもいよいよ最終章ということで、最後の最後には京介がそんなことに! となってしまいますが、予定された展開としては整然と描かれた結末ではないでしょうか。

      読むのにかなり時間がかかってしまいましたが、楽しく読めました。

       

      余談ですが、パタはこの本を読み終わって、最終巻が出ていることを知り、さっそくAmazonで注文したのですが、うっかり14冊目を親書で買ってしまいました…。うん、お値段がっていうより、本の大きさが嫌なんだよね〜。

      でも、返品も面倒くさいので、ぶつぶつ言いながら、このままで通してしまうと思います。

      並んだ文庫の中に1冊だけ新書…格好悪いなあ、もう。

      日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      初めての
      0

        JUGEMテーマ:今日のこと

         

        今日は神経痛の病院に行って薬をもらった後、いつものようにデパ地下のお魚屋さんに行ってたくさんのマグロの切り落としを買いました。晩御飯はそれで鉄火丼をしました。うまかった。

        あとはアグー豚の切り落としと、茗荷の芽の大量に入った奴。茗荷の芽は珍しいから買ってみたのですが、酢漬けにしたらなんだかかたくて食べられない…と母には不評です。

        アグー豚は見つけると買います。切り落としなのでお手頃なお値段ですが、パタはこの豚肉に出会うまで、豚肉のブランドによってこんなに味が違うもんだとは知りませんでした…豚肉は広域に豚肉のお味だと思っていましたよ。

        アグー豚、おいしいですw

        明日はたぶん、この切り落とし肉で肉野菜炒めかなんかを。

         

        そして題名の初めてですが、今日は美容院に行って、生まれて初めてのヘアカラーをしてきました。

        今時、ヘアカラーしたことがないなんて珍しいやつと思いますが、パタの髪は地色が赤っぽいので、なんとなく染めたテイストなのです。

        なので、今までみんなが染めるだのなんだの言っている時にも、あんまりそんな必要性は感じなかったのですが、さすがに年齢的に白髪も出て来るし、マニキュアぐらいはするようになりました。

        しかし母が、パタの髪は年齢に似合わず黒すぎて重い!と文句を言うですよ…。

        ちょうど、お誕生日の割引券が来たので、試しにカラーしてみよう…と思いました。

         

        信頼している美容師のお姉さんのお勧めで、ピンクブラウンというのを選びました。

        よくわかんないんだけど、白髪はピンクに染まり、それ以外の髪はブラウンに染まっているとか。

        しばらくするとピンク部分が抜けてしまって普通のブラウンになるそうですが、まあ…それはそれでいいんじゃないの…とは思います。

        出来上がりは、お姉さんが言っていた外人風…というのはちょっと?という感じではありますが、だいぶ明るい感じです。

        まあパタのことだから、鏡を見ない限り染めたことなんて忘れ果てていて、いちいちあれっとか思うのだけど…。

        そう大差ないような気もするので、誰か気づくか微妙なところですw

        だれか気づいてくれるといいなあ…大枚はたいたんだからw

        月曜日が楽しみですw

        日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        ボウリング、得意ですか?
        0

          ボウリング、得意ですか?
           

          えーまたこんな、偏ったお題…。

          苦手です! というか、ほとんどやったことがありません…。

          ずいぶん前に社員旅行のとき、ボウリングがあって、パタはほとんどやったことがありません!とちゃんと申告したにもかかわらず、ビギナーズラックというか、むしろ力加減がわからず、思いっきり踏み込んでなぜかストライクを取ってしまったことがあります…。

          でも、その時はもうちっとで大転倒しそうな勢いだったし、2投目からはしょぼしょぼやっていたので当然ながら全然点が取れず、1回目のときにこの人は謙遜している…とぬか喜びさせてしまい、同じチームの人に大変がっかりさせてしまいました…。

          うん、パタ人生押しなべてそんな感じ…。

          もうちょっと要領よく行きたいです…。

           

          会社が大変熱いので、パタはついに扇風機を自費で持ち込んでしまいましたが、かなり役立ってます。

          でも、小さくて出力も大したことのない扇風機ですが、ずっとあたってるとダルーくなってしまい、結局長時間は使えないでおります。

          パタは根っから暑がりですが、かなりの寒がりの係長までが暑い暑いというので、やっぱりあの部屋は尋常じゃない暑さなんじゃないでしょうか。経理部なので、どうしても扉をつけなくてはいけないらしく、狭い部屋にひしめき合って座っている所、四方を壁で囲まれちゃっているのです。人ひとり通れるぐらいの開口部は、大した通気の役には立ちません。

          部屋から一歩出ると涼しくてうっとりするもの…。

          熱中症など起こす前に、会社側には何とか対処してもらいたいものです。

           

          そしてパタは、家庭用にもデスクの上に置く小さな扇風機を買ってしまいました。

          夏場は熱暴走とやらでパソコンちゃんがフウフウ言って恐ろしいし、パタも暑いので、これで何とかしのぎたいところです。

           

          日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          いらないな…
          0

            JUGEMテーマ:今日のこと

             

            今日は母が老人会で2泊三日のバス旅行に行ってしまい、パタと父が留守番です。

            パタは常々、父にも一緒に行ってほしいと思ってます。今は父がこつぶちゃんの世話をしてくれるからまあいいかな…とも思うのですが、こつぶちゃんにはペットホテルという手もあるし、父に残っていられるといろいろ面倒くさいのです。

            母には自分ばっかりのびのびしちゃってずるい…と思います。言いはしませんが。

            今日だって透析から帰ってきて真っ先にしたことと言ったらお勝手の洗い物。食べてもいない一日分の食器を洗うのって、とても面倒です。

             

            父はバスに酔うのが怖いチキンでバス旅行を拒んでいるのですが…というか、とことんわがままな人なので、集団行動ができないんですな…。

            でも今回は、他にも理由があったようです。

            父が長年追っかけている演歌歌手が、お茶付の軽いコンサートみたいなものをやったらしく、父はそれに鼻の下を伸ばして参加してきたようです。

            で、イベントの一つに抽選会があったようなのですが。

            それで1位を引いたとかで。

            その演歌歌手のステージ衣装のドレスを持ち帰ってきました。

            …そんなの一体どうすんの…という世界ですよ。

             

            父もさすがにこれは持て余しているようですが、なんというか、真っ白でスパンコールとビジューがたっぷりついたやつ。

            そんなに大きい人じゃないと思うけど、ものすごく長いので、引きずって着るのが正しいようです。

            でもそんなの、せいぜいウエディングドレスぐらいにしか当てられないし、当然パタも周りの人も結婚の予定なんて皆無です。

            背中がコルセットみたいに紐で締めるようになっているので体型を選ばず着られますよ〜とのことだったらしいのですが…。

            いや、いつ着るの、そんなの…。

            和服だったらまだしも…いや、和服にしてもステージ衣装じゃ無理か…ともかく、1位という割には扱いに本当に困るものでした。

            父はきっと、そんなタンスの肥やし以上にならないものでも捨てられないのに違いない。ためしになら着てみたい気もするけど、ビジューのせいかものすごく重いし、本当に無駄としか言いようがないです。

            我が家のたんすには、そんなものをしまっておける余裕なんてないのよ。

            まったく、父のやることなすこと、いちいち無駄なのでした…。

            日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            あったよ!
            0

              JUGEMテーマ:今日のこと

               

              今日は月曜日なので、お昼ご飯は軽くパンで済まそう…と思い、いつものパン屋さんに行きました。

              先日、大好きなクリームパンが販売されておらず、もやっとしているパン屋さんです。

              するとですねえ、今日はちゃんとありましたよ! 例のクリームパン!

              もちろん大喜びで買いました。3つもw

               

              クリームパンと言えば、うちの偏食の父も大好きなものなので、以前から一度買って帰ろうとは思っていたのです。

              でも、朝買ったパンってどうよ…と思い、でも、夕方にわざわざよるのも…と躊躇しているうちに売ってなくなっちゃったものです。

              なので今日は見かけたらすぐ人数分買いました。パタはお昼に食べるけど、両親は明日の朝にでも食べればいいと思って。

              でもクリームパンじゃないですか。なんというか、保存がとても心配です。

              会社も病院も涼しいから、まあそんなに心配するほどのこともないのかもしれないけど、クリームにあたると相当ひどいそうな。

              父と母には十分言い含め、透析を経て帰宅してからは冷蔵庫に入れちゃいましたが…パンって冷蔵庫に入れると格段に味が落ちるんだよなあ…。

              明日の朝、おいしく食べてくれることを祈りつつ、当たったりしないようにハラハラしているのでした…。

               

              ところで父は偏食の上偏屈なので、きっとクリームパンがグローブ型じゃないと言って文句を言うに決まっているのです…。

              あの偏屈、一体どうしたらいいんだか。

              日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              女子会
              0

                JUGEMテーマ:今日のこと

                 

                今日は高校時代のお友達とランチでした。

                楽しかったです!

                 

                もうパタたちの年齢で女子とかいうのはおこがましいにもほどがあるんだけど、やっぱり気分は若やぎます。子供のころのお友達は、いくつになっても懐かしく心やすいです。

                前回は確か2年前だったと思うのだけど、2年もたつとなんだか結構みんな変わります。

                特に、一人体調を悪くされた子がいて、とても痩せてしまっていてびっくりしました…。

                でも、今日はよく食べて話してくれていたので、きっとこれからはどんどん回復に向かうのだと思います。頑張れ!

                てんでに喋りながらも、徐々に近況報告みたいなものになっていて、パタはもうずっと同じところに勤めて同じように透析をして過ごしているので、変わったことと言ったらペットのワンコが変わったぐらいのものなんだけどwみんなは子供の成長とともに生活も激変したりしているようでした。

                みんなそれぞれ、楽しみと同じぐらい苦労もある様子。そして、具合悪くされちゃった子も、原因をただせば多分ストレスなんだろうなあ…とは感じました。

                そして、よくあることなのですが、パタさん働きながら透析していてえらい〜と褒められてしまいました…。

                まあ確かに働きながら透析をするっていうのはなかなか骨なことだし、若い子でもそういう環境に耐えられなくて全然仕事もできない…というのはよく聞く話だけど、パタは今の生活、あんまり苦労だと思ったことはないのです。

                まあ、生活全般両親に頼りきりで、パタがしていることと言ったら本当に会社と透析だけだというものもちろんあるのだけど。

                なんか、そういうことを大変だ…と思う回路がパタの中には欠如しているようなのです。何とかなるんじゃない…?というのが昔も今もパタの口癖であり、指標でもあります。

                うん…たぶんこれは母譲り。とことんメンタル強く生んでくれてどうもありがとう…というところです。

                楽しい楽しいランチで、思いがけずパタの内面を思い知ってしまいました。

                まあこれからもがんばりますよ…。

                 

                 

                日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                飴ちゃん
                0

                  JUGEMテーマ:今日のこと

                   

                  会社が定時で帰れたので、帰るときにちょっと遠回りして、手作り飴のお店に行ってきました。

                  ネットで見ると、飴も包装もものすごくパパブブレに似ていて、パクったか、あるいはスペインの同じ店で修業してきたか…という感じではありました。

                  ものすごく似通ったデザインで、飴の中に文字が書いてあったりするのだけど、はっきり言ってクオリティはパパブブレの方がはるかに良い、というか、メカっぽい。ちゃんと読ませる努力をしてる感があります。

                  まあ…実際お店に行ってみたら、かなりオリジナルの飴ちゃんも作っていて、カラーを出そうとしている努力が見えました。

                  でも、お値段設定まで同じだったので…はっきり言ってパタは、パパブブレの飴ちゃんは好きだけどちょっと高いので、似たようなのが安く買えるんならそっちに行こう…と思って訪ねてみたので、リピあるかどうかは今日買い込んできた4種類の飴ちゃんを食べてからの判断になると思います。

                  お店に行くと一つお試しに食べさせてくれるとこまで一緒で、しかもその渡し方、トングまで一緒だった。

                  でも、緑茶を練り込んだというのはパパブブレにはないフレーバーで、かなりお砂糖味がしました。

                  うん…仕事をしながら連続して食べるにはやっぱり、パパブブレの方がいいのかなあ…。

                  まあ、後々のお楽しみということで。

                   

                  ところで、お店に行ったら接客のお姉さんばっかり見ちゃって気が付かなかったのだけど、厨房というか、工房?の中で飴ちゃんを作っていたお兄さんが、レイトン先生みたいなシルクハットをかぶっていてびっくりした…。

                  子供相手を意識したファッションなんだろうけど、なんだろうなあ、あれ…。

                  日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  おしえてください、歯医者さんエピソード!
                  0

                    おしえてください、歯医者さんエピソード!

                     

                    面白いお題なので乗っちゃいます。

                    パタが子供のころ通っていた歯医者さんは、今思うとあんまり腕がよろしくなかったです。母に言わせると、パタはだいぶかわいがってもらったようなのですが。

                    どちらかというと、恨みの方が募ります…。

                     

                    当時、歯医者さんというと予約制など一般的でなく、歯医者さんに行くと大体1時間ぐらいは待たされるものと覚悟の上行ったものでした。

                    基本的な器具は変わらないけど、やっぱり細かいところがいろいろ違います。パタ思うに一番違うところは、審美歯科などというものが影も形もなかった時代であること。最近は、軽い虫歯なら削ったりすることもないという噂ですが、パタが行っていたころはもちろん麻酔なんかなしで、思う存分削られました。

                    型を取るときも、最近みたいに口の形全体を取るなんてことは絶対にせず、削ったところにのみなんかを詰めて、そこに熱した針を刺して引っこ抜く…みたいな感じでした。

                    パタの通っていた歯医者さんは、その直火で熱した針を、口の中に落っことしやがったですよ…。

                     

                    もちろん熱いので、口を全開にしたままがー!叫び、必死になって針を転がしました。だってひとっ所においておいたらやけどするじゃないですか。

                    なのに先生はにやにや笑って、そんなに動かしたら取れないよ〜とぬかしやがりました。

                    ようやく拾い上げてもらった時には口の中がひりひりするし、でも文句も言えなくて、ものすごく腹が立ったのを覚えてます。

                    今だったら…というか、アメリカだったらひと財産もらえるほど訴訟できるっつの…。

                     

                    その先生は他にもいろいろやらかしてくれました。いきなり頼んでもいない前歯を削るとか、前のお姉さんを泣き叫ばせるとか…。

                    やっぱり端的に言って、あんまり腕がよろしくなかったのでしょうが、子供だったパタは歯医者さんを替えるという知恵が浮かばなかったし、浮かんだとしても近所に他の歯医者さんなんてなかったのでした。

                    今は妙に歯医者さんが増えちゃって、より取り見取りだけど、いまだに歯医者さんに行くと緊張しまくっておなかの調子が悪くなっちゃうのは、間違いなくその歯医者さんのせいだと思います…。

                    こんな感じで、パタの子供のころの歯医者さん事情でした…。
                     

                    日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    オープントゥ
                    0

                      JUGEMテーマ:今日のこと

                       

                      今日は有給を取りました。

                      差別激しい勤務状況でも、かろうじて有給だけは正社員の皆様と等しく与えられた権利なので、せめて月に一度は休もうと思うからです。月に一度休んでも、結局有給は半分ぐらい捨てちゃうんだけれども。

                      前は結構余裕で休めたのに、最近忙しくて、今日も一日休んだらまた月末に来てひーこらなりそうで、休みながらもドキドキしてます…。

                       

                      今日はだらだら過ごすのもいいなあと思ったのですが、頑張って靴を買いに出かけました。

                      今履いているオープントゥのパンプス、すごく安く売っていたのを今年だけ…と思って買って数年が経過してしまいました。踵も減ったし、内側がべりべりですこぶるみっともない。そろそろここらでお暇を出そうと思います。

                      また安いのでいいかなあ…と思ったのですが、そういう靴が今風でないのか、あんまり目指しているものがなく、パタの足は超むくんだりして難しいこともあり、予定よりはちょっとオーバーしましたが、まあおしゃれなのを買えました。踵も高いけど、まあ何とかなるでしょう…。

                      近々お出かけの予定があるので、その時に履いていけるといいなあと思います。

                       

                      そしてなぜか母が乱入してきたので、ご飯のおかずとか、なんだかお高いパンを買いました。いくら難しい人の名前の付いたパン屋さんだからと言って、小さいのを4つ買って1200円てちょっとすごいと思う…。

                      明日の朝食べる予定でいますが、まずかったらどうしてくれよう…という感じです。

                       

                      日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                      shelf
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search