来た来た
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    先日悩んでいたMOS受験に向けた通信講座、やっぱり頼んでしまいました。

    とはいっても、とりあえずスペシャリスト向けのみ。その上にエキスパートというのがあるそうなんだけど、エクセルとワードともにその二つの受験向けの講座がなぜかネットから申し込めなくて、まあバラで受講してもあんまりお値段も変わらないか…と思い、とりあえず下から攻めることにしました。

    そして今日、教材が届いたのですが、開けてみると真っ先に目に付くところに受験用鋼があって、それによると受験料が1万円以上もするのでした。たっか!

    簿記の試験の時はそんなにお値段しなかった気がするけど…さすがマイクロソフト、がめつく稼ぎます…。

    ということは、受験するかどうかわからないけど、するとしたら一発合格狙うしかないじゃないの。世知辛いなあ。

     

    ちなみに、今日届いた教材は妙に軽く、開けてみると本が1冊とあとはCDロムが入っているのでした。そりゃそうだよね。パソコンの授業なんだから。

    簿記の時は厚めの本がみっちりギッシリ入っていて持ち重りしたのに。

    もしかすると今どきの簿記もCDロムを選べたりするのかもしれないけど、パタ的には勉強はやっぱり紙に向かってガリガリ書いたり消したりを繰り返すのが理想です。体で覚えさせるという。

    うーん、簿記の勉強を始めた時も、もう賞味期限の切れたお脳でどこまでできるか…と思ったけど、やっぱりお金を掛けたらそれなりに成果はほしいところです。

    まあやれるだけやってみます。

    日常生活 | comments(0) | - | -
    entry_bottom
    残念ながら
    0

      JUGEMテーマ:今日のこと

       

      昨夜は母遅くまでフェルト細工を頑張り、何とかでかい顔のウサギを仕上げたようです。

      パタも母も初心者なのだから、見本の通りに作らなくてはいけないのに、母はなんだか見本を広げもしないで作ったりしているのでした。

      最終的に耳と尻尾を残すのみになり、原毛を針でつついて固めるのが面倒くさくなったらしく、妙に耳だけふわっとしたウサギを仕上げたようです。パタはまだ見てないので何とも言えませんが。

      なんでそんなに頑張って仕上げたかというと、母と父が所属している老人会の展覧会があって、今日が作品の搬入だったそうなのです。

       

      パタが作ったリスがかなりかわいかったので、母は自信たっぷりに作品を持ち込んだようですが、結果惨敗を喫したようです。

      まあ…初心者なんだからしょうがないんだけども、リアルな犬猫の作品を作る上級者が、それも複数いらしたようで。

      かなりリアルな猫の前にぐうの音も出なかったようなのです。

      父曰く、母は負けたー!と雄たけびしたとか…。

      付け焼刃なのでしょうがないんじゃないの…これまでもパタのニットを自分のものとして作品展に出したりしていたので、ちょっとした罰が当たったんじゃないでしょうかw

      パタ的にも、老人会の作品に負けるのは癪なんだけど、長年それをやってこられた方がいれば、負けるもやむなし…とは思います。

      母にはいい勉強になったかもです…。

       

      ところで、フェルト細工のキットがあと3つ残っているのですが、パタは今この気分が上がっているうちにそれらを仕上げるべきでしょうか。

      どんなものにも乗っているときがあるもので、そういう時に熱心に挑めば成長も早いと思われます。

      でもまあ…母にせかされて根を詰めたので、飽きちゃった…というのもあります。

      まあおいおい仕上げるとは思いますが…。どうだろう…w

      日常生活 | comments(0) | - | -
      entry_bottom
      大人だからこそ
      0

        JUGEMテーマ:今日のこと

         

        今日のカテゴリは日常生活としましたが、会社での出来事です。

        先日仕上げたリスのがま口をもって会社に行き、みんなに見せびらかしてきました。

        そしてたっぷり褒めてもらい、幸せな気持ちになりましたw

         

        何を大人げないことを…とも思いますが、大人になればなるほど、人からほめてもらう機会が少なくなる気がします。

        なので、ああいうのは本当に貴重な機会。それに、無理無理ほめてもらったとしても誰に影響を与えるわけでもないので気が楽です。

        …ずいぶん前、やっぱり仕上げたニットを会社に持って行ってほめてもらっていた時、偶然にもYちゃんがやはりニットを仕上げて持ってきたことがあり、比べるとパタが作ったほうは編み目こそ単純なものの、色を豊富に使って派手な見栄えだったので、Yちゃんになんか申し訳ないことをしちゃった…と思ったことがありました。

        まあそんな偶然は滅多に起こらないので、パタはこれを自慢しよう!と思うと会社に持っていく癖があります。

         

        話は戻りますが、大人だってほめてもらえばうれしいし、幸せな気持ちになる。

        なんで大人になると褒められなくなっちゃうんだろう。パタは機会を逃さずなるべくみんなを褒めるようにしています。

        叱って言うことを聞かせるより、褒めて伸ばしてあげたほうが絶対に伸びるとも思うからです。

        まあ自らほめてもらいに行くのはパタぐらいかもしれませんが…。

        とりあえず今日一日はとてもいい気持で働けましたw

        また何か作ったら持っていくと思いますw

        日常生活 | comments(0) | - | -
        entry_bottom
        血圧
        0

          JUGEMテーマ:日々のくらし

           

          最近血圧が高いです。

          昨日は雨が雪交じりになってとても寒かったので、血圧を測ってみるとべらぼうに高くてびっくりしました。

          今日は少しは落ち着いたとはいえ、だいぶまだ高いです。

          今日はヨガだったのですが、熱心に体を丸めたり顔を伏せたりするポーズをやっていたら、なんか胃がむかむかしてきて、それがいまだに続行中です。

          本当に胃が悪いのか、血圧のせいで不具合が出ているのかよくわかりません。

          しかしまあパタは血圧高いのには免疫があって、あんまりびっくりはしないのです。

          若い…というか、まだ半ば子供だった頃、腎臓が悪いと宣言されてから血圧が高くなり始め、上が270の下が190という大記録をたたき出したことがあるからです。

          あの時は、お友達と旅行に行こうと約束をしていて、その数日前の週末で、やっぱり胃の調子が悪い…とか言って、今日でないとお医者さんがやってないと思い、土曜日の夕方駆け込みで入った初診の病院でそんなデータを出され、先生を震え上がらせました。

          当然旅行は中止。そのまま病院に担ぎ込まれ、降圧剤をぶち込まれたらものすごく頭痛になってしまい、結局ちゃんと病人になってしまいました。

          あの時旅行をドタキャンしちゃったお友達には本当に悪いことをしたと今でも思います。今でもお付き合いのある人なので、時々会うとしばしばそのことを思い出してしまいます。

          キャンセル料を払わせてごめんなさい…。妹さんと行ってともっと強く言うべきだった…でもパタ入院しちゃってたからな…。

          当時は携帯なんか全然なかったので、病院から連絡をつけるのは至難の業でした…。

           

          もとい。

          まあそんなことでいつまでも高血圧を引きずっているのは不穏なので何とかしたいのですが、これは多分ドライウエイトを下げないとどうもならないんだろうなあ。でもドライウエイト下げても引ききれないんだもんなあ。

          悩ましいですが、もしかしたらまたお薬が増えるかもです…。

          薬ばっかりそんなに飲みたくないなあ…。

          暖かくなれば少しは違うと思うのですが…。

          春が待ち遠しいです…。

          日常生活 | comments(0) | - | -
          entry_bottom
          できたよ
          0

            20200118_2424729.jpgimage0.jpeg

            先日から作っていたフェルト細工が完成しました。

            なかなか上出来なのでUPしてみる。写真にすると光が足りないなあ…。でもまあ、手のひらに載るほどのがま口財布、力作なのがわかるでしょうかw

            ちなみに、これは2作目で、1作目のおのれの器用さを過信していい加減に作ったら断じて違う生き物になってしまったハムスターのお財布もありますが…それも載せるべきでしょうかw いいところだけ展示して許されないでしょうかw

             

            これはフェリシモの6回通販できた動物がま口キットで、母にも同じものでウサギを与えて作らせているのですが…母が老人会の展覧会に出すというので…なぜか母のウサギはこの子の倍ぐらいのでかさになっています。

            小ぶりなところがかわいいのに…。どうも母は懇切丁寧な説明書をすっ飛ばし、したいように作っているようで、だからそんなに膨張するんだよ…としか言えません…。

            あと、多少は道具が悪いかも。パタはこのキットを買った時に一緒にちゃんとしたフェルト細工用の針を購入したのですが、母が作ると言い出したのが急だったので、ダイソーで慌てて購入した針をあてがえたのです。

            ダイソーのは2本針で、パタのよりも機能的なんじゃ…?と思っていましたが、細かいところをするのに2本だとやりづらく、パタの1本の針と交換してやったら、なんか全然絡まないのでした…。

            やっぱり、お値段出せばそれなりにいいものが手に入るってもんだよねえ…。

            まあそんな感想を抱きつつ、あまりにも小ぶりでかわいいので、老人会の展示会なんかに出すとうっかり持ち去る人が現れるんじゃないかと危惧しております…。

            皆さんご老人ですが、スタッフの方にはしっかり目を光らせていただきたいと思いつつ。

            日常生活 | comments(0) | - | -
            entry_bottom
            悩み中
            0

              JUGEMテーマ:日々のくらし

               

              今確認してきたのですが、パタはこのブログを書くようになってなんと14年も経つのだそうです…。

              こんなに長いことほぼ毎日パソコンを立ち上げていじっているくせに、パタは会社では初心者で…と言っております。

              まあ一通りのことは何とかやっていますが、パタはエクセルもワードもあんまりよくわからないのです。

              特に毎日使うエクセルの、関数なんて何それおいしいの…?という状態。なんか関数使えと言われても、Σぐらいしか使えません。

              当然、誰かが作ってくれた表は超大事で、それらを一生懸命使いまわし、時事の変化に従って恐る恐る変更を加えたりしています。

              とにかく、何か変更を加えるときにはコピーして、それからでないと手を出せません。うっかり壊しちゃったら二度と復元できない自信があるからです。

              最近経理部の仲間になった賢いKちゃんは、エクセル使えます!と堂々と言えるスキルの持ち主です。パタもすでに何回かお世話になっています。

              しかし、気が付くと部内でもパタのパソコンの腕は最低値らしく、いくら古い人間がパソコン苦手でもしょうがない…という風潮があるにしても、あまりにも…という気がいたします。

              それでパタは最近、MOSの通信教育講座を受けようかと考えています。

               

              パタが入社したころはパソコンなんて影も形もなく、しばらくしてから分厚い奴が部に1台あるかないか…という状態だった世代です。

              パタがパソコンに関してショックだったことは、こんなに何にもできないと言いつつも、何とか表を作ったりピボットを使えるようになったのに、同級生でものすごく優秀だった子が、主婦業に徹していたらパソコンなんて全然できない…という状態になってしまったこと。

              パタたちはちょうどパソコンに関しては端境期で、ちょっと上の人ならそんなもの知らん、わしは出来ん!で通せたし、もうちょっと下なら学校で授業があったりして、一通りは扱えるようになっているようで、一番損な世代だなあと思います。

              ワープロなら一生懸命勉強したんだ…今の若い子はワープロなんて知らないんじゃないの。パタは今となってはお笑いの、ワープロ検定2級だったかな…も持っています。

              なので、タイピングが楽しくてポチポチいじっているうちに何とか会得したという、とても中途半端な状態なのです。

              でも、いちいちわからなくて誰かに頼るのが本当に癪なので、やっぱり勉強しようかと思いますが…そんな講座だってお安いお値段じゃないし、第一いつまで勤め続けるかわからない。今更新たな資格なんて取ってもしょうがないような気もします。

              まあ…資格はパタの場合アクセサリーみたいなもんだから、挑戦してもいいのかな…とは思いますが。

              この土日でパンフレットを眺めながらひとしきり悩んでみようと思います。

              勉強自体は嫌いじゃないのでやりたいけど…いったいどこにそんな時間が…というのが本当の問題だったりして。

              日常生活 | comments(0) | - | -
              entry_bottom
              感慨深い
              0

                JUGEMテーマ:日々のくらし

                 

                今いろいろと話題のかんぽ生命から、大切なお知らせが届きました。

                パタもかんぽ生命で契約しているので…とはいっても、話題の不正などではなく、ずっとかけていた個人年金の満期のお知らせです。

                不正問題に関しては、うちの母もなんか引っかかったようで…契約して、1回目は現金で支払い、その後口座から引き落とされるようにしておくと、当時通ってきていたかんぽ…当時は郵政省の職員でしょうが…と約束したのに、契約自体されていなかったそうです。

                口座から引き落とされるのを確認しなかった母もうかつではありますが、結局現金で支払った1回目の金額が帰ってこなかったそうです。

                うちの母は結構強気な人なので、ずいぶん窓口で粘ったようですが、契約されてないの一点張りで…ってゆーか、自分では証書持ってなかったのかね…とにかく、1万円だか、その職員が猫糞しちゃったようなのですよ。

                それがわかったのが今だったらもしかして、この騒ぎに紛れて保障してもらえたかもしれなかったけど、それ自体もうずいぶん前の話なので、相当悔しかったらしく、母はいまだにその話を時々致します。

                パタか父が付いていけば丸め込まれなかったかもしれないのにねえ…。

                 

                もとい。

                個人年金ですが、パタは透析を導入すると同時に、生命保険に入れないことを悟りました。

                まあ、パタの場合入院するようなことがあると必ず透析がセットなので、結局そんな保険に入らなくても国が保障してくれるので、必要ないのですが…とにかく、まだ若かったパタは、将来に備えなきゃ…とか思ったのです。

                でも、当時かかっていた内科の先生が、透析導入したら20年生きられないっていうし、個人年金掛けるにしても、満期が30年後だというので、そんなに生きていないかもしれない…とドキドキしながら契約したのを覚えています。

                それがいつの間にか満期になっちゃって。まあ微々たる金額ですが、これからしばらく月々いくらかいただけるようです。

                なんか…うん、パタも年を取るわけだよな。でも、無事に満期を迎えることができて、とりあえずの達成感みたいなものを感じています。

                パタはとても薄給なので、退職してからもらえる社会年金もおそらく最低額ですが、これらの個人年金で何とか飢えずに生きて行かれるんじゃないでしょうか。

                とりあえず、退職と同時に携帯解約しなきゃ…とか、そんな事態にはならなさそうでちょっとほっとしています。

                ううん、世知辛いなあ。でも、今時独り身で年金をもらうようになる女性なんてありふれているんだから、夫婦単位を基本に考える年金には限界が来ていると思います。

                貧困の老人が一人でも減ればいいなあと思いつつ。

                日常生活 | comments(0) | - | -
                entry_bottom
                あーあ
                0

                  JUGEMテーマ:今日のこと

                   

                  久しぶりの会社で、明日にはまたお店が忙しくなってしまうのがわかっているので、今日はとりあえず電話をかけまくりました。

                  そういうこともあってか全然はかどらなかった…予定していたところまで行きつかず、なんとも無念の気持ちでいっぱいです。

                  また月末になって焦りまくるのだろうか…やだなあ…。

                   

                  まあそんなことで仕事を終え、透析も終えて帰宅すると、キッチンにパタのボディミルクが待っていました。

                  母が定位置から落として、ポンプの首部分をぽっきり折っちゃったようです…。

                   

                  先日、フェルト細工をしたときにも手芸用のボンドを使ったので、母は焦って貼り付けようとしたようですが、まああんなにミルクが口まで来ちゃっているものを簡単にボンドで止めるわけにもいかないでしょう。てゆーか、ポンプの首をボンドで止めたら穴も塞がるがな。

                  パタは日々なるべく怒らないようにしています。特に、お金で解決できることは一切怒らないよう気を付けています。そんな日々の積み重ねか、パタは満員電車でイライラしても、ちょっとやそっとでは怒らないようになってきています。

                  実は母は、パタが怒るのではと不安だったようで、パタが笑い飛ばすとほっとしたような顔をしました。

                  まあそりゃ…こんないい年でいつまでもパラサイトをやらしてもらっている以上、家事一切について口出ししたり怒ったりできませんて。

                  ボディミルクなんて代物は、たまたま会社の製品を使ったらよかったので、継続して類似品を買っただけで、そんなに愛着も執着もないもの。

                  でもまあ…一つだけ言わせてもらえば、そのボディミルク、まだ1回しか使ってないんだな…w

                  早くも上を開けて慎重に手に取るという作業をすることが義務付けられて、その辺だけがちょっと癪ではありますw

                  日常生活 | comments(0) | - | -
                  entry_bottom
                  疲れた
                  0

                    JUGEMテーマ:今日のこと

                     

                    今日は有給を取って東京ドームでやっていた「ふるさと祭り東京」というイベントに家族で行ってきました。

                    いや…新聞の集金のおじちゃんが、タダ券を家族分くれたので、なぜか父が興味を示し、行ってみよう!ということになったのです。

                    わざわざ有給を取ったのは、混むのが嫌だから。父は新聞屋さんがくれるチケットのイベントなんて…と侮っていて、ガラガラかもしれない…などとお気楽なことを言っていましたが、実際は大盛況でした。

                     

                    今日は本当は、父はゲートボールに行ったし、母も午後から整骨院のリハビリがあったそうなのですが、パタは有給はこの日しか取れない!と頑張ったので、今日になりました。

                    お昼時に駅で父と待ち合わせて繰り出しますと、着いたらもう会場に入る前から長蛇の列が…!

                    パタは混みあうところも長い列も大嫌いなので、多分一人だったらそのまま回れ右して駅前のドトールでお茶して帰ったと思います…。

                    でも両親…特に母は混雑慣れしているらしく、とっとと突撃するので仕方なく最後尾に並びました。

                     

                    パタは野球なんて興味ないし、歌手のコンサートとかにもいかないので東京ドームに入ったのは初めてでした。

                    …余談ですが、有休をとるに当たり、みんなにどこに行くのか聞かれて、後楽園球場…と言ったら、年の近い子に思い切り顔をしかめられ、東京ドーム!と言いなおしさせられました…若い子は後楽園球場知らなかった…そんなもんなんだろうか。

                    もとい。

                    東京ドームって半地下構造なんですかね。入場してからも結構歩き、やっと入り口にたどり着いてみるとそこは観客席のかなり上の方で、実際のイベントは野球をやるところで行われているのでした。

                    なので、いきなり会場が見渡せるのですが、結構広いスペースが見事に人で覆いつくされていて、あの中に入るのか…と思ったら冗談抜きにめまいがしました…。

                    一応事前に調べてあったので、いろいろおいしそうな屋台が出ているのもわかっていたのですが、人いきれと食べ物の匂いで空気は悪いし、パタはあっという間に食欲をなくし、もう何にもいらない…ただ帰りたい…という状態になってしまいました。

                    それでも結構好奇心旺盛な母が突っ込んでいくし、父はなんかよろよろしているし、しょうがないのでくっついて入りましたがもう、何にも食べる気しない…てゆーか、ラーメンどんぶり抱えてうろうろしている奴がいるとこぼされそうで怖いし、ケチャップたっぷりのフランクフルトなんて持ってるやつに至っては寄るな!という感じでしたよ。

                    父はそばとかラーメンとか食べたかったみたいですが、とにかく座るところなんて同じ面には全然ないし、もしも座って食べたいなら、どんぶりを抱えて階段を上って観客席に座らなくちゃいけないようでした。

                    あれはね…多分、一日中観客席をキープしつつ、欲しいものを買ってきては戻って食べ、ステージの祭囃子を楽しむ…と、そういうイベントなんでしょうが、もう最初から人混みキライ…で拒否反応が出てしまい、パタは全然楽しめなかったのでした。

                    母が無理やり買ってきたソフトクリームだけ食べて、自宅で食べる海鮮丼といくつかのおかずを買って帰宅しました。もうとにかく疲れた…の一言でした。

                    やっぱ人間、慣れないことはするもんじゃないってことですかね…いや、海鮮丼はとってもおいしかったけど。

                    何とも残念な感じの有給でした…。

                     

                    日常生活 | comments(0) | - | -
                    entry_bottom
                    焦らんのか
                    0

                      JUGEMテーマ:今日のこと

                       

                      今日ももろもろを済ませてから座敷に座り込んでチクチクしていました。

                      リスの顔の模様が途中まででき、歌舞伎役者みたいなありさまになってます。

                      ちなみに母はいませんでした。踊りのお稽古に行ってしまったからです。

                      何度も本人に言っているけど、本当に踊りに重きを置きすぎ…先生との義理を果たしたいみたいだけど、先生はそれで稼いでいるんだから、週のほとんどを踊りに費やしてもしょうがないと思うけど、母は一生徒…お弟子さんですらないんだから、そんなにムキになってやることはないと思います…。

                      楽しいんならいいんだけど、最初は嫌々始めたものが、そんなに楽しいものに転向するものだろうか。

                      だって母の作っているフェルト細工はまだ丸坊主なんだもの。あれから色味を足して、目鼻を足して耳や尻尾を足すとなると結構時間がかかると思われるのですが、母はパタがいないとできなーい!とか平気で言うし…。

                      パタは平日は会社なんだっての。いったいいつやるつもりなんだか。

                       

                      まあ愚痴みたいなことを言っていてもしょうがないのでテレビで見た話でも。

                      なんかすっかり有名になっちゃったヘドロ父ちゃんを見てまたぐらぐら腹を立てたりしました。

                      今日はローラが直談判に行ったみたいだけど、いくらきれいなお嬢さんに怒られたってあの筋金入りの人はそう簡単に反省しないと思う。

                      というか、あんなくず旦那、追い出さないお母さんが悪い。生活費も入れない旦那なんか追い出して、自ら働いた方がどれだけ建設的か。

                      今日も途中までしか見られず、ローラとの直接対面は結局見られなかったのですが、ハイライト的に入る映像を見る限り、うるさい人が来たらとりあえず目をつぶってやり過ごせばいい…とか思っている様子が丸わかりの映像でした。

                      というか、テレビで取り上げれば出演料なども入って、かえって逆効果なんだと思う…。

                      ああいう人、身の回りにいたらパタはきっと殴っちゃいますよ。

                      それとも、すべて演出なのかなあ。むしろそうであってほしいと切に思います…。

                      日常生活 | comments(0) | - | -
                      entry_bottom
                      shelf
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << January 2020 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search